モンスト元ネタ話 ワイアット・アープは実際の人物!OK牧場での決闘

スポンサーリンク

アメリカの古きよき時代といえば、西部開拓時代!

銃を片手に馬を操り、バッファローの狩りなどをして広大なアメリカ大陸の自由を謳歌した時代です。

時に流れ者が街にやってきて事件を起こし、腕利きのガンマンに最終的にやられてしまう・・・そんな西部開拓時代の映画を、見たことはないけれど、ちょっとは知っていると思います。

ワイアット・アープもそんなアメリカの西部開拓時代に生まれ、ガンマンとして名を馳せていました。

今日は、ちょっと波乱万丈はワイアット・アープの人生を紹介します。

  • 保安官になるも解雇
  • 賭博場の胴元・売春宿の経営者
  • OK牧場の決闘

保安官になるも解雇

ワイアット・アープは保安官になっています。しかも2度も・・・。

ですが、1度目は仲間と口論になって解雇。

そして2度目もやり方の荒っぽさから保安官を解雇になっています。

もともと気性の荒い性格だったのでしょう。

そして次は、保安官とはまるで逆の職業につきます。

スポンサーリンク

賭博場の胴元・売春宿の経営者

ワイアット・アープが次になったのは、なんと、賭博上の胴元、売春宿の経営者です。

警察が肌に合わなかったワイアット・アープですが銃の腕は確かだったようで、賭博場や売春宿では長続きしたようです。

もともとアウトローな性格だったのでしょう。

そして、対立を深めていったクラントン兄弟と、映画にもなったOK牧場の決闘となって行きます。

OK牧場の決闘

もともとワイアット・アープのお兄さんは、保安官でした。

その兄さんが、ある日通報を受けます。

「写真館の隣の空き地からストリートに出たあたりで、少年たちが銃を所持している。武装解除するべきだ」・・・と。

お兄さんは、ワイアット・アープと仲間を連れて少年達のところに行きます。

そして打ち合いとなり、少年達5名中3名を射殺してしまいます。

その後、裁判で殺人罪で起訴されたが、全員無罪となりました。

現在の日本では考えられませんが、アメリカの西部開拓時代では、「ペンは銃よりも強し」といった言葉は、あまりにも無意味で「銃はペンよりも強し」といった時代だったようです。

アニメ・ドラマ・映画が見放題のサービス

ちょっと前に、テレビのCMで紹介されていたHuluというサービスに今、ハマッています。

月額933円、1日にわずか31円ほどのちょっと異常な安さで、アニメ・ドラマ・映画などが全て見放題!

しかもパソコン、テレビ、スマホ、タブレットなど、いろんな端末で見ることができます。

Huluで見ることができるラインナップをちょっとだけ紹介すると、  
まずアニメでは、ハンターハンター、名探偵コナン、進撃の巨人、進撃!巨人中学校、銀魂、妖怪ウォッチ、弱虫ペダル、犬とハサミは使いよう、エヴァンゲリオン、ちはやふるなど。

海外ドラマでは、新ビバリーヒルズ青春白書、ゴシップガール、HEROES(ヒーローズ)、24、ウォーキングデッドなどなど、すさまじい充実っぷり!

レンタルビデオと比べても借りたり返したりするめんどくさい手間もなく、とても便利なんですよ

さらに、いまでは無料で2週間登録でき、無料期間中でも有料になってもいつで解約できます。

無料期間中に試しに使ってみて、933円払いたくないな~って思ったら解約しちゃっても全然かまわないんです。

14日間 無料でお試し視聴ができる Hulu(フールー

衝撃! 世界のおバカ映像 」(4シーズン78エピソード)や「バ科学」など、日本では見ることができない海外のバラエティ番組もまた、とっても面白いんですよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの記事
おすすめ記事
外食チェーン店の割引まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>