エレスト ディーナ・シーの俺的評価70点!見かけはすごくいいのですが、実は自己中!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

エストのモンスター紹介、今回は「ディーナ・シー」です。

エレメンタルストーリーのケルト神王編で今回新しくガチャで獲得できるモンスター「ディーナ・シー」ですが、今回の新キャラクターはディーナ・シーも含めて回復役が多いですね。

そして、回復役といってもどこか微妙・・・。

ディーナ・シーもそんな中の一人。

スキル1が全体回復ですが、スキル2、スキル3は自己回復。

これがすべて全体回復であれば、有能、有能&有能だったのに・・・。

まあその辺が、テミスやアマテラス、アフロディーテといった回復専門のモンスターを引き立てることになるのですが・・・。

その辺も踏まえて、ディーナ・シーをもう少し深く語っていきたいと思います。

スポンサーリンク

ディーナ・シーのステータス、強い点、弱い点

ディーナ・シーのステータスですが、MAXLV90で
HP 568
ATK 265

これがソウル99になり、ソウルボーナスがついて最終的には
HP 568+200=768
ATK 265+1000=365

となります。

回復役ですので、攻撃力は少なくていいのですが、HPもイマイチかな?と。

そしてスキルですが、スキル1は全体回復、スキル2、スキル3は自己回復となんとも残念な仕様となっています。

この点を見てもやはり全体回復のできるモンスターよりも、一歩劣りますね。

「全体回復」もできますよ!なんていいながら、自己回復がメインの仕様となっていますので、こんな人の甘いセールストークにだまされてはいけません。

全然お得感がないです。

そして、アビリティの「ランダムカウンター」がまた曲者。

ダメージを受けると覚えているどれかのスキルで反撃」って事ですので、全体回復する可能性もあるのですが、基本的にこの手の小娘は自己中なので、自己回復すると思います。

たまに全体回復するものですから、ランダムカウンターに騙されて「おっスキルカウンターで全体回復できるじゃん。ひょっとして、有能?」なんて勘違いする人も出てくるかもしれません。

これに騙されて、コロッといく男性は一定数いると思います。

あなたはそうならないように気をつけてくださいね。

このアビリティ「ランダムカウンター」ですが、普通に「スキルカウンター」でスキル1で反撃するのであれば、もっと評価が上がったはず。

この辺が非常に残念ですね。

ディーナ・シーの俺的評価

ディーナ・シーの俺的評価ですが70点です。
評価は「B」です。

パーティのほかのモンスター、例えば、アルテミスなどのスキルにあわせてピースを並べていくと、自己回復します。

そして全体回復しようとすると、他のモンスターのスキルが作れなくなってきますので、とても使いづらいモンスターですね。

エレストのスタミナ回復待ちに

ちょっと前にテレビのCMで紹介されていた、Huluというサービスに、今、ハマッています。

月額933円、1日にわずか31円ほどのちょっと異常なほどの安さで、アニメ・ドラマ・映画などが全て見放題で、パソコン、テレビ、スマホ、タブレットなど、いろんな端末で見ることができます。

Huluで見ることができるラインナップをちょっとだけ紹介すると、  

まずアニメでは、ハンターハンター、名探偵コナン、進撃の巨人、進撃!巨人中学校、銀魂、妖怪ウォッチ、弱虫ペダル、犬とハサミは使いよう、エヴァンゲリオン、ちはやふるなど。

海外ドラマでは、新ビバリーヒルズ青春白書、ゴシップガール、HEROES(ヒーローズ)、24、ウォーキングデッドなどなど、すさまじい充実っぷり!

レンタルビデオと比べても、借りたり返したりするめんどくさい手間もなく、ネット上でサクッと好きなタイトルを選んで気軽に見ることが出来るので、とても便利

さらに、いまでは無料で2週間登録でき、いつでも解約できます。

無料期間中に試しに使ってみて、933円払いたくないな~って思ったら解約しちゃっても全然OK!

14日間 無料でお試し視聴ができる Hulu(フールー

衝撃! 世界のおバカ映像 」(4シーズン78エピソード)や「バ科学」など、日本では見ることができない海外のバラエティ番組もまた、とっても面白いんですよ。

本日の記事は以上です。
最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの記事
おすすめ記事
外食チェーン店の割引まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>