エレスト アイリスの俺的評価80点、ヘクトルいらず?の理由と進化石版、リセマラランキングなど

スポンサーリンク
スポンサーリンク

エレストのモンスターの紹介、今回は「アイリス」を紹介します。

エレストの新しいモンスター「アイリス」、今回のリセマラで獲得したのでさっそく使ってみましたが、結構使えるんじゃないかな?というのが、第一印象です。

ヒールコアを設置してくれて、ソコソコな回復をしてくれます。

ただ、ステージの中でせっかくヒールコアを設置しても、次の敵に行くときに、ヒールコアは消えてしまいます。

ので、ボス戦の前の雑魚処理でヒールコアを前もって設置しておこう!なんてことは残念ながらできないです。

とはいえ、スキルでも回復、ピースでも回復!となかなか優秀!

そんなアイリスの効果的な使い方を本日は紹介したいと思います。

スポンサーリンク

エレスト アイリスの評価と使い道、強い点と弱い点

ヒールコアで回復!

回復キャラがいれば別に必要ないんじゃないの?って思われがちですが、そうではありません。

特に★5の試練のボスなどでは、ピースを貯めてドカン!と派手なのを一発決めたくなるところで、ピースがなかなかたまらないことがよくあります。

そうこうする内に、パーティのダメージは膨らんでいきます。

仕方無しに、ちょっとだけ貯めたピースで回復して、また、ピースの貯め直し。

そんなことって結構ありますよね。

そこで、ヒールコアの出番です。

ヒールコアで毎ターン回復しますので、これであせらずにピースを貯めることができるんじゃないでしょうか?

実際にヒールコアを使ってみるとこんな感じです。

充分とはいえないまでも、ソコソコの回復力ですね。

さらに、スキル3では敵のヒールコアを奪うこともできますので、ヒールコアを使ってくる★5の試練では活躍すると思います。

今までだったらヘクトルのスキルを使ってこじ開けていたコアまでの道のりが、アイリスのスキルで短縮されますね。

ヒールコアを使ってくる★5の試練は火属性だと、、思いつくだけでも、ベリアルの試練、ヤマタノオロチの試練、ファラオの試練など・・・。

結構使える試練は多いです。

エレスト アイリスの進化石版の場所

アイリスの進化石版の場所ですが、

★5の進化石版
 →水凍の大陸 STAGE 8

★6の進化石版
 →★4 トゥリオスの試練
 →★4 バンダースナッチの試練

となっています。

エレスト アイリスのリセマラの評価

アリアスのリセマラ俺的評価ですが80点です。

評価は「A

敵のヒールコアを自分のものにできる今までにないモンスターですので、育ててみる価値はあると思いますよ。

エレストのスタミナ回復待ちに

ちょっと前にテレビのCMで紹介されていた、Huluというサービスに、今、ハマッています。

月額933円、1日にわずか31円ほどのちょっと異常なほどの安さで、アニメ・ドラマ・映画などが全て見放題で、パソコン、テレビ、スマホ、タブレットなど、いろんな端末で見ることができます。

Huluで見ることができるラインナップをちょっとだけ紹介すると、  

まずアニメでは、ハンターハンター、名探偵コナン、進撃の巨人、進撃!巨人中学校、銀魂、妖怪ウォッチ、弱虫ペダル、犬とハサミは使いよう、エヴァンゲリオン、ちはやふるなど。

海外ドラマでは、新ビバリーヒルズ青春白書、ゴシップガール、HEROES(ヒーローズ)、24、ウォーキングデッドなどなど、すさまじい充実っぷり!

レンタルビデオと比べても、借りたり返したりするめんどくさい手間もなく、ネット上でサクッと好きなタイトルを選んで気軽に見ることが出来るので、とても便利

さらに、いまでは無料で2週間登録でき、いつでも解約できます。

無料期間中に試しに使ってみて、933円払いたくないな~って思ったら解約しちゃっても全然OK!

14日間 無料でお試し視聴ができる Hulu(フールー

衝撃! 世界のおバカ映像 」(4シーズン78エピソード)や「バ科学」など、日本では見ることができない海外のバラエティ番組もまた、とっても面白いんですよ。

本日の記事は以上です。
最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの記事
おすすめ記事
外食チェーン店の割引まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>