昭和の日とみどりの日の違いや由来を、子供向けにわかりやすく説明します

スポンサーリンク

あれ?4月29日って「みどりの日」じゃなかったっけ???

いやいや間違いない、みどりの日だよ!このもの時からずーっとそう。

私が子供のときに、昭和天皇が崩御し、そのあとに、昭和天皇の誕生日である4月29日が「みどりの日」となりました。

それまでは、4月29日は「天皇誕生日」という名の祝日です。天皇が昭和天皇から平成天皇に代わり、「天皇誕生日」という名称が使えなくなったので、

昭和時代 4月29日→「天皇誕生日」
平成時代 4月29日→「みどりの日」

ということで、呼び名は変わりましたが国民の祝日であることは変わらずに、4月29日は国民の祝日となっています。

ですが、「昭和の日」・・・???聞いたことないぞ????

と、調べてみましたが、実際には2007年から4月29日は「昭和の日」となっているそうです。

そこで今回は、「昭和の日」、「みどりの日」について、その由来や名称が変わった経緯などを、詳しく掘り下げていきたいとおもいます。

そして、「昭和の日って何?」ってこどもに聞かれたときにもちゃんと答えられるように、へたくそながら例文を載せておきますね。

本日の記事内容はこちら↓

  •  4月29日 もともとは昭和天皇の誕生日  
  •  平成になり、「みどりの日」と制定
  •  名称を「みどりの日」から「昭和の日」に変更した由来  
  •  「みどりの日」はどこ行った?
  •  子供に聞かれたら・・・

4月29日 もともとは昭和天皇の誕生日

昭和時代を過ごしてきた方なら御存知だとは思いますが、もともとは4月29日は昭和天皇の誕生日で国民の祝日でした。

私の小学生のときの思い出としては、4月29日のあたりはゴールデンウィークの始まりで、ウキウキしていた記憶があります。

こどもの頃の記憶をたどると、4月29日は「昭和天皇の誕生日」とか「みどりの日」という人も少なくないはず。

平成になり、「みどりの日」と制定

古きよき昭和の時代が終わり、平成に突入します。

4月29日は昭和天皇の誕生日でしたが、天皇が昭和から平成に変わったことで平成天皇の誕生日が12月23日であることに伴い、天皇誕生日が4月29日から12月23日に変更となります。

しかしながら、4月29日をそのまま平日に戻すことは、国民の生活、特にゴールデンウィークに影響が大きいとの判断。

そのため、4月29日を「天皇誕生日」から「みどりの日」に名前を変更して、祝日のままにすることになります。

ちなみに「みどりの日」の名前の由来ですが、昭和天皇が植物に造詣が深く、自然をこよなく愛していたから「緑」にちなんだ名前がふさわしいから、4月29日は「みどりの日」という名前にしたそうです。

昭和天皇は植物学者だったんです。

名称を「みどりの日」から「昭和の日」に変更した理由・由来

2007年に、4月29日を「みどりの日」から「昭和の日」に名前を変更します。

「みどりの日」から「昭和の日」に名前を変更した由来は、

「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす」

ということですが・・・これだけではよくわからないですよね。

昭和時代とは太平洋戦争で負けた日本が、経済や産業といった分野で、奇跡の復活を果たします。

そのように歩いてきた昭和の時代をふりかえり、(失敗や成功から学んで)未来に思いをめぐらしてはいかが?

との意味にとらえてみてはいかがですか?

「みどりの日」はどこ行った?

4月29日が「みどりの日」から「昭和の日」に変更になりましたが、「みどりの日」はなくなった訳ではありません。

2007年に「みどりの日」は5月4日に変更をなっています。

子供に聞かれたら・・・

「昭和の日」ってなあに?

ってこどもに聞かれたら、どうやって答えますか?

わたしがもしこどもに昭和の日を説明するとしたら

昭和という時代は戦争があって、その戦争で負けた日本が、経済など科学といった新しい分野で発展してきた時代なんだよ。

戦争でのあやまちや、それからの経済や科学での発展から色々学んで、それを未来にいかしていこうよ。

って意味があるんだ。

そういった意味を思い出すために、4月29日を「昭和の日」としているんだよ。

って感じで子供に伝えると思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの記事
おすすめ記事
外食チェーン店の割引まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>