エレスト ルシオラの俺的評価90点!トランス系では最強!の理由と進化石版、リセマラランキングなど

スポンサーリンク
スポンサーリンク

エレストのモンスター紹介、今回は「ルシオラ」です。

パッと見スキルの形が簡単で、直線変換がいれば、スキル1、スキル2はバンバン打ててその上、闇ピースを光ピースに変換、しかも全体攻撃!

悪いところが見当たらないモンスターですが、実はピース変換とは相性が悪いのです。

ルシオラがいると、スキルやアビリティを使うことで、1ターンに最大3つ、闇ピースを光ピースに変換します。

しかもアビリティで「真・ライトトランス」がありますので、光ピースの出現率があがり、相対的に闇ピースの出現率が下がります。

なのでルシオラを使うと、闇ピース→光ピースの変換キャラはいらないんじゃないかな?

相性が悪いというよりも、必要ない!

一回マルチでルシオラと変換キャラのいるパーティに混ぜてもらったことがあるのですが、変換キャラは出番なしのお客様状態でした。

ですが、ルシオラはバトルアリーナでは使えません。

本日はその辺の理由も含めて、ルシオラを紹介していきたいと思います。

エレスト ルシオラの評価と使い道、強い点と弱い点

まずルシオラのステータスから。

LV99で
HP 1123
ATK 480

と、★6のモンスターでは高ステータスですね。

これがソウル99になると

HP 1123+200+250=1573
ATK 480+100+250=830

となります。やる気のない★7モンスターよりもステータスは高いですね。

いろんな試練で活躍すると思います。

そしてルシオラのスキルですが、スキル1、スキル2は直線なので、他のモンスターに合わせやすいく簡単に作ることが出来ると思います。

試練のクエストでは大活躍!

なんですが、知名度があまりないせいか、マルチプレイでも全然見かけないです。

ヘリオスなんかより全然使えるのに・・・。

ただ、バトルアリーナはちょっと苦手かな。

ルシオラのピース変換はスキル発動時や、ターン終了後ですので、1発目に高火力の攻撃を当てていきたいバトルアリーナでは、ルシオラはちょっと不向き。

バトルアリーナではやはり変換キャラのほうが使い勝手がいいですね。

バトルアリーナがルシオラの弱い点。

エレスト ルシオラの進化石版の場所

ルシオラの進化石版の場所ですが、エレメンタルコイン交換所(675枚で交換)にあります。

エレスト ルシオラのリセマラの評価

エレスト「ルシオラ」のリセマラ俺的評価ですが85点です。

評価は「A」です。

このモンスターも性能的には90点を差し上げたいのですが、バトルアリーナが若干苦手だということで、最終的に85点。

「アリアンロッド」や「ラー」と組み合わせたら、ピースの供給がはかどること間違いなし!

そして、光ピースの量だけ回復できるヴィシュヌがいれば、鬼に金棒なんじゃないかな?

エレストのスタミナ回復待ちに

ちょっと前にテレビのCMで紹介されていた、Huluというサービスに、今、ハマッています。

月額933円、1日にわずか31円ほどのちょっと異常なほどの安さで、アニメ・ドラマ・映画などが全て見放題で、パソコン、テレビ、スマホ、タブレットなど、いろんな端末で見ることができます。

Huluで見ることができるラインナップをちょっとだけ紹介すると、  

まずアニメでは、ハンターハンター、名探偵コナン、進撃の巨人、進撃!巨人中学校、銀魂、妖怪ウォッチ、弱虫ペダル、犬とハサミは使いよう、エヴァンゲリオン、ちはやふるなど。

海外ドラマでは、新ビバリーヒルズ青春白書、ゴシップガール、HEROES(ヒーローズ)、24、ウォーキングデッドなどなど、すさまじい充実っぷり!

レンタルビデオと比べても、借りたり返したりするめんどくさい手間もなく、ネット上でサクッと好きなタイトルを選んで気軽に見ることが出来るので、とても便利

さらに、いまでは2週間無料で登録でき、いつでも解約できます。

無料期間中に試しに使ってみて、933円払いたくないな~って思ったら解約しちゃっても全然OK!

14日間 無料でお試し視聴ができる Hulu(フールー

衝撃! 世界のおバカ映像 」(4シーズン78エピソード)や「バ科学」など、日本では見ることができない海外のバラエティ番組もまた、とっても面白いんですよ。

本日の記事は以上です。
最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの記事
おすすめ記事
外食チェーン店の割引まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>