電子レンジで爆発しない簡単ゆで卵の作り方!むき方のはやわざ動画もあり!

スポンサーリンク

卵って色々な料理に使えますので、どうしても多めに買いますよね。

で、賞味期限が切れそうになると、ゆで卵にして保管します。

「これで、さらに2~3日は長持ちする」と、高校時代の英語教師は言ってましたが、真偽のほどは定かではありません。

適当なことは書けないので、今ちょっと調べてみましたが、どうやらゆで卵よりも生卵のほうが長持ちするようです。

実は卵白には、風邪薬などにも利用されているリゾチームという抗菌作用のある酵素が含まれていて、茹でてしまうとこのリゾチームが働けなくなり、抗菌効果がなくなってしまうのです。

つまり、ゆで卵より生卵のほうが長く保存できるのです。

参考 発見卵長期保存方法 目がテン!

食品は加熱したほうが長持ちすると思いがちですが、卵は生で保管した方が長持ちします
 卵は生のときは、卵白に含まれるリゾチウム (蛋白溶菌酵素) などで外からの雑菌から守られています。 しかし加熱するとその効果がなくなってしまうからです。 卵はとても優れた 「命の保存庫」 と言えます。

参考 保存は、ゆで卵と生卵、どっちが長持ち?

えっ!まじで?

高校生のときの英語の担任の話なんですが、大学生時代は卵を安いときに大量に買って、賞味期限か切れそうになると、ゆで卵にして、保存していた、との事。

うそだったのか・・・!

てか、悪気があってだますつもりで話したんじゃないから、いまさら責めはしないですけど・・・。いまだにやっていないといいなあ。

ってことで、話がだいぶそれましたが、今回は電子レンジを使ったゆで卵の作り方と、簡単にツルッと卵の殻をむく技を紹介します。

  • 電子レンジで簡単にゆで卵を作る!
  • わずか1秒!と卵の皮の簡単なむき方
  • まとめ
スポンサーリンク

電子レンジで簡単にゆで卵を作る!

さて、御存知かもしれませんが、生卵をそのまま電子レンジに入れて加熱すると爆発します。

このやり方では、ゆで卵を作ることはできません。

しかしある道具を使うと、生卵を電子レンジに入れて加熱しても爆発せずに、ちゃんとゆで卵が出来上がります。その便利ツールがこちら!

この道具を使って簡単に誰でも電子レンジゆで卵か作れます。

小さいお子さんでも、コンロの火を使わず電子レンジでチンするだけで、ゆで卵が作れますので、お子さんが料理に興味を持ってきはじめたら一緒に作ってみてはいかがでしょうか?

使い方の動画を見つけてきましたので、参考になると思います。

https://www.youtube.com/watch?v=r3LNHAa_o2U

わずか1秒!と卵の皮の簡単なむき方

こちはとっても簡単な、ゆで卵をむく裏技です。

卵って殻をむくとき、うすい膜がなかなかとれなかったり、逆に白身がついてきちゃったりとなかなか大変です。

しかしこの裏技を使えば、簡単に短時間でツルンと卵がむけちゃいます。

この裏技を紹介した動画がこちらです。

https://www.youtube.com/watch?v=FkWISKfgqZ0

卵の量が多いときは、タッパに入れて20回ほどふるといいみたいです。

まとめ

いかができたか?ゆで卵の作り方とむき方。

知ると知らないでは大違いですね。

電子レンジを使ったゆで卵の作り方はお子さんでも火を使わずにゆで卵作ることができますが、電子レンジから取り出すときはかなり熱そうですので、そこのところだけ注意してください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの記事
おすすめ記事
外食チェーン店の割引まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>