4月23日はサン・ジョルディの日、何の日?由来は?意味は?

スポンサーリンク

4月23日はサン・ジョルディの日・・・まだ日本人にはあまりなじみがないかもしれませんが、本屋さんによく行く人であれば聞いたことがあるかもしれません。

スペインのカタルーニャ地方では、4月23日は、サン・ジョルディの日として、親しい人に本とバラを贈る記念日だそうです。

この文化を本屋さんが本の販売促進のために、日本に持ってきて記念日として定着させようとする戦略かどうかはわかりませんが、せっかくの機会だからと親しい人に本を贈るのであれば、もしかしたら「サン・ジョルディの日」ってなあに?なんて聞かれるかもしれませんね。

そんなときに困らないように、本日は、サン・ジョルディの日の由来や意味について書いていこうと思います。

本日の記事内容はこちら↓

  •  サン・ジョルディの日の由来  
  •  サン・ジョルディのドラゴン退治  
  •  まとめ  
スポンサーリンク

サン・ジョルディの日の由来

サン・ジョルディって何?誰?そもそも人?

まず思い浮かぶ疑問だと思います。

サン・ジョルディとは、歴史上の人物で、スペインのカタルーニャ地方の守り神で、ドラゴン退治の伝承を持つキリスト教の聖人です。

聖ゲオルギオスとも呼ばれています。

このサン・ジョルディが殉教したのが4月23日なので、この日をサン・ジョルディの日としたそうです。

最初は「本の日」ではなく、バラを贈りあっていた

サン・ジョルディという人物は伝説の中ではドラゴンを退治しています。

その退治されたドラゴンの血が赤いバラになったという言い伝えがあり、サン・ジョルディの日は、親しい人達の間でバラを贈りあう風習であったそうです。

ではなぜ「本」に?

4月23日という日付は、「ドン・キホーテ」の作者セルバンデスやの命日であり、シェークスピアの誕生日とも言われていて、文豪とかかわりの深い日でありました。

4月23日のこうした文豪との深い繋がりがきっかけで、バラを贈りあうサン・ジョルディの日と本が結びつき、4月23日のサン・ジョルディの日には、赤いバラとともに本を贈りあうようになったそうです。

サン・ジョルディのドラゴン退治

以下、伝説です。

昔、トルコのカッパドキアには毒を吐き人に噛み付く竜が住んでいました。

近くに住む人たちはこの竜に毎日羊を2匹づつ生贄にすることでなんとかしのいできましたが、とうとう生贄にささげる羊がなくなってしまいました。

そこで次は人を生贄にささげることになったのですが、その生贄を決めるくじで運悪く当たってしまったのが王様の娘さん・・・。

そんなときにタイミングよくサン・ジョルディが通りかかりました。

「よし、ならば私が助けよう!」

そして竜の元に向かったサン・ジョルディは竜の大きく開いた口に槍を一刺し。

たちまちのうちに竜は倒れてしまいます。

その瀕死の竜を村まで引っ張ってきてサン・ジェルディは一言

「キリスト教徒になりなさい。そうすればこの竜の息の根を完全に止めてやりますよ」

なんかものすごく納得のいかない竜退治の伝説・・・。

村人の弱みに付け込んで布教活動とは・・・。

「宗教に入れば救われますよ」ってパターンかいっ!

ヒーローだったらヒーローらしく、無言で立ち去ればいいのに、とは思いませんか?

まあ昔話ではよくあるパターンで、キリスト教でなければこの後、勇者とお姫様が結ばれたりするんですけれども・・・。

この辺のよくある王道ストーリーからパクッてきて、最後にはキリスト教の布教に結びつけるとはなんともかんとも・・・。

ちなみにサン・ジェルディが生まれたのは3世紀。

この竜退治の伝説が生まれたのは11世紀から12世紀といわれています。

まとめ

竜退治の伝説はいかがなものかと思いますが、親しい人に本屋バラを贈るのはとてもいいことだと思います。

最近では電子書籍が流行っていますが、紙の本もまた電子書籍にはない味わいをもっていますので、最近本を買っていないという方は、これを機会に本を買って読んでみてはいかがですか?

本日の記事は以上です。
最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの記事
おすすめ記事
外食チェーン店の割引まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>