モンスト元ネタ話 ロック鳥とシンドバッドの意外な関係!ダイヤは全部俺のもの!

スポンサーリンク

伝説の巨大な鳥、ロック鳥。

物語の中では、3頭のゾウを抱えて空を飛び、それを巣に持ち帰って雛のえさにしているのだという・・・。

今日は、そんな巨大な鳥、ロック鳥のお話をご紹介! 

モンスト ロック鳥

ロック鳥が出てくる物語といえば、千夜一夜物語ですので、まずは千夜一夜物語を簡単に紹介していきたいと思います。

  • 千夜一夜物語
  • シンドバッドとロック鳥
  • ダイヤモンドは俺のもの

今日はこの三本です。

千夜一夜物語

千夜一夜物語ができたのは、8世紀ごろとされています。

物語は王様が妻に不倫されたのをきっかけに、女性不信に陥るところからはじまります。

女性を信じられなくなった王様は、一晩に一人ずつ国の若い女性と夜を友にし、そして殺していきます。

そんな王様の目にあまるわがままを見かねた大臣の娘が、王様の殺しをやめさせるために、自ら進んで王様と夜を友にしていきます。

そして・・・王の枕元で興味深い話をし、「続きはまた明日・・・。」といって生き延び、そして次の夜、またお話をして・・・と繰り返すことで、王の殺しをやめさせることに成功するお話が千夜一夜物語です。

毎夜語られる話の中には、「シンドバッド」や「アラジン」といった今でも有名なものが含まれています。

その「シンドバッド」のお話に出てくるのが、今回紹介するロック鳥です。シンドバッドの冒険は長い物語ですが、今回はロック鳥の部分だけ紹介します。

スポンサーリンク

シンドバッドとロック鳥

シンドバッドといえば、船乗りで、色々な冒険をするお話が有名ですが、ある航海で無人島に置き去りにされてしまいます。

その無人島でシンドバッドが発見したのが、ロック鳥です。

シンドバッドはロック鳥の足に自分を結びつけて、見事無人島をを脱出しました。

 ダイヤモンドは俺のもの

 しかしたどり着いた先は、険しい山々。大蛇の住処になっていて、沢山の大蛇があちこちにいます。

しかし、うれしい発見もあり、そこはダイヤモンド鉱山で、沢山のダイヤモンドもあります。

シンドバッドは、羊の生肉をダイヤモンドの山に投げ入れ、それをロック鳥に取りに行かせます。

そして、生肉にめり込んだダイヤモンドを肉からはがし、再び生肉をダイヤモンドに投げ入れ・・・を繰り返し、見事大蛇に怪我を負わされることなく、沢山のダイヤモンドを手に入れます。

最後に生肉に自分を結びつけ、ロック鳥とともに無事脱出。

めでたくシンドバッドはお金持ちになりました。

まとめ

シンドバッドの冒険はまだまだ続きますが、ロック鳥とのエピソードとはこんな感じです。

ゾウ3体を軽々と持ち運び、それを雛のえさにするロック鳥、実際にいたらちょっと怖いですね。

アニメ・ドラマ・映画が見放題のサービス

ちょっと前に、テレビのCMで紹介されていたHuluというサービスに今、ハマッています。

月額933円、1日にわずか31円ほどのちょっと異常な安さで、アニメ・ドラマ・映画などが全て見放題!

しかもパソコン、テレビ、スマホ、タブレットなど、いろんな端末で見ることができます。

Huluで見ることができるラインナップをちょっとだけ紹介すると、  
まずアニメでは、ハンターハンター、名探偵コナン、進撃の巨人、進撃!巨人中学校、銀魂、妖怪ウォッチ、弱虫ペダル、犬とハサミは使いよう、エヴァンゲリオン、ちはやふるなど。

海外ドラマでは、新ビバリーヒルズ青春白書、ゴシップガール、HEROES(ヒーローズ)、24、ウォーキングデッドなどなど、すさまじい充実っぷり!

レンタルビデオと比べても借りたり返したりするめんどくさい手間もなく、とても便利なんですよ

さらに、いまでは無料で2週間登録でき、無料期間中でも有料になってもいつで解約できます。

無料期間中に試しに使ってみて、933円払いたくないな~って思ったら解約しちゃっても全然かまわないんです。

14日間 無料でお試し視聴ができる Hulu(フールー

衝撃! 世界のおバカ映像 」(4シーズン78エピソード)や「バ科学」など、日本では見ることができない海外のバラエティ番組もまた、とっても面白いんですよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの記事
おすすめ記事
外食チェーン店の割引まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>