父の日にプレゼントを贈る前に知っておきたい「花」と「由来」

スポンサーリンク

母の日といえば、5月の第2日曜日で、その日にお母さんに贈る花はカーネーションです。これはもうご存知ですね。

父の日は6月第3日曜日っていうのは知っていると思いますが、その日にお父さんに贈る花って知ってますか?

実は私、知らなかったんです。すみません・・・。私がこどもの頃は、母の日はカーネーションの花を贈る、というのはありましたが、父の日は・・・記憶にない、です。

父の日に贈る花は、いつごろから決まったんだ???

おとうさん、ありがとう

知らないと、世の中の頑張るお父さんに申し訳ないと思いまして、父の日に贈る花と、父の日の由来を調べてみました。

  • 父の日の由来
  • 父の日に贈る花
スポンサーリンク

父の日の由来

これは、1900年代までさかのぼります。

当時、アメリカのワシントン州に、ソノラ・スマート・ドッド(Sonora Smart Dodd)という婦人が住んでいました。彼女の父親は、アメリカ南北戦争を退役した後、男手一つで、なんと6人もの子供を育てたのです。

その父をたたえるために、教会の牧師にお願いして、礼拝をしてもらったのが1909年。これが父の日の始まりとされています。

そんな頑張り屋の父に育てられた婦人は、「母の日があるなら父の日もあっていいのでは」と思い、父に感謝しようと、牧師協会に嘆願し始めたのが翌年の1910年。ちなみに6月は、婦人のお父さんの誕生月。

その後、そうしたムーブメントがアメリカ各地に拡大し、1916年にはアメリカ全土で行われるようになりました。

最終的に、アメリカで父の日(father’s day)が、正式に祝日となったのは、1972年。

ちなみに、日本で一般的になってきたのは、1980年代になってからです。

父の日の由来には、アメリカを、そして世界を動かした、ソノラ婦人のお父さんに対する深い愛情があったんです。

ひとこと!

父の日が正式に決まったのは1972年ですが、それより以前の1966年には、大統領告示として、6月第3日曜日は父の日と定められました。

正式に国の記念日になったのは1972年です。

父の日に贈る花

3a604779519c78e3a129a2b44bf17337_m

母の日に、お母さんに贈る花は「カーネーション」ですが、一般的に、父の日にお父さんに贈る花は「バラ」とされています。

これもちゃんとした由来があり、ソノラ婦人が、父親の墓前に供えた花が「白いバラ」だからだそうです。

ひとこと!

黄色いバラがどうやら父の日の定番になりそうですが、これは、日本のファーザーズ・デー委員会という団体の「父の日黄色いリボンキャンペーン」と「バラ」が混ざって「黄色いバラ」になったのではないかと思います。

まとめ

6月の第3日曜日は父の日。贈る花は「バラ」だそうですが、これは、気持ちが伝われば特に問題ないと思います。

大切はのは感謝の気持ち。一年に一度だけですので、恥ずかしがらずに、お父さんに素直に伝えてみませんか?

「ありがとう、お父さん!」

〈関連〉かわいい!おしゃれ!無料で使える便箋テンプレート5選

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの記事
おすすめ記事
外食チェーン店の割引まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>