にんにくの臭いの消す簡単な方法!食前と食後、翌日の対処法の違いをまとめてみた

スポンサーリンク

休日は、誰とも会う約束がないので大好きなにんにく入りラーメンと餃子を食べて、午後からはまったり・・・。

なんてときに急に人と会う約束ができてしまい・・・

大丈夫か?にんにくの臭い!

なんてこと、ありませんでしたか?

そんなときのために今日は、にんにくの臭いを消す技を調べました。

  • にんにくの臭いが出る時間
  • にんにくの臭いが出る原因
  • 食前にできるにんにくの匂いを消す方法
  • 食後にできるにんにくの匂いを消す方法
  • まとめ
スポンサーリンク

にんにくの臭いが出る時間

体質や新陳代謝などな、体内に取り込んだ量など色々な要素があり、一概に、どのくらいまでにんにくの匂いが残るのかは断定できませんが、一般的に、にんにくの臭いの持続時間は、おおよそ16~48時間とされています。

にんにくの臭いは、息からだけでなく、体内で分解されると、毛穴からも排出されますので、夜8時に食べたにんにくは、最低でも次の日の昼くらいまでは体全体から臭っているとの事です。

にんにくの匂いが出る原因

にんにくの臭いの原因は、にんにくに含まれる「アリシン」といわれる成分です。

この「アリシン」が体内に吸収されると。「アリルメチルスルフィド」という成分に変わり、あの独特のにおいを発生させます。

この「アリシン」という成分、もとは、にんにく内にある「アリイン」という成分と「アリナーゼ」という成分は化学反応を起こしてできた物質です。

よって、にんにくを細かく刻んだりすりつぶしたりすることによって、「アリイン」という成分と「アリナーゼ」という成分が活発に化学反応起こしますので、「アリシン」はより多く発生し、これが体内で「アリルメチルスルフィド」となり、口臭や体臭の原因となってきます。

食前にできるにんにくの匂いを消す方法

体内に取り込んだにんにくの成分「アリシン」を「アリルメチルスルフィド」にしないように食前にできる対策がいくつかありますので紹介します。

  • 牛乳を飲む
  • 緑茶を飲む

牛乳を飲む

「アリシン」はたんぱく質と結びつきやすいという性質を持っています。

よって、にんにく料理の前にたんぱく質をとることによって、「アリシン」を「アリルメチルスルフィド」に変化させないようにして、あのにおいを抑えることができます。

そのために一番有効なのは、「牛乳」です。

液体ですので、「アリシン」と包み込むように結びつきますので、「アリニン」の化学変化を効率よく抑えることができます。

牛乳のほかにも、チーズなどの乳製品でも効果あり!

緑茶を飲む

緑茶に含まれる「カテキン」はにんにくの臭いに限らず、「ニラ」や「ネギ」に対しても有効です。

にんにくの臭い成分「アリシン」は食後1時間ほどしてから体内に吸収され始めるそうですので、食前と食後の1時間前には緑茶を一杯取ることをオススメします。

食後にできるにんにくの臭いを消す方法

食後にできるにんにくの臭いの対策は「効果的に、にんにくの臭いを体外に出す」ことです。

なるべくはやく、にんにくあの嫌な臭いを体外に出していきましょう。

  • シャワーを浴びる
  • 汗をよくかく

シャワーを浴びる

寝ている間に体から出た寝汗にも、前の晩に食べたにんにくの匂いがついています。なので、にんにくを食べた翌日は、是非ともシャワーを浴びてにんにくの臭いを流すことをオススメします。

寝ている間に出た汗の成分を、翌日の朝には流してさっぱりしたいですね。

朝はシャワーを浴びて、にんにくの臭いを流しましょう。

汗をよくかく

体の中にたまったにんにくの臭いの成分、できることならすばやく体外に出し切ってしまいたいですよね。

沢山の水分をとり、サウナや半身浴で充分な汗をかき、にんにくの成分が対外に排出されるのを、促していきましょう。

まとめ

にんにく料理を食べる前には、牛乳か緑茶を飲んで、にんにくの臭いを予防し、食後は半身浴などで、沢山汗をかいて素早くにんにくの臭い成分を体外に排出していきましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの記事
おすすめ記事
外食チェーン店の割引まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>