知っておきたい!格安スマホの通信エリアと通信速度と通信料の話

スポンサーリンク
スポンサーリンク

本日は格安スマホの通信に関するお話です。

格安スマホにのりかえようかな?」なんて考えてみても、実際に心配なのは使い勝手、特に通信に関することだと思います。

例えば、

今までドコモやソフトバンク、AUといった大手の携帯会社を使っていて電波の届く範囲が充分でしたが、格安スマホではまだ通信網が整ってなくて、電波のとどかないエリアが多いのかな?とか

格安スマホは安くていいのだけれど、私の好きなyoutubeやニコニコ動画といった動画を見るときに、通信速度が不安定で止まったり動いたりを繰りかえすんじゃないの?とか

格安スマホは基本使用量が安いだけで、使える通信料を増やしていくと逆に高くなったりするんじゃないの?

なんて、格安スマホの通信に関する疑問はいっぱいあると思います。

「いざ使ってみたら、こんな不具合が出て、結局格安スマホは、安かろう悪かろうの商品なんだよ。

値段相応!

これだったらちょっとくらい高いお金払っても大手3社のほうがよかった・・・」

なんて遠い目をしながら、使い勝手の悪い格安スマホを使い続けないためにも、ここは是非、購入する前に知っておきたいところだと思います。

そこで今回は格安スマホの通信に関して色々調べましたので、紹介したいと思います。

本日の記事内容はこちら↓

  •  格安スマホの通信エリア、地元では使えるの?  
  •  格安スマホの通信速度、たまに不安定って聞くけど・・・  
  •  格安スマホの通信料、ほんとに格安???
  •  まとめ

格安スマホの通信エリア、地元では使えるの?

以前は私も気になっていました。

通信エリアが狭かったら、逆に不便で使い勝手が悪いと思います。

「新しいアンテナを立てるようなニュースは聞いたことないし・・・そんなことしたら莫大なお金がかかってしまうので、格安にはならないんじゃないの?」

「使えるのは大都市のみで、地方都市や田舎では格安スマホは使えないのかな?」

なんて思っていましたが、格安スマホをあつかっているmineoさんで色々聞いているうちに、この疑問は解けました。

格安スマホをあつかっている会社は、ドコモやAUの通信網をレンタルして、それを小分けして消費者に安く提供している、とのこと。

要するに、又貸しなんです。

例えば楽天モバイルでしたら、ドコモの通信網をいったん借りて、それを小分けして「月3GBで○○円!」といった形で、格安でユーザーに提供しているのです。

これは、楽天だけでなくほかの格安スマホの会社にもいえることです。

格安スマホの通信エリアに関しては、その会社が提携している大手の会社の通信網と同じ、ということが出来ます。

これならほとんど日本全国をカバーしていますので安心ですね。

格安スマホの通信速度、たまに不安定って聞くけど・・・

これもよく聞きますね。

通信速度が不安定で、つながったりつながらなかったり・・・特にお昼時はつながりが悪いんだよ~、なんて話。

これは正解でもあり、不正解でもあります。

みんながスマホを使う時間帯は大体決まっていて、時間帯によって通信速度が変わってきます。

例えば、お昼時だったり夜7~11時ころまでは、みんなメールやニュースをチェックしてたり、動画を視聴したり、ゲームを楽しんだりと、インターネットはそれぞれのニーズに合わせてがんばっています。

使える通信量が一定にもかかわらず、みんなが押し寄せることで通信が遅くなってしまうことはよくあることです。

例えばお正月の「あけおめメール」は、みんなが一斉にするので通信出来なくなったりしますね。

そうしたことは、格安スマホを提供している会社にもいえることです。

大手の通信網から一定の通信料しかレンタルていないのに、みんなが押し寄せるから処理しきれなくなって、通信速度が遅くなることは、現状の格安スマホのサービスではよく耳にします。

ですが逆に、通信速度に関して評判のいい格安スマホの会社もあります。

私が調べたところでは、mineoさん、楽天モバイルさん、UQ mobileさん、この3社はネットで調べたところ、お昼時などの混雑時でも非常にスムーズに接続できるようですね。

mineoさんは「ドコモ」と「AU」の2回線、楽天モバイルさんは「ドコモ」の回線、UQ mobileさんは「AU」の回線と、それぞれ使っている回線に違いがありますが、この3社はネットではとても評判がいいです。

これ以外の会社は、まだまだこれから整備が必要かな・・・というのが私の本音。

そういった一部の会社の評判で格安スマホ全部を判断したりせずに、ユーザーのためにがんばっている会社は評価してもいいのではないかなと思います。

私個人の基準ではありますが、この3社のメリットデメリットで、1つの記事を作りました。

月額525円から!年間10万円以上損しない格安スマホの選び方!
じわじわと、私の周りの人たちでも格安スマホを使う人が増えてきました。2年縛りが終わった人達から順番に、格安スマホに乗り換えています。もちろん...

この3社以外にの格安スマホの会社を選ぶ際にも、「どういった基準で選べばいいのか?」の参考になると思います

格安スマホの通信料、ほんとに格安???

格安スマホ月額○○円から!」なんて広告を見たことがあると思います。

一番安いプランで広告を作ってユーザーを集めて、いざ契約したら、大手携帯会社3社のプランと同じじゃないの?

なんて疑問ももっともですが、答えはNOです。

先ほど紹介したUQ mobileでは、データ使用量無制限の「データ通信無制限+音声電話プラン」で2680円という、スマホを通信メインで利用するのであれば格安のプランがあります。

これがほんとの格安スマホ。

毎月通信料をこえて利用制限がかかるのであれば、私はこのプランをオススメします。

あとは、例えば安いといわれる楽天モバイルの通話SIMだったら、5GBで2150円となっています。

mineoさんでしたら、5GBで2190円。(楽天と40円の違い)

こんな感じの値段設定となっています。

youtubeやニコニコ動画といった動画コンテンツを頻繁に利用するのであれば、UQ mobileさんは、データ使用量を気にせずに使えますので、一番のオススメ。

まとめ

格安スマホの通信エリア、通信速度、通信料に関する疑問は解けましたか?

もう一度簡単にまとめると、

・格安スマホの通信エリア 

サービス会社が提携している大手の会社の通信エリアと同じ

・格安スマホの通信速度

サービス会社によってばらばら。
評判のいいところと悪いところがある。

・スマホのデータ通信量

無制限プランがあるUQ mobileで2680円、それ以外でも携帯会社3社よりも安い。

と、なっています。

格安スマホをあつかっている会社は、各社とも、いろいろなサービス内容で競走を始めたばかり。

調べた結果では、まだまだの会社もありますが、今回紹介したmineoさん、楽天モバイルさん、UQ mobileさんが一歩リードしている印象を受けました。

特に、mineoさんは、全国に窓口を立てたり、チャットで気軽に質問できたりと、ユーザーとの距離を短くしようとがんばっているのが感じられました。

格安スマホを使うのであれば、家電量販店などですすめられるがままに選ぶのではなく、こういった物を基準に選んでいきたいですね。

また、今回記事にした格安スマホの値段などは、2016年2月現在のものですので、時間がたてばもしかしたらまた違ってくるかもしれません。

最新の情報は、公式サイトで確認してください。

本日の記事は以上です。
最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの記事
おすすめ記事
外食チェーン店の割引まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>