エレスト ポルトスの俺的評価70点!こういうキャラは微妙・・・の理由と進化石版、リセマラランキングなど

スポンサーリンク
スポンサーリンク

エレストのモンスター紹介、今回は「ポルトス」です。

今回、三銃士編ということで新たに発表されたモンスター「ポルトス」ですが、これまた微妙~なキャラクターですね。

私的には、木属性のパーティはヘルメスやアルテミスといった高火力モンスターが揃っていますので、どちらかといえばいらないモンスターです。

う~ん、使いどころがわからない・・・。

スキル1、スキル2では、木属性特有の直線配列としてパーティのほかのモンスターに合わせやすいんですが、肝心のスキル3が・・・どうもイマイチ。

どういった意図で作られたのか、私にはよくわからないです。

とはいえ、エレスト(エレメンタルストーリー)の新キャラ「ポルトス」の強い点もありますので、本日はその辺も交えて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

エレスト ポルトスの評価と使い道、強い点と弱い点

まずポルトスのステータスから。

LV99で
HP 619
ATK 288

と、パッとしない数字ですね。

これがソウル99になってくると

HP 619+200=819
ATK 288+100+300=688!

となってきます。

攻撃力はソコソコといった感じですが、HPはお世辞にも「いい」とはいえないですね。

そしてスキルですが、これまた「う~ん」て感じ。

スキル1、スキル2のピース配置はパーティのほかのモンスターとあわせやすいんですが、スキル3が独特でピース足らずになったり、他のスキルを優先して作りづらいことも考えられます。

ですが、アビリティの「真・底力」はきわめて優秀!

普通でしたら「底力」で攻撃力100%アップですが、「真・底力」で攻撃力200%アップとなりますので、クエストの終盤においてからが真価の発揮どころではないでしょうか?

とはいえ、もともとのHPが低いので、使いづらいアビリティともいえます。

エレスト ポルトスの進化石版の場所

ポルトスの進化石版の場所ですが、

★4の進化石版
  →森林の大陸 STAGE 6

★5の進化石版
 →★4 ポレヴィークの試練

となっています。

エレスト ポルトスのリセマラの評価

ポルトスのリセマラ俺的評価ですが70点です。
評価は「B」です。

アビリティが特化していてますが、そのほかは平均以下というような感じですので、使う機会は今のところあまりないかな?

使い方としては、

試練のクエストのボスの前の雑魚処理で、ピースを貯めてHPを削っておいてアビリティが発動できる状態にしておきます。

そしてボスになったらドカン!と、スキル3を一発お見舞いするくらいではないでしょうか?

攻撃力688に200%アップということは

688+(688×2)=2064!

これがうまく使えるかどうかが鍵となってくると思います。

私は使わないですけどね・・・。

エレストのスタミナ回復待ちに

ちょっと前にテレビのCMで紹介されていた、Huluというサービスに、今、ハマッています。

月額933円、1日にわずか31円ほどのちょっと異常なほどの安さで、アニメ・ドラマ・映画などが全て見放題で、パソコン、テレビ、スマホ、タブレットなど、いろんな端末で見ることができます。

Huluで見ることができるラインナップをちょっとだけ紹介すると、  

まずアニメでは、ハンターハンター、名探偵コナン、進撃の巨人、進撃!巨人中学校、銀魂、妖怪ウォッチ、弱虫ペダル、犬とハサミは使いよう、エヴァンゲリオン、ちはやふるなど。

海外ドラマでは、新ビバリーヒルズ青春白書、ゴシップガール、HEROES(ヒーローズ)、24、ウォーキングデッドなどなど、すさまじい充実っぷり!

レンタルビデオと比べても、借りたり返したりするめんどくさい手間もなく、ネット上でサクッと好きなタイトルを選んで気軽に見ることが出来るので、とても便利

さらに、いまでは無料で2週間登録でき、いつでも解約できます。

無料期間中に試しに使ってみて、933円払いたくないな~って思ったら解約しちゃっても全然OK!

14日間 無料でお試し視聴ができる Hulu(フールー

衝撃! 世界のおバカ映像 」(4シーズン78エピソード)や「バ科学」など、日本では見ることができない海外のバラエティ番組もまた、とっても面白いんですよ。

本日の記事は以上です。
最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの記事
おすすめ記事
外食チェーン店の割引まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>