介護施設(老人ホーム)の虐待防止に!私たちが出来る簡単な対策

スポンサーリンク

あれ?最近おじいちゃんの様子がおかしいな?

「若いモンの迷惑にはなりたいくない、ということで、色々ある介護施設の中からココを選んだのは、おじいちゃん本人だし、最初のころは気に入っていたのに・・・」

「孫や自分の名前を忘れたり、日付けを忘れているわけではないので、認知症ではないはず」

「そういえば、最近はおじいちゃんだけでなく、介護施設(老人ホーム)全体がなんだか落ち込んだ雰囲気・・・一年前とはあきらかに違う・・・」

「なんだかちょっとおかしいぞ!」

こんなとき、介護施設(老人ホーム)の職員に色々理由を聞いても、あいまいな答えしかかえって来ません。

理由は色々ありますが、「問題になった施設で働いている」というレッテルを貼られたくないのがあるかもしれませんね。

厚生労働省によると、平成25年度における養介護施設従事者による虐待判断件数は221件あり、通報・相談件数は962件あります。

表面化している数値でこの件数なので、水面下ではもっとあると思います。

しかしながら混乱の戦後を生き抜いてきた、気丈夫な私たちの両親。

我慢することに慣れているせいか、なかなか口に出しません。

それが虐待する人にとっては格好の的。

何もいわないから何してもいい

なんてトンデモ理論で、やりたい放題。

そんなくだらない人たちの標的に、自分の親をさらしたくはないですね。

そこで今回は、介護施設(老人ホーム)の虐待防止に、私たちが出来る対策を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

介護施設(老人ホーム)の虐待防止に、私たちが出来る対策

まず用意してもらいたいのは、スマホ。

機種変更などで使わなくなったスマホでいいですので、1つ用意してください。

そのスマホにアプリを入れるのですが、アプリの紹介の前に、簡単にネタを説明していきたいと思います。

スマホを両親にプレゼント
(孫の動画や写真などを入れてカモフラージュ)


アプリで定期撮影やボイスレコーダーなどを仕込んで、
その記録を定期的にチェック

問題があるものが記録されていれば、
証拠として弁護士や警察にいって相談

と、大まかにはこんな感じの流れになると思います。

そのために必要になってくるアプリがいくつかありますので、紹介していきたいと思います。

まず、1時間おき、3時間おき、といった定時撮影に使うアプリは

遠隔見守り(監視)カメラサービス~Rusuban Cam」です。

遠隔見守り(監視)カメラサービス~Rusuban Cam
遠隔見守り(監視)カメラサービス~Rusuban Cam
開発元:Morpho, Inc
無料
posted with アプリーチ

スマホ(android)とiPhoneの両方で使用できるアプリです。

機能を簡単に説明すると、

撮影間隔 定期撮影時の撮影間隔を設定できる
しきい値 動きを検地した場似撮影したいときはここ
撮影遅延時間 ドアが開いて5秒後、などの動きを感知してから撮影する時間の感覚を設定できます。

また、詳しい使い方は公式サイトで確認できますので、そちらで確認してみてください。

公式サイトはこちら↓

Rusuban Cam(留守番カメラ) 地球の裏側にいても安心が伝わる

 このアプリで1つ気になる点があります。

シャッター音のON、OFF機能の設定については書かれていなかったので、例えば2時間間隔で撮影をしたときに、シャーーター音が常時ONなのであれば、寝静まった夜はちょっとうるさいんじゃないかな?とおもいました。

使用する際にはシャッター音を消すアプリを併用することを、オススメします。

なお、このアプリは最初の7日間は無料ですが、7日経過しても利用する場合は月額300円かかります。

そして会話を録音するのはこのアプリ

Dream Talk Recorder
Dream Talk Recorder
開発元:MobiUtil Ltd
無料
posted with アプリーチ

 もともとは、いびきや寝言を録音するアプリです。

会話や音楽が鳴っていれば、それを検知して録音してくれます。

録音アプリは色々ありますので、使いやすいものを利用してください。

録音をリアルタイムで自分のパソコンやスマホに送信するのであれば。ドロップボックスがオススメ!

Dropbox
Dropbox
開発元:Dropbox
無料
posted with アプリーチ


スマホで撮った写真をメールで転送することなく自動でパソコンでも見れる、といったことが出来ますので、この機能を使って、
メール送信といった老人の苦手な操作不要で、遠くはなれたところでもでスマホで拾った音声を聞くことが出来ます。

ドロップボックスは、「スマホとパソコン」、「スマホとタブレット」といった異なる2台のコンピューターで同じ情報を共有できます。

これで、両親の様子を見に行きながらスマホをチェックすることで介護施設(老人ホーム)で何が起きているかが大体は把握できると思います。

介護施設(老人ホーム)が無料Wi-Fiのスポットであれば、毎日、両親に起こったことをチェックできるのですが、無料Wi-Fiのスポットでなければ顔を見に行くついでに「孫の新しい写真を持ってきたよ!」なんていいながらスマホを操作していけばいいと思います。

しかしながら、新たな心配もあります。

c7f748a941e9df442e76efb4e544d033_s

スマホが、施設の職員や他の老人に盗まれること・・・。

怪しい介護施設で、虐待のにおいがするところであれば、職員が勝手に老人のものを持ち出して売ったりするかもしれませんね。

介護施設が無料Wi-Fiのスポットであれば、アプリが1時間ごとに画像を送信してくれますので、誰が盗んだのか判断できますが、そうでなければ、結局は犯人はわからずじまいです。

とならないために必要なのはやはり、無料Wi-Fiのスポットでなくても通信できるスマホでしょう。

リアルタイムで介護施設で起こっていることを確認するためには、やはり通信設備を整えておいて監視することが必要だと思います。

そこで格安SIMが必要になってきます。

楽天モバイルさんでは月額525円から、格安SIMが使えますので、護施設が無料Wi-Fiのスポットでないのであれば、格安SIMをスマホにセットして老人ホームの両親に「孫の写真や画像」といってプレゼントしてみてはいかがですか?

格安SIMってよく聞くけどイマイチよくわからない?って方も多いと思いますので、こちらの記事で確認してみてください。

SIMって何?SIMカード、SIMロックなどを中学生にもわかるように解説します

月額525円から!年間10万円以上損しない格安スマホの選び方!

まとめ

「うちの孫が一番かわいいのよ」

「いや親うちの孫が一番!」

「うちの孫なんかこの間ピアノの発表会で入賞したんだよ」

「いやいや、うちの孫の写真はこれだけど・・・」

なんてのんびりした会話だけが、記録されてほしいものですね。

 本日の記事は以上です。
最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの記事
おすすめ記事
外食チェーン店の割引まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>