生え際がひどい!治らないの?産後の抜け毛の原因と対処法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

出産してから、抜け毛がひどい!

もちろん、妊娠・出産といった体に負担のかかることをやったのですから、ホルモンのバランスが一時的に崩れたり初めての育児という事でストレスが原因、という事はなんとなくわかっているのですが・・・。

この抜け毛、いつごろ終わるの?

産後の抜け毛に効果的なシャンプーはあるの?

みんなどうしているの?

と、ちょっと気になることばかり。

確かに、今までも抜け毛はありましたが妊娠・出産を機にそれがありえないほどに大量になっている人も多いそうです。

・ お風呂の排水溝で沢山からまっている
・ 枕にいつもより多く髪の毛が残っている  
・ 掃除のときに髪の毛が目立つ

といったことがきっかけで、自分の抜け毛に気付く人も多いんではないでしょうか?

そして、それがきっかけで

・ ストレスでさらに髪の毛が抜ける
・ 髪の毛に無頓着になり、潤いがなくなったりパサパサする  
・ 最悪の場合、カツラ・・・

なんて悪い未来を想像しているかもしれません。

ちょっと待ってください。

産後の抜け毛は確かにひどい人もいますが、一時的なもの。

そこで本日は、産後の抜け毛の時期と効果的な解決法をまとめてみました。

本日の記事はこちら↓

  •  産後の抜け毛の時期(始まりと終わり)  
  •  産後の抜け毛の対処法
  •  産後の抜け毛との向き合い方
  •  まとめ
スポンサーリンク

産後の抜け毛の時期(始まりと終わり)

妊娠・出産は、女性のホルモンバランスが崩れますので、一般的には妊娠中は女性ホルモンが多くなり、その関係で髪の毛が増える傾向があるそうです。

そして、出産を境にホルモンバランスが崩れ、正常に戻るまでは体に異変が出てくるそうです。

産後の抜け毛もそのうちの1つ。

だいたい赤ちゃんの首が座る頃から抜け初め、腰が座る頃におさまるといわれていますが、調べたところ、これといった抜け毛の決まった時期はありませんでした。

個人差が大きいものだと思います

中には、一人目の出産時は抜け毛がなかったが、二人目の出産が終わってからはじめて産後の抜け毛を体験した人もいました。

お笑い芸人の「くわばたりえ」さんも産後の抜け毛で悩んでいたそうです。

https://www.youtube.com/watch?v=lHW84hkCM3o

産後の抜け毛の対処法

産後の抜け毛に対する対処法は、主に

しっかり寝ること
ストレスをためないこと
充分な栄養を取ること

の3つが上げられます。

この3つですが、それぞれ詳しく書いていくと記事が長くなってしまいますので個別の記事にまとめました。

頭痛やイライラの原因!産後の睡眠不足の簡単な解消法3つ

簡単!無料で出来る、産後のストレス解消法5選

肌荒れ、イライラ、産後のホルモンバランスの乱れに効果的な食事を紹介します

この3つは、ホルモンのバランスをよくしますので、妊娠・出産でバランスの崩れた体内ホルモンをなるべくはやく正常に戻していきましょう。

このほかにも、頭皮マッサージは効果的です。

産後の抜け毛との向き合い方

ホルモンバランスが不安定という事で、産後は髪の毛がパサパサになったりします。

もし自分がそうなってしまった場合、しばらくはカラーやパーマはやらないほうがいいかもしれません。

落ち着いてきた頃に美容師さんと相談して、カラーやパーマなどはじめるのをオススメします。

美容師さんは髪の毛のプロフェッショナルですので、同じような相談も多数受けています。

髪の毛を見ながら自分の状況に合ったアドバイスをしてくれると思いますよ。

そしてシャンプーですが、今までどおりでいいよ!それより大事なのがホルモンバランスを整えること、ストレスをためないこと、気にしすぎないこと、という意見が多かったです。

まとめ

産後の抜け毛は一時的なものとわかっていても、なってみるとやはり不安なもの。

日ごろから、相談したり愚痴をいってストレスを発散できるママ友に相談してみるのもいいかもしれません。

たとえ答えは出なくても、相談するだけでも気が楽になりますよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの記事
おすすめ記事
外食チェーン店の割引まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>