壁に落書き!ボールペンや油性マジック、クレヨンの消し方とやってはいけないこと

スポンサーリンク

 こどもの落書き・・・。

成長の過程ではよくあることで、クレヨンや鉛筆を持たすと、ところかまわず、いろんな物を書いていていきます。

最近では、消せるボールペンや消せるクレヨンなどが発売されており、このようなアイテムを子供に持たせることで、ある程度解決できますが、そこはやっぱりこどものすること。

知らないうちに、ボールペンや油性マジックで好きなキャラクターを壁に落書き。

持ち家でしたら、何とか我慢すればいいのですが、アパートやマンションの賃貸だったら、さあ大変!

退去するときに、壁に落書きがあるので、余計に費用がかかってしまいます

引越し間際にあわてて壁の落書きを掃除する親御さんも、多いのではないでしょうか?

今日は、壁の落書きの消し方について、調べてまとめました。

  • クレヨンの落書きの消し方
  • ボールペンの落書きの消し方
  • 油性ペン(マジック)の落書きの消し方
  • まとめ
スポンサーリンク

クレヨンの落書きの消し方

クレヨンの落書きの場合、熱で溶けるので、アイロンを使います。

まず、壁の落書きのある箇所に、布を当てます。その上からアイロンを当てると、熱で壁のクレヨンがとけ、布に吸収されます。

何度か繰り返して、最後に住宅用洗剤でふき取ってください。

この方法でうまくいかない場合、歯ブラシに歯磨き粉をつけてこすると、かなり落ちます。強くこすりすぎると、壁紙が破けてしまいますので、軽くこするようにしてください。

クレヨンは油脂ですので、クレンジングオイル乳液もクレヨンの落書きを消す効果があります。

注意!

この場合、ティッシュににじませて使いますが、ふき取るように使うと、逆に広がってしまうことがありますので、壁の落書きの上から「ポン、ポン」と軽く叩くように使用してください。

ボールペンの落書きの消し方

ボールペンの場合、通常であれば油性インクですので、家にあるものを使うのであれば、除光液が効果的です。

除光液に綿棒を浸して、ボールペンの落書きを丁寧にふき取っていきましょう。

また、消毒用アルコールも効果があります。揮発性が高いですので、しみになりにくいメリットがあります。

水性ボールペンであれば、ガラスクリーナーが効果があるようです。これもふき取るようにこすると、壁に一気に広がってしまいますので、面倒かもしれませんが、綿棒で少しずつ丁寧にふき取っていってください。

この他、壁に書かれたボールペンの消し方は

  • シールはがしを使う
  • シンナーを使う
  • ガンヂー ミスノンを使う

などが、インターネット上で見受けられました。

シールはがしは、シールをはがした後のベトベトを落とす効果のあるスプレーです。文房具屋さんやホームセンターに行けば、購入できると思います。

シンナーを使う場合の注意点ですが、壁紙の糊まではげてしまうというデメリットがありますので、あまりオススメできません

「ガンヂー ミスノン」って今回はじめて知ったので、調べてみました。

こちらです↓

使ったことはないので、amazonのレビューをちょっとだけ引用します。

子どもにリビングの白い壁に落書きをされてしまいました。
何を試してもダメで、諦めかけていたのですが…
びっくりするくらいキレイに消えました。
うちでは「ガンヂー様」と呼んでいます。

画用紙の、水彩画の上に書いたボールペンの文字を消したくて購入しました。
半信半疑でしたが、絵には影響なく、文字だけキレイに消えて驚きです。
上手に消すためには、少し練習が必要でしたが、とてもありがたい商品でした。

子供が買ったばかりの白の本皮製ソファーに落書きしたのですが、
ガンジーで試したところ見事に消えました! 
ホントに助かりました、ありがとうございます。 

ちなみに油性マジックで書いたものも結構消えます。

と、なるほどちょっと試してみたくなりますね。

油性ペン(マジック)の落書きの消し方

油性マジックで壁に落書きした場合、「みかんの皮でこする」という方法がインターネット上で見受けられました。

確かにみかんなどのかんきつ類には、油性ペン同じ成分が含まれていますので、油性ペンの落書きは溶けます、が、みかんのシミができてしまいますので、やはり、綿棒にしみこませてから使用したほうがいいと思います。

後は上で紹介したもの、「クレンジングオイル」「消毒用エタノール」なども効果があるようです。

まとめ

壁は、こどもにとってはでっかいキャンパス。

しかしながら、「うちの画伯の作品は色使いが大胆で・・・」などと笑って入られません。知り合いの家庭では、こどもの落書きのために壁一面にダンボールをはっていました。

注意するよりも、気のすむまでやらせる作戦だそうです。

ダンボールをはるまでは行かなくても、最近では、消せるクレヨンがありますので、こういったものを使うのも1つの方法ですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの記事
おすすめ記事
外食チェーン店の割引まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>