使い道がないTポイントを現金に交換!やり方と交換レートを紹介します

スポンサーリンク

TUTAYAやファミリーマートで使ってポイントがたまる「Tポイントカード」私も1枚持っていて、色々なところで使用しています。

特によく使うのは、ファミリーマートとエネオスで、毎月小額ですが、コツコツとたまりますね。

支払いの一部がポイントとして還元されるTポイントカード、要するに「うちのお店で買ったら、ポイントつけるからいつも来てね」というリピーター効果を狙った、顧客囲い込みの企業戦略なんでしょうけれども、こういった、ユーザーにうれしいサービスはどんどん使っていかなければ損ですね。

同じ値段のものを買ってポイントがつくのとつかないのとでは、大違い。

特に私の場合、ガソリンを月に2万円ほど入れていますので、年間24万円ほど!

この1%が還元されますので、無視するわけにはいかないです。

ただ、Tポイントが使えるのはTポイントカードの加盟店のみ!

どうにかして、たまったTポイントを移行して現金化できないものかと、ネットを調べてみました。

特に、Tポイントは有効期限が1年間ですので、もし使う予定がなければ、現金化して貯金しておきたいものですね。

そこで今回は、Tポイントの現金化について紹介します。

本日の記事はこちら↓

  •  Tポイント現金化に必要なもの  
  •  Tポイントの現金化のやり方
スポンサーリンク

Tポイント現金化に必要なもの

まずTポイント現金化に必要なものは、2つあります。

Yahoo!JapanのIDと、ジャパンネット銀行の口座です。

1つずつ詳しく説明していきますね。

Yahoo!JapanのIDの収得

 Yahoo!JapanのIDの収得はとっても簡単です。

 最初に、Yahoo!のトップ画面に行きます。

http://www.yahoo.co.jp/

トップ画面の右下、矢印で示したところに、IDでもっと便利に[新規収得]とありますので、新規収得をクリックします。

クリックすると、このような画面が出てきますので、メールアドレス、Yahoo!Japan ID、パスワード、郵便番号、生年月日、性別などを記入してください。

この際に、Tカードを「持っている」を必ず選んでくださいね。

これで、仮登録が終わりです。

確認メールが来たら案内にしたがって記入をしていけば、Yahoo!JapanのIDが収得できます。

次に、ジャパンネット銀行の口座の収得を説明します。

ジャパンネット銀行の口座の収得

ジャパンネット銀行の口座開設はちょっと時間と手間がかかりますが、わかりやすく説明していきますね。

銀行の窓口で口座を新規開設すると、まず必要なのは、身分証明書です。

ジャパンネット銀行の場合、店頭での口座開設はできませんので、インターネットを通じてのやり取りとなりますが、基本的には銀行で口座を新規開設するのと一緒です。

まずはジャパンネット銀行にアクセスしてみましょう。

ジャパンネット銀行

http://www.japannetbank.co.jp/

赤い矢印で示したところから、口座の開設ができます。

ステップ1

まずは、口座開設フォームに入力して、本人確認資料の送付方法を選択します。

名前や住所の記入なので、ここら辺は銀行の窓口で新規口座を開設するときと一緒ですね。

そして、身分確認のために身分証明書を口座開設アプリもしくは郵送のどちらかで送ることを選択します。

これが最初のステップ。

口座開設アプリを使用すると簡単にできるそうですが、郵送の場合は本人確認資料を送ったりしますので、その分時間がかかります。

ステップ2

アプリ、もしくは郵送で本人が確認できる身分証明書を銀行宛に送るのが、2番目にすることです。

ステップ3

キャッシュカードとトークンが届いたら初期設定をします。

トークンって何?と思われる方のために簡単に説明しますと、「トークン」とは、ワンタイムパスワードのことです。本人確認のための使い捨てパスワードです。

ジャパンネット銀行の場合、6桁の数字が60秒ごとに切り替わるため、誰かに見られても安心の設定となっています。

このトークンを使って初期設定をするのが、3ステップ目です。

とここまでがだいぶ長くなってしまいましたが、次に本題のTポイントを現金化する方法を紹介していきます。

Tポイントの現金化のやり方

ここまでで、Yahoo!JapanのIDとジャパンネット銀行の口座はできているかとおもいますので、そこから先にすすんでいきたいと思います。

まず、Yahoo!のトップページをもう一度開いてみてください。

http://www.yahoo.co.jp/

矢印のさらに下に、Tポイントのマークがあるのがわかりますでしょうか?

Tポイントマークの横に、「ポイントを確認」とありますので、そこをクリックしてください。

そして次ページの「ポイント交換」をクリックすると、この画面になると思います。

Tポイント→提携先の場所に、ジャパンネット銀行とありますね。

Tポイントが1000ポイント以上たまっていると、交換可能ですが、注意しておきたいことが2つあります。

1つは、交換率ですが
100ポイント→85円になるということ。

もう1つは、
Yahoo!ウォレットの口座を開設しなければならないことです。

Yahoo!ウォレットとは、ヤフオクなどしている人でしたら知っていると思いますが、インターネットの有料サービスなどの購入やヤフオクの落札代金を受け取ることができる、Yahoo!のサービスです。

ちょっとややこしいですね。

イメージ的には、スマホの有料アプリの購入をドコモやAUがgoogle playとの中間に入って代金の支払いをして、電話代と一緒にアプリの利用代金を請求してくれますが、そのYahoo!版といったところではないでしょうか?(Yahoo!ウォレットはアプリの購入には使えませんが)

アプリではなく、インターネットのさまざまな有料サービスを、ジャパンネット銀行と連結させたYahoo!ウォレットで、一括で支払ったり受け取ったりできます。

Yahoo!ウォレットの口座の登録のやり方ここでは記事が長くなりすぎるので、省略させていただきますね。

そして次に「Tポイント交換(現金)の重要事項」に同意します。

そして、交換したいポイント数を入力して確認、そして最後に、申し込めばOKです。

だいぶ長くなってしまいましたが、流れはつかんでいただけたでしょうか?

Tポイントを現金化すると、100ポイント85円と、使うよりもちょっとレートが下がって残念ですが、有効期限が切れてしまうのなら、定期的にポイントを現金に交換してしまうほうがお得ですので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

アプリを見るだけでTポイントを貯める

もっと、Tポイントを貯めたい!

Tポイントは、多くあっても全然邪魔にはならないので、チョットでも多く貯めておきたいですよね。

そこで、

「近所のチラシを見ながらTポイントを貯めることができるアプリ」

をかんたんに紹介します。

このアプリ、

・新聞を取らなくてもチラシが見れる
・外出先でもチラシがチェックできる
・アプリのチラシを見るだけで、Tポイントがたまる

と言ったメリットがありますので、

・新聞を取らないで節約
・スーパーの値段で節約
・Tポイントで節約

といったとてもお財布に優しいアプリになっています。

(しかも無料!)

アプリの詳しい紹介はこの記事にまとめてみました。

買い物で節約の達人に!近所のチラシを網羅した無料アプリ「Shufoo!」の威力が半端ない!

このアプリを使うことによって、今まで以上にTポイントがサクサク溜まりますので、まだ使っていないのであれば、これを機会にためしてみてはいかがでしょうか?

本日の記事は以上です。
最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの記事
おすすめ記事
外食チェーン店の割引まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>