5月3日は憲法記念日、由来と文化の日との違いについて子供にもわかりやすく説明します

スポンサーリンク
スポンサーリンク

5月3日は憲法記念日、憲法の制定を記念する日で、国民の祝日となっています。

最近では、日本国憲法の中でも戦争放棄について書かれた9条がとりわけ問題になっており、9条の解釈の違いや憲法改正などと、5月3日に集会を行って、9条について改めて考え直してみる機会にもなっていますね。

ですが、5月3日は憲法記念日として一般に認知されていますが、11月3日の文化の日も憲法にかかわる祝日です。

5月3日と11月3日、ちょうど半年違いますが、これってか関連があるの?

憲法記念日と文化の日の意味の違いは何?

眠れなくなるほど気になるわけではないけれど、ちょっとっこ頃の片隅に引っかかるものが・・・。

そこで今回は、憲法記念日と文化の日の違いについてまとめてみました。

本日の記事内容はこちら↓

  •  憲法記念日の由来  
  •  憲法記念日と文化の日の違い  
  •  公布日をめぐる議論  
スポンサーリンク

憲法記念日の由来

憲法記念日の由来はもう見たとおり、日本国憲法が施行された日です。

1947年(昭和22年)に日本国憲法が施行され、翌年の1948年(昭和23年)に祝日法によって祝日とされました。

憲法記念日と文化の日の違い

子供向けにわかりやすく説明すると、憲法記念日と文化の日の違いはこんな感じになると思います。

文化の日は11月3日、憲法記念日は5月3日、ちょうど半年違いますね。

11月3日と言うのは日本国憲法が発表された日なんです。

要するに、「これからは、新しい日本国憲法を使っていきますよ」って公式発表があった日。

そしていきなり、新しい憲法を実施するわけにも行きませんから、半年間の準備期間を必要としたわけ。

その準備期間で、例えば役所などは新しい憲法に沿った書類を作ったりしたりして、新しい憲法に対応していけるようにするわけなのです。

そうした準備期間を経て日本国憲法が実施された日が11月3日から半年後の、5月3日なので、5月3日は憲法記念日となっています。

こんな感じで、子供に説明してやるとわかりやすいんじゃないかな?

公布日をめぐる議論

5月3日が憲法記念日なのですが、これを決める際には色々議論があったそうです。

最初に提案されたのが、5月1日ですが、この日はメーデーという事もあり、国際的な記念日なので、かぶせるわけにもいかない・・・

ということで、次に提案されたのが5月5日。

語呂がよく覚えやすいのですが、もともと5月5日は男子の節句であり、男女平等をうたった新憲法にはちょっとふさわしくないかな?

ということで、5月3日に決定したそうです。

本日の記事は以上です。
最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの記事
おすすめ記事
外食チェーン店の割引まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>