あかちゃんがベビーカーやチャイルドシートでギャン泣き!そんなときの対策3つ

スポンサーリンク

天気は晴れ!風も心地よく吹いているし、今日は赤ちゃんとお出かけ・・・

楽しいはずが私の赤ちゃん、ベビーカーが嫌いなのかベビーカーに乗るとギャン泣き!

意外に多いみたいです。ベビーカーやチャイルドシートに乗せたら泣いてしまう赤ちゃん。何でいつも泣くのかしら?ベビーカーが嫌いなのかな?

お散歩するくらいならいいのですが、スーパーに買い物しに行くときなど、人が多いところに連れて行ったときに泣かれてしまってはたいへん。周りの目もあるけど、そんなことはお構いなしにギャン泣きしてしまうあかちゃん。

せっかく晴れていて心地よい天気なのに、私の心は曇り空。

おたおたしてしまう前に、この方法を試してみませんか?ちょっとした工夫で赤ちゃんのギャン泣きが止まるかもしれませんよ。

本日の記事内容はこちら↓

  •  ベビーカーやチャイルドシートの状態を知る  
  •  ベビーカーは意外にストレス?
  •  赤ちゃんの気を紛らわす
スポンサーリンク

ベビーカーやチャイルドシートの状態を知る

赤ちゃんは大人よりも暑さ寒さに敏感です。ちょっとした温度差が気になって、泣いてしまうこともあります。

ほら、私たち大人の場合でも、夏の暑い日に車に乗ると、ドアをあけた瞬間に「うわっ!あつっ」って感じますよね。

このとき私達の場合は泣かないのですが、あかちゃんの場合は環境の違いに、思わず泣いてしまうことがあります。ですので、あかちゃんをベビーカーやチャイルドシートに乗せる前に、一度温度を確認してみてください。

赤ちゃんがこれまでいた環境と温度が違いすぎるのであれば、赤ちゃんとシートの間に断熱材を敷いたりする対策が必要です。

また、必要に応じて保冷・保温用のシートや汗取りマットなどを使ってください。

ベビーカーは意外にストレス?

赤ちゃんはすぐに成長していきますので、あかちゃんに合わなくなったせまいベビーカーを使ってませんか?

ゆったりめのベビーカーに変えたら赤ちゃんが泣かなくなった」って声も、調べたところネット上には見受けられました。

また、ベビーカーで体がぐらぐらすると車酔いのような感じになって、泣いてしまうかも。って声もありましたのでベビーカー選びは慎重に。

それとベビーカーに乗った赤ちゃんの一番のストレスは、大好きなお母さんの顔が見れないこと。ですので、話しかけて安心させてください。

赤ちゃんの気を紛らわす

これは普段赤ちゃんが気に入って遊んでいるアイテムを一緒に持ち歩いて、気を紛らわす作戦です。

お気に入りのおもちゃで遊んでいるときは、あかちゃんは熱中していますので、泣き止んでくれることも多いです。

赤ちゃんの好きな曲やアンパンマンなどの動画をスマホに保存して、動画や音楽を流してやるのも効果的です。

まとめ

ベビーカーを使って家から出ることは、赤ちゃんにとっては冒険です。ちょっとしたことに驚き、急に聞こえた騒音に敏感に反応して、泣いてしまうこともあります。

そんなときに、ふだんからつかいなれたおもちゃや聴きなれた音楽をつかうことは、泣いてしまった赤ちゃんに効果があります。

ですので、普段の育児の中で、赤ちゃんのお気に入りを探してみてください。

最後にひとこと。

ベビーカーを使って散歩するとき、赤ちゃんはちょうど自動車の排気ガスと同じ高さにいますので、あかちゃんのためにできるだけ、車道から離れたところを歩くようにしてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの記事
おすすめ記事
外食チェーン店の割引まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>