頭痛やイライラの原因!産後の睡眠不足の簡単な解消法3つ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

あれ?こんなはずじゃなかったのに・・・

大変な出産を終え、これからは大好きな赤ちゃんと一緒にられることで、楽しい毎日が待っていると思っていたのですが、どうも最近イライラしてしまう。

子育てってこんなに難しかったの・・・息が詰まってしまいそう

赤ちゃんが寝たり起きたりするのはとても不定期なので、おかげでこっちは睡眠不足

赤ちゃんは泣くのが仕事」と分かっていても、いざ自分が直面してみると本当に大変。

この前も、近所の人がお祝い金を持って来てくれたのですが、寝不足でとてもイライラしていたので、ちゃんと対応できなかった・・・。

こんなことは続けば近所にも悪い評判が流れるので、どうにかしたい!

と、出産を終えて子育てになってみると睡眠不足になってしまい、それでお困りの人も多いと思います。

その結果

  •  いつもイライラしてしまう
  •  慢性的な頭痛  
  •  子育てを楽しみたいのに楽しめない自分に嫌気がさす  
  •  近所の人やママ友とちゃんと対応したい
  •  睡眠不足による吐き気や肌荒れ

といった睡眠不足の不満を解消できない人も案外いるようですね。

とにもかくにも睡眠不足をなんとかしないと、このままでは息がつまってしまいそう!

そこで今回は、産後の睡眠不足の解消法(睡眠時間のとり方)についてお伝えしていこうと思います。

本日の記事はこちら↓

  •  実家や頼れる人に甘える  
  •  実家の居心地が悪いのであれば自分の思い通りにする  
  •  旦那さんに手伝ってもらう
  •  まとめ
スポンサーリンク

実家や頼れる人に甘える

里帰りは最初の1か月だけだよ」なんてたまに耳にしますが、赤ちゃんの授乳やおむつ替えでまとまった睡眠時間が取れないのであれば、どうしても寝不足になってしまいますので、一ヶ月を過ぎても、思い切って実家に頼ることも必要だと思います。

人生の先輩である自分の母親であれば、きっと事情は分かってもらえるはず

寝不足なので睡眠を取りたいから子守を変わって

と直接いいにくいのであれば、

お母さんは、私が生後3カ月の時は、どうやって睡眠時間を確保していたの?

と聞いてみて、その流れで甘えてみてはどうでしょうか?

実家の父親や母親も孫に会えるのを楽しみにしているはず。

二つ返事で手伝ってくれるかもしれませんね。

実家の居心地が悪いのであれば自分の思い通りにする

逆に実家にいて居心地が悪いのであれば、旦那さんの元に早めに帰って自分のペースで色々やってみたほうがいいかもしれません。

食器や洗濯の洗い物などを溜めておいて一気に片づけるといった要領のいいやり方が、実家にいると出来ないのであれば、実家を離れて自宅に戻り、自分のペースで色々こなすほうが楽かもしれませんね。

「実家に頼る」と「自宅に戻る」、両方矛盾するようなことを書いて申し訳ないのですが、ようは実家と自宅をうまく使い分けて、自分のストレスや負担にならないようにしていくことが一番大切だと思います。

旦那さんに手伝ってもらう

 旦那さんに育児や家事などを手伝ってもらうのがスムーズに行くとだいぶ楽になると思います。

とはいっても、旦那さんもお仕事でつかれているでしょうし・・・。

なかなか頼みにくいのかもしれません。

しかしながら睡眠不足では、お弁当を作ることも出来ませんし、掃除や洗濯などといった家事にも影響が出てきますので、ちょっと時間をとって育児の大変さについて旦那さんと話してみてはいかがでしょうか?

まとめ

 「あかちゃんが寝たときに一緒に寝る」という意見もネットでは多数見られました。

結構赤ちゃんと一緒に昼寝して、チョコチョコ睡眠をとっているようです。

しかし、「赤ちゃんがすぐ起きて泣いたりするので、まとまった睡眠時間は取れない」という意見も同様にありましたので、今回は「ちょい寝」の仕方ではなく、まとまった睡眠時間のとり方についてのみの記事を作ってみました。

ただ、短い時間の昼寝は意外と効果が高く、「夜の睡眠の3倍の疲労回復効果」があるとも言われていますので、赤ちゃんと一緒にチョコチョコと短い時間でも寝るのも疲労回復に効果的です。

生まれたばかりの赤ちゃんの面倒を見るのは思った以上に重労働。

一人で背負わずに周りに相談してうまく乗り切っていってください。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの記事
おすすめ記事
外食チェーン店の割引まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>