エレスト クロウ・クルワッハの俺的評価85点!バトルアリーナで使ってみたい!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

エレストのモンスター紹介、今回は「クロウ・クルワッハ」です。

闇のオーラ変換、出来れば★7のモンスターがいいなあ~って思っていましたが、見事期待にこたえてくれました!

こんなモンスター、待っていたんです。

しかも、スキルの形が私好み!

ほら闇パーティって、ハデスみたいなスキルの形が「L」字のモンスターがけっこう幅をきかせているではないですか?

そのハデス系のスキルは他の闇属性のパーティとスキルの相性が悪いので、私の中ではとても使いづらいんですよね。

ハデスが強いから、なおさら悩んでしまう・・・。

闇属性のスキルの形が「T」字や「+」字の使えるモンスターがもっと増えないかなっと思っていたところに、ズバッとハマってきた「クロウ・クルワッハ」、私ならどう使うかを含めてさらに詳しく紹介していきたいと思ます。

スポンサーリンク

エレスト クロウ・クルワッハの評価と使い道、強い点と弱い点

まずクロウ・クルワッハのステータスから。

LV99で
HP 1027
ATK 448

と充分な体力と攻撃力を持ち合わせていますね。

これがソウル99になるとソウルボーナスによる増加が見込めますので、ソウル99だとこんな風になります。

HP 1027+200=1227
ATK 448+100=548

平均点よりもちょっと低い感じですが、私の中では合格点。

なんせアビリティで、ピース変換してくれますので他のピース変換キャラと比べると、充分な数値だと思います。

クロウ・クルワッハとワルプルギスナハトがパーティいれば、ピース不足は解消されるんじゃないかな?

ピース変換キャラいらずで、そのあいた枠にもう一人、高火力モンスターを入れることが出来ますね。

そして、私が注目しているのはスキル3の「ブラックオインフェルノ」、自身のHPが少ないほど威力が上がる超強力な闇属性攻撃・・・なんてありますので、バトルアリーナでヌトの攻撃を受けて瀕死になってもこれさえあれば充分返り討ちが出来るので出はないでしょうか?

闇パーティのヌト対策は、彼で決まりですね。

私的にはバトルアリーナは、最近では勝ち負けを度外視して楽しんでいますので、カーリーと一緒に組ませてみるもの面白いかも・・・なんて思っています。

スキルの形も一緒だしね。

エレスト クロウ・クルワッハのリセマラの評価

クロウ・クルワッハのリセマラ俺的評価ですが85点です。
評価は「A」です。

バトルアリーナで変換ピースが5個未満なので、変換出来なくて高火力のスキルが発動できない・・・なんて負けパーターンがありますが、オーラ系の変換キャラは4個以下でも変換してくれるので、これはありがたいですね。

90点にしたいところだけど、ハデスと相性がわるいから85点ということで・・・

エレストのスタミナ回復待ちに

ちょっと前にテレビのCMで紹介されていた、Huluというサービスに、今、ハマッています。

月額933円、1日にわずか31円ほどのちょっと異常なほどの安さで、アニメ・ドラマ・映画などが全て見放題で、パソコン、テレビ、スマホ、タブレットなど、いろんな端末で見ることができます。

Huluで見ることができるラインナップをちょっとだけ紹介すると、  

まずアニメでは、ハンターハンター、名探偵コナン、進撃の巨人、進撃!巨人中学校、銀魂、妖怪ウォッチ、弱虫ペダル、犬とハサミは使いよう、エヴァンゲリオン、ちはやふるなど。

海外ドラマでは、新ビバリーヒルズ青春白書、ゴシップガール、HEROES(ヒーローズ)、24、ウォーキングデッドなどなど、すさまじい充実っぷり!

レンタルビデオと比べても、借りたり返したりするめんどくさい手間もなく、ネット上でサクッと好きなタイトルを選んで気軽に見ることが出来るので、とても便利

さらに、いまでは無料で2週間登録でき、いつでも解約できます。

無料期間中に試しに使ってみて、933円払いたくないな~って思ったら解約しちゃっても全然OK!

14日間 無料でお試し視聴ができる Hulu(フールー

衝撃! 世界のおバカ映像 」(4シーズン78エピソード)や「バ科学」など、日本では見ることができない海外のバラエティ番組もまた、とっても面白いんですよ。

本日の記事は以上です。
最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの記事
おすすめ記事
外食チェーン店の割引まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>