こどもの日とは?「こいのぼり」や「ちまき」の由来と、こどもと一緒に作れる簡単レシピを紹介します

スポンサーリンク
スポンサーリンク

5月5日はこどもの日。

おじいちゃん、おばあちゃんはこの日を「端午の節句(たんごのせっく)」なんていいますね。

この端午の節句の「端午」の意味は
端・・・端っこ(はしっこ)、すみ、はじまり 
午・・・旧暦で午の月は、5月

また、「午」という漢字は「ご」と読みますので、5日というこじつけから、は5月5日は「端午の節句」ということになっています。

ところで、こどもの日といえば「こいのぼり」や「ちまき」といった定番がありますがそれぞれに由来がありますので、本日は5月5日にかかわる色々な由来や意味についてまとめてみました。

そして、こどもの日にお子さんと一緒に作ることができる簡単なレシピも紹介していこうと思います。

本日の記事内容はこちら↓

  •  こいのぼりの意味・由来  
  •  ちまきの由来
  •  菖蒲(しょうぶ)に関する由来  
  •  こどもの日にお子さんと一緒に作る簡単レシピ  
スポンサーリンク

こいのぼりの意味・由来

 

こどもの日のこいのぼりの由来は、江戸時代までさかのぼります。

5月になると冬の寒さもどこへやら・・・

だんだん気温が高くなって、外で遊ぶにはもってこいの季節になりますね。

江戸時代では武士の家では、5月5日になると虫干しをかねて先祖伝来の兜や鎧を奥座敷に、のぼりを玄関先に虫干しするようになりました。

一方商人家では、先祖伝来の兜や鎧といったものがありませんので、五色の吹流しをこの日に飾るようになったそうです。

そして、これでは芸がないと思ったのか、みんなと違ったことをやって目立ってやれ、と思ったのかは知りませんが、その吹流しに鯉の絵を描くようになったのです。

なぜ鯉なの・・・?

5月5日のこどもの日にこいのぼりを飾る理由は、鯉が滝を登って竜になって天に昇ったという言い伝えから、「こどももすくすく育って鯉のように出世してほしい」という願いが込められています。

こいのぼりを子供向けに説明すると

「こどもの日はどうしてこいのぼりを飾るの?」

なんてお子さんに聞かれたときは

昔、鯉は滝をのぼり、竜になって天に登ったという伝説があるんだよ。

だから、子供にもそういう風に元気に育って出世してほしいという願いをこめて、こどもの日にはこいのぼりを飾るんだよ。

ってな感じで説明したら、保育園にかよう子供でも簡単でわかりやすいと思います

ちまきの由来 

昔、中国に屈原という詩人がいました。

彼の命日が5月5日で、彼をしたう人達が、5月5日に彼が身を投げた川に向かってちまきを投げ入れ供養したことがいつの間にか端午の節句と結びついて、5月5日にちまきを食べるようになったそうです。

菖蒲(しょうぶ)に関する由来 

 

地方によっては、5月5日は菖蒲(しょうぶ)を風呂に入れて、菖蒲湯にして楽しむところもあるそうですね。

菖蒲(しょうぶ)は尚武と読みが同じところから、また、葉の形が剣を連想させることから男子のお祝いである端午の節句で使われるようになったそうです。

尚武とは・・・武道・武勇を重んじること。

こどもの日にお子さんと一緒に作る簡単レシピ

こどもの日なんで、こどもが主役で子供でも料理を楽しめるものがいいかな~と思って私が選んだのは、たこ焼き器でコロコロ丸く作るベビーカステラ

材料を混ぜるのも簡単だし、たこ焼き器でコロコロ焼くのも子供にとっては危なくないと思います。

ホットケーキミックスと牛乳で生地を作って、たこ焼き器でコロコロ楽しく焼いてみてはいかがですか?

クックパッドのレシピはこちらです↓

URL http://cookpad.com/recipe/3559734

せっかくたこ焼き器を使うのだったら・・・

こどもの日にはタコパーティをしてみてはいかがですか?

たこ焼き器でいろんなものを作れば、こどもも大はしゃぎで楽しい思い出になるのではないでしょうか?

変わりネタ厳選10レシピ!たこ焼き器で作れるオススメのレシピ
せっかくたこ焼き器を使うのだったら、たこ焼きだけ作るのはもったいない!例えば、ホットケーキミックスでベビーカステラを作ってみたり、プチやきお...

本日の記事は以上です。
最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの記事
おすすめ記事
外食チェーン店の割引まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>