簡単アプリで管理!こどもの予防接種のスケジュールに!無料アプリ「予防接種スケジューラー」を紹介します。

スポンサーリンク

赤ちゃんや子供の予防接種のスケジュール、予防接種の種類が多くて「あれ?これやったっけ?」なんてなんてことも・・・。

とくにおこさんの兄弟姉妹が多いと、だれがどの予防接種をやったのか、もしくはやってないのか勘違いしがちです。

そしてまた、初めての育児の親御さんは、予防接種の種類や時期がわからずとまどうことも・・・

子供たちの予防接種のスケジュールを、できるだけ簡単にわかりやすく管理したい!って方のために、本日は、大事なお子さんの予防接種のスケジュールを管理してくれる無料アプリ「予防接種スケジューラー」を紹介します。

本日の記事内容はこちら↓

  •  無料アプリ「予防接種スケジューラー」  
  •  おもな機能・中身をちょっとだけ紹介  
  •  使ってみた感想・まとめ

無料アプリ「予防接種スケジューラー」

本日紹介するアプリは、「予防接種スケジューラー」です。

このアプリ、約1000名の小児科医が所属するNPO法人「VPDを知って、子どもを守ろうの会」とドコモ・ヘルスケア社が共同開発した本格派のアプリとなっています。

スマホとiPhoneの両方で利用できるアプリとなっています。

小児科医推奨!予防接種スケジューラー赤ちゃん・子育て母子向け
小児科医推奨!予防接種スケジューラー赤ちゃん・子育て母子向け
無料
posted with アプリーチ

 次に、主な機能と中身をちょっとだけ紹介していきます。

スポンサーリンク

おもな機能・中身をちょっとだけ紹介

簡単な説明

このアプリに収録されている機能全てを今回説明できませんので、初めの部分だけさらっと紹介していきたいと思います。

まず最初にやることは、お子さんの性別や年齢の登録といったところですが、これは今回省略させていただきます。

登録した年齢や性別にあわせて、受ける事のできる予防接種が一覧で出てくるので、これは間違いのなきように登録してくださいね。

それが終わると、月別表示に切り替わります。

こんな画面に切り替わると思います。

今回テストとして、1歳0ヶ月のアカウントを作ってみました。

そうすると、予防接種の月別表示では、こんな感じなります。

ワクチン名では、B型肝炎(全3回)、ヒブ(全4回)、小児用肺炎球菌(13価)(全4回)、4種混合(DTP-IPV)(全4回)、BCG(全1回)、MR(麻しん風しん混合)(全2回)、と表示されています。

予防接種はこれだけでなく、下から上に引っ張り上げるように指をスライドさせると、これ以外のワクチンもまだまだ出てきますよ。

ワクチン名の左側には「任意」か「定期」かのわかりやすいマークがついていますね。

そして、ワクチン名の右側には摂取状況があります。

全3回なら3つ「」のマークがついていますが、予防接種を受けたならこのマークが変わると思いますので、「あれ?今、何回目の予防接種かな?」とわからなくなって混乱してしまい、予防接種のとりすぎや、未接種になってしまった、といったことも防げると思います。

また、スライドさせると翌月の予防接種の一覧が出てきますので、月をまたいでのスケジュールも立てやすいと思います。

「予防接種スケジューラー」の主な機能

まず、先ほどの画面で、ワクチンお名前をタッチすると、ワクチンの詳しい説明が出てきます。

例えば、4種混合(DTP-IPV)ワクチンですと、接種時期と接種回数おすすめの受け方スケジュールを立てる時のポイント同時接種について副反応、といった項目で、ワクチンの説明がされています。

ワクチンの同時接種や副反応といった細かいところまで説明されておりますので、いたれりつくせりですね。

そして、前回接種日から接種間隔をチェックし、エラーメッセージを表示する機能もあります。

使ってみた感想・まとめ

小さなお子さんが成長するにつれ、もしかしたら今使っているスマホやiPhoneを買いかえるかもしれないし・・・そんな時は今まで使っていたデータはどうなるの?

と、アプリで予防接種を管理する心配が出てきそうですが、心配ありません

設定」からバックアップサービス(無料)が利用できるようになっています。(WMへの会員登録が必要です)

これで、スマホやiPhoneが万が一故障したり、紛失してしまった場合でも大丈夫ですね。

本日の記事は以上です。
最後までお付き合いいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの記事
おすすめ記事
外食チェーン店の割引まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>