どなったり叩くよりも効果的な、スーパーでの子供のしつけ方3つ

スポンサーリンク

こら!
静かに!約束したでしょ!
おとなしくしていなさい!

この前スーパーで見かけた光景ですが、はしゃぎまわっているこどもを、親が注意していました。

そのおこさんは、常習犯!

笑顔が可愛くニコニコしながら、見かけるたびにいつも元気にスーパーを走り回っていました。

悪気はないんですよね、こどもは。

スーパーは、こどもにとってはまるでちっちゃな遊園地

普段見慣れないものが所狭しとあるので、好奇心旺盛な子供は興味津々。

興味が色々なものに移り、あれやこれやとせわしなく動き回ってしまうもの。

また逆に、普段見慣れないものに囲まれたり知らない人が大勢いるところでは、不安になって泣いたり奇声を上げてしまうもの・・・。

しかし親としてはそれがとても心配であり、悩みの種であったりします。

スーパーに限らず、電車の中や病院といった公共の施設内で、

・ 子供がはしゃぐ
・ 抱っこやカートを嫌がる
・ 騒いだい泣いたり奇声をあげたりして大きな音を立てる  

といった悩みはけっこう多いようです。

しかも、それを放っておくと最悪の場合、

・ 商品や備品を壊す
・ 周りの人にぶつかったりして迷惑  
・ 怪我をしてしまう  

といった事態まで発展してしまうかもしれません。

実際、私もスーパー内で、商品棚の影から子供が勢いよく飛び出してきてぶつかりそうになったことが何度かあります。

スーパーにいくと、こどもとぶつからないように普段から気をつけているのですが、やはり見えないところから子供が飛び出してきてぶつかりそうになると、ヒヤヒヤしますね。

という私も前科者、幼い頃は色々親を悩ませていました。

そんなおこさんを普段、どうやってしつけていますか?

注意してもすぐ忘れたり、怒ってみても効果薄・・・さすがに叩くわけにはいかないので困り果てている親御さんも多いと思います。

そこで今回は、公共の場所でちっちゃな怪獣をうまく手なずける方法を3つお伝えしていきたいと思います。

本日の記事内容はこちら↓

  •  「対話と約束、飴と鞭」作戦  
  •  「責任を持たせる」作戦
  •  「ヤマタノオロチ攻略」作戦
スポンサーリンク

それでは1つずつ紹介していきたいと思います。

「対話と約束、飴と鞭」作戦

スーパーに入る前にこどもと約束しましょう。

言葉は何でもいいので、こどもが知っている言葉でわかりやすくするのがいいですね。

例えば、

スーパーは家とは違い、多くの人が利用するところ。だから、みんなに迷惑にならないように静かにしていないと駄目ですよ

と、こんな感じでいいと思います。

そして、飴と鞭を用意します。

もし買い物が終わるまで静かにしていたら好きなお菓子を1つ買ってやるけど、静かにできなかったら、抱っこだよ

と、鞭だけでも駄目、飴だけでも駄目

両方をしっかり機能させてこどもに約束を守ってもらいましょう。

「責任を持たせる」作戦

100均にいくと子供用の小さい買い物かごが売っていますよね。それを子供に持たせて、一緒に買い物に参加させる作戦です。

買い物の途中で、こどものかごになるべく軽くて子供が喜びそうなものを入れることで、こどもを一緒に買い物に参加させます。

こどもはママのやっていることを真似したがるので、こどもにママと一緒のことをさせることで、こどもは安心します。

そのため、「大きなところにいる」「見知らぬところにいる」「知らない人がいる」といった日常とは違う不安が軽減され、ママと一緒という安心が生まれますので、子供が泣かなくなったり奇声を上げたしなくなる効果があります。

自宅でアプリを使って野菜を勉強して、買い物カゴに入れてもらうのはいかがでしょうか?

http://switch-blog.net/archives/2254

ちっさなお母さんが「どれにしようか・・・」と、野菜を選んでいる様子は、ほほえましいですね。

「ヤマタノオロチ攻略」作戦

ヤマタノオロチを退治した神話を知っていますか?

ヤマタノオロチにお酒を飲ませて、グデングデンに酔っ払って眠ったところを退治したんですが・・・これを子供にやってみましょう。

といっても、こどもにお酒を飲ませてはいけません。(あたりまえですが・・・)

子供と買い物に行く前に、公園などで全力で遊ばせておいて、充分に疲れさせてから買い物に行ってみてはいかがでしょうか?

体力を奪われたヤマタノオロチは、スーパーで買い物しているときは、きっとおとなしくなって野放しにしても大丈夫だと思いますよ。

まとめ

「まとめ」というか追記ですが、上に書いた3つの対策以外にも、

旦那さんの仕事帰りに買い物をしてもらったり、最近では24時間開いているスーパーもありますので旦那さんが帰ってきたら子守りを交代してもらって、夜遅く買い物に行くのもいいかもしれませんね。

そんなときはこんなアプリが便利です。

アプリで買い物リストを家族で共有(シェア)!おすすめ無料アプリ「Frognote」を紹介します
買い物が終わって帰り道の途中、ふと 「あっ!あれを買い忘れた!!!」なんて時が、年に何回かあります。緊急性のないものであれば、また今度でいい...

くれぐれも「こどもがうるさいから」という理由で子供をたたいたり、スーパーの駐車場で車内放置だけはしないようにお願いします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの記事
おすすめ記事
外食チェーン店の割引まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>