スマホのブルーライトをカットする対策3つ、無料アプリを紹介します

スポンサーリンク

寝ながらスマホ・・・私も好きで、よくやっているのですが、スマホから出るブルーライトが睡眠障害の原因になるって知っていましたか?

スマホだけではなく、テレビやパソコンから出るブルーライトでもそうですが、このブルーライト、実は、体内時計を狂わせてしまうそうなんです。

実験によると、ブルーライトをカットするメガネを装着した人にくらべて、装着しなかった人は睡眠中に目覚めた回数が少なかったそうで、ブルーライトが人間における体内リズムの乱れを引き起こし、睡眠の量やクオリティに影響があるとしています。

そして、ブルーライトは眼精疲労や眼疾患を引き起こしやすいとも説明しています。

参考 スマホ普及で注目が高まる、ブルーライトの睡眠障害への影響とは? マイナビニュース

そこで今回は、目の疲れや痛みの原因になっているブルーライトをカットする無料アプリ、「ブルーライト軽減フィルター」を紹介したいと思います。

本日の記事はこちら↓

  •  スマホのブルーライトが体に及ぼす影響
  •  スマホのブルーライト対策
  •  無料アプリ「ブルーライト軽減フィルター」の紹介 
  •  「ブルーライト軽減フィルター」の設定と効果
  •  まとめ
スポンサーリンク

スマホのブルーライトが体に及ぼす影響

スマホやタブレット、パソコンを、長時間ブルーライトをカットせずに行ったときの、体への悪影響はおもに目と体の両方に出るそうです。

ブルーライトの目への影響

目への影響は、目の疲れや目の痛みといった直接的なダメージがあります。スマホのブルーライト対策をせずに長時間見続けることによって、視力の低下の原因になったりもします。

ブルーライトは紫外線の次にエネルギーが強いために、ブルーライトを目に浴び続けることは、普通の景色を見るよりも目の負担が多く、そのため、目の疲れや目の痛みといった症状が出やすいそうです。

ブルーライトの体への影響

「今日も1日無事に終わったし、布団の中で眠くなるまでゆっくりスマホでもやろうか・・・」

なんて、布団の中ですまほをやっていたら、逆に目が冴えてしまった、何てことありませんか?

スマホから出るブルーライトが、人間の体内時計を狂わせてメラトニン(脳内で分泌される眠気を誘うホルモン)を抑制して、体内時計をくるわせてしまうんです

要するに、寝る前にブルーライトを浴び続けてしまった結果、本人は寝たいのに、脳は「ブルーライトだ!昼間だ!活動的になろう!」と勘違いしてしまう現象がおきるのです。

この結果、充分な睡眠が取れないため、寝つきが悪くなったり、翌日まで疲れが残ったりといった悪影響が出てきます。

スマホのブルーライト対策

スマホのブルーライト対策は、私の知っている範囲では、3つあります。

  •  ブルーライトをカットする眼鏡を使用する
  •  ブルーライトをカットする保護シートを使用する
  •  ブルーライト軽減アプリを使用する

ブルーライトをカットする眼鏡を使用する

J!NSってメーカー知っていますか?

こちらのメーカーから出している眼鏡はパソコンやスマホ、タブレットのブルーライトを38~50%カットする眼鏡で、累計500万本以上売れています。

私の職場でも使っている人は多く、私自身もパソコンの前に常駐させています。

これを使ってから、肩こりが楽になったのは内緒の話。

JINS 公式通販ショップ

ブルーライトをカットする保護シートを使用する

ブルーライトカットの機能をつけたスマホやiPhoneの保護シートが販売されています。今回は、ブルーライトを92%カットする、液晶保護フィルムを紹介したいと思います。

紹介している商品は違いますが、ブルーライト92%カットがどのようなものか、わかりやすく伝えている動画がありましたので、こちらの動画もあわせて紹介しときます。

https://www.youtube.com/watch?v=xVVPkHt0hKo

 ブルーライト軽減アプリを使用する

 眼鏡も液晶保護シートもお金がかかるのでなるべく安くすませたい!って方のために、無料アプリ「ブルーライト軽減フィルター」を紹介します。

無料アプリ「ブルーライト軽減フィルター」の紹介

 今回紹介するのは、スマホやタブレットから出るブルーライトを軽減できる無料アプリ「ブルーライト軽減フィルター」です。

基本無料で利用でき、有料でバージョンアップできるアプリとなっています。

ブルーライト軽減フィルター ~ ブルーライトはアプリで対策!
ブルーライト軽減フィルター ~ ブルーライトはアプリで対策!
開発元:Hardy-infinity
無料
posted with アプリーチ

スマホやタブレットのみのアプリとなっており、iPhoneでは使えませんので、iPhone利用者の方はご注意ください。

「ブルーライト軽減フィルター」の設定と効果

 「スマホのブルーライト軽減フィルター」の設定自体は簡単にできますので、さらっと紹介しますね。

ブルーライト軽減フィルターの設定

まずはアプリを使うためには、アプリの機能をオンにしなければならないので、画面上部の
・無効にする
・有効にしてブルーライトを軽減する
の項目の、「有効にしてブルーライトを軽減する」をタップしてください。

これでブルーライト軽減フィルターの機能がオンになりました。

次にブルーライトの軽減率を調節できますので、やって見たいと思います。

ブルーライト軽減フィルターの効果

ブルーライト軽減率0%は上の画面で確認できると思いますので、軽減率を40パーセントに調節してみました。

ちょっと明るさが減って、黄色いような薄暗いような画面になってしまいましたね。

さらに、ブルーライト軽減率を80%まで調節してみた画像がこちらです。

 

ブルーライトを80%まで軽減した結果かなり明るさが減ってしまいましたね。

ここまでブルーライトを軽減してしまうと私の場合、逆に見にくくなって、今度はスマホの操作のほうに悪影響が出てきそうです

まとめ

 ブルーライトにおける目の負担を軽減するために、今回は「保護眼鏡」と「保護フィルム」と「アプリ」の3つを紹介しました。

スマホだけやるのでしたら、ブルーライトの軽減率を調節できるアプリが一番おススメですが、パソコンもやるのでしたら「保護眼鏡」がやっぱり一番楽ですね。

私の場合、仕事柄、ノートパソコンやデスクトップなど、色々なパソコンをさわりますので、ブルーライトをカットする保護眼鏡は、常に持ち歩いています。

ですが、スマホを使用するときはこれからはこのアプリを使っていこうかと思います。

J!NS眼鏡を使って肩こりが楽になったのは、ここだけの秘密ですよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの記事
おすすめ記事
外食チェーン店の割引まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>