ラグーナテンボス ラグナシア(蒲郡)の8つ割引方法と基本料金まとめ【アクセス・営業時間】

スポンサーリンク

大自然豊かな三河湾を望む複合型リゾート「ラグーナテンボス ラグナシア(蒲郡)」では、イベントやアミューズメント施設、温泉などが大人気。

GWや夏休みといった大型連休では大変混雑することもあり、また口コミにおいても大変評判がいいですね。

ラグーナテンボス ラグナシアってどんなところ?

はじめての人のために紹介動画を見つけてきました。

https://www.youtube.com/watch?v=XF7FHmxNNlw

公式サイトで調べてきましたが、このアトラクションが人気NO1の「ファイアファイア NEXT!」です。

今回は、「ラグーナテンボス ラグナシア」の割引方法を紹介していきたいと思います。

ですがその前に、「ラグーナテンボス ラグナシア」の営業時間入場料金など、基本的な情報を押さえておきましょう。

特に必要ないと思うかもしれませんが、割引価格と比較するためにも、通常の料金は一応知っておいたほうがいいですね。

・営業時間・定休日
・チケット料金
・周辺地図 

この辺は 駆け足で説明していきます。

定休日・営業時間

・営業時間は?

基本的に10:00~22:00

ですが、季節・曜日によって異なります。

ラグーナテンボス ラグナシア 営業時間

・定休日は?

年中無休となっていました。

ラグーナテンボス ラグナシア 営業時間

ラグーナテンボス ラグナシアのチケット料金

ラグーナテンボス ラグナシアの基本料金は、

・入園券(入園)

大人(中学生以上) 2150円
小学生 1200円
幼児 700円

パスポート(入園+アトラクションフリー)

大人(中学生以上) 4100円
小学生 3000円
幼児 2250円

と2種類ありますので注意して下さい。

また、これ以外にも、

ナイトパスポート(16:00~)があります。

入園券+1300円でアトラクションが乗り放題

となっています。

ラグーナテンボス ラグナシア チケット料金

ラグーナテンボス ラグナシアの周辺地図・交通アクセス・駐車場

【住所】

蒲郡市海陽町2丁目3番地

【周辺地図】

【交通アクセス】

・自動車

東名高速道路音羽蒲郡I.C下車 約20分
東名高速道路豊川IC下車 国道151号線を経由 約35分

ラグーナテンボス ラグナシア 交通アクセス

・電車 

JR名鉄蒲郡駅から無料シャトルバスで約15分

※追記

名古屋駅からラグーナテンボス ラグナシアまでのアクセス経路は

名古屋駅

金山駅

蒲郡駅

無料バス

となっています。

(所要時間は最短1時間です)

※三河大塚駅からは無料バスは出ていませんので注意して下さい。

ラグーナテンボス ラグナシア 交通アクセス

・バス

※無料シャトルバスが蒲郡駅から30分おきに出ています。

無料バスの時刻表は公式サイトで確認できます。

ラグーナテンボス ラグナシア 交通アクセス

【駐車場】

有料駐車場あり

約1000台収容 800円

と、基本情報はここまで。

次に、割引情報を紹介していきますね。

ラグーナテンボス ラグナシアの割引方法

ラグーナテンボス ラグナシアの割引方法は8通り

 まずは公式サイトに掲載されていた割引方法を紹介します。

1~4 公式ホームページでは?

公式ホームページでは、

1 団体割引

15名以上の団体において、割引料金で利用できます。

・入園券(入園)

大人(中学生以上) 2150円→1940円
小学生 1200円→1080円
幼児 700円→630円

パスポート(入園+アトラクションフリー)

大人(中学生以上) 4100円→3690円
小学生 3000円→2700円
幼児 2250円→2030円

となっています。

ラグーナテンボス ラグナシア 15名以上のご利用の場合

2 障がい者割引

割引内容は、全券種50%割引となっています。

窓口に障がい者手帳をご提示ください

ラグーナテンボス ラグナシア 優待料金

3 シニア割引

60歳以上の方を対象に、パスポート料金が1000円割引となっています。

ラグーナテンボス ラグナシア 優待料金

4 年間パスポート

ラグーナテンボス ラグナシアでは、年間パスポートを発行しています。

年間パスポートは3種類

・平日パスポート(GW・夏休み・冬休み・祝日を除く平日のみ)
・シーズンパスポート(夏休み期間、7月16日~8月31日を除く)
・年間パスポート(1年いつでも)

があります。

それぞれパスポート料金が違いますので注意して下さい。

パスポート料金

・平日パスポート 
大人(中学生以上) 9800円

・シーズンパスポート 
大人(中学生以上) 12,800円
小学生 9,500円
幼児 7,250円

・年間パスポート 
大人(中学生以上) 19,600円
小学生 13,400円
幼児 13,400円

となっています。

また、年間パスポートには1日券にはない特典があります。

内容は、

・ラグナシア内でのお買い物が10%OFF
・駐車場200円OFF
・同伴者5名までパスポート10%割引

などなど紹介した以外にも様々な特典があります。

詳しくは公式サイトで確認して下さい。

ラグーナテンボス ラグナシア 年間パスポート

と、公式サイトに掲載されている割引方法はここまで。

次に、公式ホームページ以外の割引クーポン情報を見てみましょう。

5 デイリープラスでは

Yahoo!が提供する会員制割引サイト「デイリーPlus」では、ラグーナテンボス ラグナシアの割引クーポンを扱っていました。

割引金額は、

・入園券(入園)

大人(中学生以上) 2150円→2040円
小学生 1200円→1140円
幼児 700円→670円

パスポート(入園+アトラクションフリー)

大人(中学生以上) 4100円→3900円
小学生 3000円→2850円
幼児 2250円→2140円

となっています。

大企業も福利厚生に使っているデイリープラスの場合、ラグーナテンボス ラグナシア以外にも、

・ガスト
・ロイヤルホスト
・イオンシネマ
・ホテル、旅館
・育児
・介護
・レジャー
・美容

と言った様々な分野で割引優待を受けることができますので、一度どのような優待割引があるか検索してみることをオススメします。

デイリーPlusについてはてブ数

6 JAFの会員優待割引

JAFの会員証を提示することによって割引されます。

ここでもJAFは強いですね。

扱っている割引優待クーポンは、

5%割引

となっています。

JAFの会員優待について

7 パスポートつき宿泊券とかはあるの?

日帰りではなく宿泊を兼ねて行くのであれば、選ぶホテルは、

「宿泊料+クーポン」のセットプラン

がいいですよね。

そこで、

「ラグーナテンボス ラグナシア」で旅行会社のサイトを検索したところ、

・じゃらんでは25件ヒット
→ じゃらん

・楽天トラベルでは37件ヒット
→ 楽天トラベル

と、複数のホテルで、「宿泊料+クーポン」のセットプランを扱っていました。

なので、これだけ選択肢が多いと

・カップルだから静かな所が良い!
・子供が食べ盛りだから夕食はバイキング!
・浴場は大きい方がいい!
・ペットを持ち込みたい!

といったそれぞれのニーズに合わせて、ホテルの口コミやサービスを見ながら自由に選ぶことができますね。

 8 オークションや金券ショップでは?

調べたところ、ヤフオクではラグーナテンボス ラグナシアの割引券が結構な数出品されていました。

しかしながらオークションの場合、

・時間がかかる
・偽物があるかもしれない
・送料がかかる場合がある

と言った理由で、私はあまりオススメできないです。

ヤフオク

また、金券ショップでも割引価格でチケット・クーポンを購入できることもあります。

が、デメリットとしてチケットが確実にあるわけではないので、あまりオススメできません。

ですので、

「あればラッキー!」

くらいの気持ちであまり期待しないほうが良さそう。

大手チケット販売の大黒屋でも割引チケットがないこともあります。

大黒屋

 割引まとめ

今回紹介した割引サイト以外にも、

・こどもとおでかけ「いこーよ」
・トクトククーポン
・HISクーポン
・ジョルダンクーポン

と言った割引サイトを調査してみたのですが、残念ながら割引券は扱っていませんでした。

コンビニは?

JTBではラグーナテンボス ラグナシアのチケットを取り扱っていました。

なので、

JTBと提携しているコンビニエンスストア

・セブン-イレブン
・ローソン
・ミニストップ
・ファミリーマート
・サークルKサンクス

においては、JTB経由でラグーナテンボス ラグナシアのチケットをコンビニで手に入れることができます。

が、しかしながら、JTB経由でラグーナテンボス ラグナシアのチケットをコンビニで手に入れることはできるのですが・・・残念ながら「割引」ではなく「定価」でした

ほんとに残念・・・。

JTB

しかしながら、今後、コンビニや割引サイトにおいても、

・期間限定
・地域限定
・端末限定

といった形で、ラグーナテンボス ラグナシアの割引クーポンチケットが販売される可能性はあります。

ひとこと!

ラグーナテンボス・ラグナシアの周りには、

竹島水族館
生命の海科学館
・温泉や宿泊施設

など、こどもから大人まで楽しめる施設がたくさんあります。

「がまポン」という蒲郡市が発行するクーポン券を使うと、これらの施設が割引きになったりします。

なので、

蒲郡市でラグーナテンボス・ラグナシア以外の周辺施設に立ち寄るのであれば、がまポンを入手するのをオススメします。

関連記事 温泉や割引きなど!愛知県蒲郡市の観光の必需品、がまポンを徹底的に調べたよ

みどころ

もういっぱいありすぎて、全て書けないので、特に私が気に入ったものをピックアップ!

マジクエスト

魔法を体験できる体験型ロールプレイングアトラクション。魔法の杖を使って、宝箱を開けたりドラゴンと戦ってさまざまな謎を解き明かし、一人前の魔法使いを目指すゲームです。

https://www.youtube.com/watch?v=vjbTv2wesWA

ファイア ファイア ネクスト

モンスターの襲来から港町を救え!海の底や暗い森、そして鍾乳洞を抜けて魔物達のボス”レビヤタン”が待つ宮殿へ。復活を遂げた”レビヤタン”は手ごわいぞ!レーザーガンでやっつけろ!アトラクション終了時は得点つきのファイアファイアネクストカードがもらえます。

https://youtu.be/XF7FHmxNNlw

パイレーツブラスト

海賊をモチーフにしたコースター。洞窟の中の海賊から逃げ切って、暗闇から抜け出す快感をお楽しみください。

https://www.youtube.com/watch?v=nWr7dp0Qaro

観覧車

思いっきり遊んではしゃいだ後は、観覧車で空に近づいて、一日の疲れを癒そう。観覧車から見える三河湾や夜のイルミネーションは格別です。

まとめ

とても一日では遊びきれないラグーナテンボス ラグナシア。アトラクションの数も多く、とても全部を紹介しきれません。

特に休日、夏休みなどは大変混雑されることが予想されますので、行く前に、アトラクションの優先順位や、大まかな行動計画を立てていくのが良いでしょう。

また、ラグーナテンボス ラグナシアはイベントにも力を入れていて、一年中いつ行っても楽しめるテーマパークとなっております。

ですので私が一押しするのは、年間パスポート。

一回ですべてを周るのは無理ですので、ゆったりめな行動計画を立て、季節に合ったイベントをたのしんでいくのが一番ではないでしょうか?

最後に、

そして愛知県にはたくさんのテーマパークやプレイスポットがあります。

私が調べたことに関しては下記のリンクから見ることができますので、イロイロ遊ぶのであれば一度確認してみてください。

→ スウィッチ!(当ブログ) 愛知県

※開園時間、入館料などはブログに書いてある内容と変わることがありますので、最新の情報は公式サイトにて確認してください。

参考

ラグーナテンボス ラグナシア公式サイト

http://www.lagunatenbosch.co.jp/lagunasia/index.html

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの記事
おすすめ記事
外食チェーン店の割引まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>