阿頼耶識とは?潜在意識についてちょっとだけ知っておこう!

スポンサーリンク

アインが阿頼耶識システムを導入するかどうかがネットやtwitterで議論されていますが、「子供の頃しか手術できない・・・」という大前提を、どう回収するか見ものですね。

ちゃんと矛盾なく、アインが阿頼耶識システムをつけるのであれば問題ないのですが、そうではなく、強引にアインが阿頼耶識を入れるのであれば大炎上の予感・・・。

この辺はしっかりと矛盾なくストーリーを進めてほしいのですが・・・今回は阿頼耶識について説明していきたいと思います。

「起動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンス」というガンダムの最新シリーズでは、『阿頼耶識システム』なるものが出てきますね。

この「阿頼耶識」という言葉、実は仏教用語なのをご存知でしたか?

この阿頼耶識というのは、仏教では心の深層部分ということですが、これだけではちょっとピンとこないですね。

阿頼耶識について詳しく知る前に、「起動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンス」の阿頼耶識システムについてwikipediaから拾ってみました。

阿頼耶識システム(あらやしきシステム)

厄祭戦時代のMSに採用された有機デバイスシステム。

本来は宇宙作業機械の操縦用に開発されたが、MSの性能を最大限に発揮させる目的で軍事転用された。

パイロットの脊髄に埋め込まれた「ピアス」と呼ばれるインプラント機器と操縦席側の端子を接続し、ナノマシンを介してパイロットの脳神経と機体のコンピュータを直結させることで、脳内に空間認識を司る器官が疑似的に形成される。

これによって、通常はディスプレイなどから得る情報がパイロットの脳に直接伝達され、機械的プログラムに縛られない生身の体のような操作が可能となる。

接続の際は、背中の端子を露出させ、操縦席側との接続機であり網膜投影用のヘッドセットとも繋がっている接続機器を上半身に取り付ける。

ただし、成長期の子供でなければナノマシンがうまく体に定着せず、適合率も個人差がある。

MSともなると機体から送られる膨大な処理情報が脳髄に多大な負担をかけるため、通常はリミッターを掛けることで情報量を調節している。機内でパイロットが気を失った場合は、意識を取り戻すまで機体とのリンクを切ることができないなどの欠点も存在する。

ギャラルホルンの情報操作と再生医療の発達によって体内に機械を埋め込むことが忌避されるようになってからは、「宇宙ねずみ」と蔑み差別する者もいる。

そのため本編の時代では非人道的なシステムとして使用が禁止されているが、CGS参番組(鉄華団)の少年兵やブルワーズのヒューマンデブリなど非合法に使用されている事例もあり、CGSによる施術の場合は麻酔なしで行われることから失敗して身体不随に至る確率も高い。

端子の埋め込みは複数回行うことも可能で、回数を重ねるごとに脊柱の端子が増設されていく。劇中では三日月(3回)と昭弘(2回)がこれを行っていることが確認できる。

また、上述のとおり使用後は脳が疲労するため、三日月は「火星ヤシ」と呼ばれるデーツに似た果実を食して糖分を供給していることが多い

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ wikipedia

とのこと。

わかりやすく説明すると

パイロットの脳神経と機体のコンピュータを直結させるます。

その作用によって、脳内に空間認識を司る器官が疑似的に形成されます。

そうした結果、情報がパイロットの脳に直接伝達されます。

最終的には、機械的プログラムに縛られない生身の体のような操作が可能となる。

といったことではないでしょうか?

ふむふむ、なんるほど阿頼耶識システムとはなるほどなネーミングですね。

とココで本題、仏教における阿頼耶識について解説していきます。

スポンサーリンク

仏教での阿頼耶識

まず仏教では、眼識・耳識・鼻識・舌識・身識・意識・末那識という7つの識がああります。

眼識とは、目で見て選別する心の働き
耳識とは、耳で聞いて識別する心の働き

・・・と続きます。

最後の「末那識」とは、思いを図る本質、ということになっています。

そして、阿頼耶識というのは、人間の存在の根本にある識で「全ての心の働きの源」と、いわれています。

この全ての心の働きの源である「阿頼耶識」ですが、この全ての心の働きが「煩悩」であるか「真如」であるかは仏教の中でも色々と意見が分かれているところです。

煩悩…身心を乱し悩ませ智慧を妨げる心の働き

真如…あるがまま・真理

私の場合、阿頼耶識といえば・・・

私の場合、阿頼耶識というと、一時期ブームだった「引き寄せの法則」を思い出しますね。懐かしいです。

無意識に自分の理想を刷り込みうことによって、お金持ちになれたり、恋人が出来たり・・・成功したり・・・と、実践はしませんでしたが、あの頃必死になって本を薦めてくれた人は、今どうなっているんだろう???

その本の中に、「無意識=阿頼耶識、で、仏教では・・・・」なんて解説が書いてあった記憶があります。

無意識というのは、沸騰したやかんに手をのせて、思わず「アチッ!」といって手を引っ込めること。

このように、無意識に成功することが引き寄せの法則・・・なんて書いてありました。

あの本を薦めてくれた人、成功していればいいんですけれども・・・。

本日の記事は以上です。
最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの記事
おすすめ記事
外食チェーン店の割引まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>