月額525円から!年間10万円以上損しない格安スマホの選び方!

スポンサーリンク

じわじわと、私の周りの人たちでも格安スマホを使う人が増えてきました。2年縛りが終わった人達から順番に、格安スマホに乗り換えています。

もちろん全員が乗り換えているわけではないのですが、特に若い人たちが次々と乗り換えていますね。

月額10000円だったのが、月額525円になったら・・・。
単純計算ですけど

10000円x12ヶ月=12万円
525円x12ヶ月=6300円

1年で10万円以上もお得

2年で20万円以上お得!ですので「次の2年縛りのときに考えようかな・・・」なんて甘い考えは、若い人たちは持っていません。

また次も2年縛り!なんていわれたら、20万円ほどの損ですから、やはりここは格安スマホに乗り換える方が懸命ではないでしょうか?

(まじで!海外旅行にいけちゃいますよ。もったいない!)

とはいえ、まだまだ一般的な認知度の低い格安スマホの評価や選び方について、本日は紹介していきたいと思います。

格安スマホの選び方

格安スマホといっても、20社以上あります。

「この中から選べ!」なんていわれても中身を知らない私たちはチンプンカンプン。

選ぶのであれば、まず最初に基準を作らなければならないですね。

うちの会社の若い人たちに、格安スマホをどんな基準で選んだのか聞いてみましたが、だいたい3つの基準が見えてきました。

そこで、格安スマホを使っていく上でとても大事な基準を3つだけお伝えします。

・料金が安い
・通信速度が速い
・サービスが優れている

この基準の中で、どれが重要かは人それぞれで、この基準プラス、ゲームや動画などのスマホヘビーユーザーは、データ通信量無制限プランのある格安スマホを使っていまね。

ちょっとだけこの3つを、詳しく見て行きましょう。

料金が安い

同じサービス、同じ使用量でしたらもちろん料金が高いほうなんて選びません。

格安スマホをあつかっている各社とも、大手の半分以下の値段でサービスを提供しています。

そのなかでも、やはり安いものを選ぶのは、若い人たちにとって当然だと思います。

通信速度が速い

これが、格安スマホをあつかっている会社の、決定的な差となって現れています。

もし、通信速度が遅いとどうなるか???

データを読み込むのが遅いのでアプリが満足に動きません。とくにリアルタイムでゲームをプレイするのには致命的です。

協力プレイなんかでは、友達に迷惑かけまくり!

そのほか、webサイトになかなかつながらなかったり、動画が途切れ途切れになって、イライラすることも・・・。

こんな格安スマホをあつかっている会社もありますが、私のブログでは一切おススメしませんので、安心していてください。

せっかくスマホを使うのでしたら、快適に使いたいですね。

サービスが優れている

大手3社(docomo、au、softbank)では、街のいたるところにサービスショップがありますが、格安スマホの会社はありません。

サービスショップでの店員さんと相談ができない代わりに、格安スマホを使うのであれば、メールや電話でのやり取りが基本となってきますので、お客様の相談窓口は、より重要になってきます。

この辺もやはり、格安スマホ各社で違いがありますので、もしものためにもおさえておきたいポイントですね。

いざというときに、電話が混み合っていて繋がりにくかったり、メールで1日待たされたりしたら大変!

こっちはすぐ対応して欲しいのに~」なんてことのないようなところを、しっかり選んでいきたいですね。

となると、格安スマホは結局この3社になってきます

・料金が安い
・通信速度が速い
・サービスが優れている

この3点を満たしている格安スマホの会社は今現在ではあまり多くなく、私の知っているかぎりでは3社のみとなっています。

その3社とも通信速度に関しては合格で、あとは、料金やサービスがちょっと違ってきています。

私のおススメ順に紹介していきたいと思います。

1.mineo(マイネオ)

まず1番目に紹介したいのは、mineo (マイネオ)さんです。

ここが今のところ一番安心しておススメできる格安スマホの会社です。

プランはデータ通信のみの格安プランと、データ通信+音声電話の2種類です。

  500MB 1GB 3GB 5GB
シングルタイプ
(データ通信のみ)
700円 800円 900円 1580円
デュアルタイプ
(データ通信+音声電話)
1310円 1410円 1510円 2190円

私がmineo(マイネオ)さんをおススメする一番の理由は、サービスが優れているところです。mineo(マイネオ)さんのwebページでは、チャットで気軽に質問できます。

電話やメールでの窓口ですと、電話が混み合っていてつながらなかったり、メールを送ってもなかなか返事が来ないなんて心配もあります。

チャットではそんなことはなく、その場で受け答えしてくれますので、万が一のときに安心できると思います。

私の場合、大手の窓口で、混み合っていて1時間待たされた経験があり、貴重な昼休みがつぶれてしまい、待たされた挙句に何もできなかった苦い経験があります・・・。

この無駄な待ち時間、どうにかならないかな???

チャット形式なので、文字を入力するだけで答えてくれますので、窓口に行かなくてもいい分、大手より優れているのではないでしょうか?

私も、このブログの格安スマホの関連記事を書くにあたって、mineoさんのチャットはよく利用していますが、待ち時間がなくすぐにつながります。

そして、チャットでのやり取りをメールで送信して記録に残すこともできますので、とても助かっていますよ。

mineoの詳細を見る 

私は2年縛りが終わったら、mineo(マイネオ)さんを使う予定です。

2.楽天モバイル

1位にしようか結構悩みましたが、今回は2位の楽天モバイル です。

プランは以下の通り、料金だけ比較したら1位のmineo(マイネオ)さんよりも安いです。

  ベーシックプラン 3.1GB 5GB 10GB
データ通信SIM SMSなし 525円
SMSあり 645円
900円
1020円
1450円
1570円
2260円
2380円

通話SIM

1250円 1600円 2150円

2960円

一番よく使われると思われる5GB通話SIMのプランでは、mineo(マイネオ)さんより40円やすく、お値段的にはここが一番なのですが、サービスの窓口がやはりmineo(マイネオ)さんにちょっと負けているかな~と思ったので、2位とします。

ただ楽天モバイルは、使用料の支払いで楽天ポイントがたまったり、契約中は楽天市場でのポイントがズ~ッと2倍だったりと楽天ユーザーにとってはうれしいおまけつき。

楽天モバイルの詳細を見る

楽天ユーザーならこちらのほうがいいですね。

 3.UQ mobile

 3番目に紹介するのは、UQ mobileです。

こちらは、ヘビーユーザーに向けてのみの紹介となっています。

動画をよく見る、ゲームばかりするなどの理由で、毎月データ通信用量の限界を超え、通信速度に制限がかかってしまうようなスマホヘビーユーザーであれば、UQ mobileの無制限プランしかないと思います。

無制限プランを使う目安としては、youtubeやニコニコ動画、Hulu、Netflixなどの動画を毎日1時間以上見るのであれば、こちらのほうがUQ mobileが一番お得で、通信速度も安定しています。

データ通信無制限プラン 

 1980円 

データ通信無制限+音声電話プラン

 2680円

 楽天モバイルさんの、10GBプランよりも安いので、月に5GB以上使うプランを探しているのなら、ここが一番お得ですね。

UQ mobile データ無制限プラン

 まとめ

同じサービス内容で、2年間で、20万円ほどの違いがあるなら、これはもう格安スマホに乗り換えるしかないと思います。

家計をやりくりして20万円浮かすよりも、携帯電話の使用料を20万円浮かすほうが、断然楽だと思います。

今使っている携帯の2年縛りがいつ終わるのか、毎月いくら払っているのかちょっとだけ調べてみませんか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの記事
おすすめ記事
外食チェーン店の割引まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>