エレスト バロールの俺的評価70点!火属性に毒攻撃がいないのが残念

スポンサーリンク
スポンサーリンク

エレストのモンスター紹介、今回は「バロール」です。

破滅のオーラ」という覚醒アビリティは、変化前と変化後の属性を入れ替えてしまうということです。

例えば、バトルアリーナにおいて敵がファイアマジシャンを持っていたとしたら、ファイアマジシャンはピースを「木→火」にしますが、これが逆になるということであれば「火→木」ということになります。

相手に変換キャラがいれば、あまり痛くもかゆくもない、存在感のないアビリティですね。

これはちょっと使えないかな・・・。

とはいえ、バロールさんもちょっとは使い道があるはず!ということでその辺を詳しく探ってみましょう。

スポンサーリンク

エレスト バロールの評価と使い道、強い点と弱い点

まずバロールのステータスから。

LV99で
HP 989
ATK 453

と充分な体力と攻撃力を持ち合わせていますね。

これがソウル99になるとソウルボーナスによる増加が見込めますので、ソウル99だとこんな風になります。

HP 989+200=1189
ATK 453+100=553

平均点よりもちょっと低い感じかな?

ただソウルを上げていくと、最終的にはゴッドキラー100%になりますので、対ゴッドにおいては充分な火力を発揮すると思います。

そして、スキルですが、これまた特徴的ですね。

スキル2スキル3は相手が毒状態の場合に威力が上昇しますのでまず、スキル1で相手を毒状態にして、スキル2スキル2で攻撃・・・と。

ただ、スキル1での攻撃が「確率で相手が毒状態になる」ということですので、もしかしたら毒状態にするまで2,3ターンかかるかもしれないので、ココがちょっとハードルが高くなるかもしれませんね。

スキル1の確率次第では、後の攻撃力が左右されますので、その辺がちょっと使いづらいところ。

ですが、パーティにミレディなどを入れることによって、簡単に相手を毒状態に出来ますので、そういった使い方がオススメ。

スキルの形自体も、レベッカなどの火属性の高火力モンスターと似ていますので、パーティを編成するのには特に問題はなさそう。

出来れば、火属性に毒攻撃をもったモンスターがいればいいのですが、それがいないのが残念なところ。

近いうちに運営さんのほうが対応してくれるのではないでしょうか?

エレスト バロールのリセマラの評価

バロールのリセマラ俺的評価ですが70点です。
評価は「B」です。

アビリティの「弱点【光】」と「破滅のオーラ」が評価を下げました。

そして、火属性に、毒攻撃ができるモンスターがいればもっと点数は高かったはず。

現段階では70点かな?

これからリリースされる火属性のモンスターに期待したいですね。

エレストのスタミナ回復待ちに

ちょっと前にテレビのCMで紹介されていた、Huluというサービスに、今、ハマッています。

月額933円、1日にわずか31円ほどのちょっと異常なほどの安さで、アニメ・ドラマ・映画などが全て見放題で、パソコン、テレビ、スマホ、タブレットなど、いろんな端末で見ることができます。

Huluで見ることができるラインナップをちょっとだけ紹介すると、  

まずアニメでは、ハンターハンター、名探偵コナン、進撃の巨人、進撃!巨人中学校、銀魂、妖怪ウォッチ、弱虫ペダル、犬とハサミは使いよう、エヴァンゲリオン、ちはやふるなど。

海外ドラマでは、新ビバリーヒルズ青春白書、ゴシップガール、HEROES(ヒーローズ)、24、ウォーキングデッドなどなど、すさまじい充実っぷり!

レンタルビデオと比べても、借りたり返したりするめんどくさい手間もなく、ネット上でサクッと好きなタイトルを選んで気軽に見ることが出来るので、とても便利

さらに、いまでは無料で2週間登録でき、いつでも解約できます。

無料期間中に試しに使ってみて、933円払いたくないな~って思ったら解約しちゃっても全然OK!

14日間 無料でお試し視聴ができる Hulu(フールー

衝撃! 世界のおバカ映像 」(4シーズン78エピソード)や「バ科学」など、日本では見ることができない海外のバラエティ番組もまた、とっても面白いんですよ。

本日の記事は以上です。
最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの記事
おすすめ記事
外食チェーン店の割引まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>