部屋干しで臭ってしまう洗濯物をにおわなくする!すぐできる簡単な3つの工夫

スポンサーリンク

洗濯

部屋干し専用の洗剤を使っても・・・臭う。そんな経験ありませんか?

私も部屋干しする機会が多く、部屋干し用の洗剤を使っていますが、臭うときと臭わないときがあるのに気付きました。

というのも、以前からへ部屋干し用の洗剤を使っており、こんなことなかったのですが、この前の日に限りちがったんです。

洗濯物を部屋内に干してから外出し、夜8時ごろかな、帰ってきたら、あきらかに部屋のにおいがちがうんです・・・。

臭いをたどっていくと、洗濯物からでしたので、泣く泣くもう一度洗いなおしました。

そこで今回はこのような大惨事が二度と起きないように、部屋干ししても臭わないコツを調べました。

  • なぜにおう?洗濯しても臭い、その原因
  • どうすれば「あのにおい」を防げるか?簡単にできる対策
スポンサーリンク

なぜにおう?洗濯しても臭い、その原因

これは、私も調べてびっくりしました。

まず結論から書くと、においの原因は落としきれてない汚れや雑菌だったのです。洗濯機や洗剤が日進月歩で進化している中、汚れは落としきれているんだろうと勝手な思い込みをしていたんですが、実はそうではなかったんです。

まず、洗濯には2つの意味があります。

一つは汚れを落とす。もう一つは、殺菌作用です。

一つ目はなんとなくわかりますね。泥や油やほこりなど、生活の中でをする上でどうしてもついてくるいらないものを落とすことです。この汚れの中には汗や皮脂といった分泌物や老廃物も含まれます。これを落とすのが一つ目の意味。

もう一つが殺菌作用です。殺菌作用については、これは、洗剤によってまちまちです。洗剤はもともと汚れを分解したりする作用のみが大半で、その中で、「部屋干し用洗剤」は、殺菌作用のある成分が含まれていますよ!ってことなんです。

ですので、部屋干し用洗剤で洗った衣類は殺菌作用成分のおかげで、殺菌増殖によるにおいが少ないのです。

このことを踏まえて、しっかりと対策をとっておきましょう。

ひとこと!

逆にお天気のいい日に洗濯物を干すと、あの嫌なにおいがしないのは、日光(紫外線)による、殺菌作用があるからです。

天気のいい日にはなるべく外に干しましょう。

洗濯物

どうすれば「あのにおい」を防げるか?簡単にできる対策

これも結論から書いていきます。

  • 洗濯機に洗濯物をいっぱい詰め込まない
  • 洗濯物を干す場所は風通しを良くする
  • スプレーをシュシュ!

この3つで簡単に部屋干しのあの嫌なにおいからオサラバできます。

洗濯機に洗濯物をいっぱい詰め込まない

洗濯機に洗濯物を目いっぱい詰め込んでしまうと攪拌作用が悪く、洗剤の成分が隅々までいきわたらず、結果として、せっかく部屋干し用の洗剤を使っても効果半減です。

また、洗濯物が多すぎるため、洗いきれずに汚れや雑菌が充分に落ちないことも考えられます。

洗濯物はためずに、こまめに洗濯しましょう。

洗濯物を干す場所は風通しを良くする

室内を締め切ってしまうと、空気が動きませんので、乾きが遅く、そうこうしているうちに生乾きの部分で雑菌が繁殖してきます。

この問題は、扇風機を使うことによって解消されます。また、洗濯物を干す際には、充分な隙間をあけて空気の通り道を作りましょう。

ひとこと!

扇風機と除湿機をダブルで使うのがより効果的!ですが、扇風機だけでも充分効果ありますよ!

スプレーをシュシュ!

これが良く効きます!

洗濯物を干してすぐ外出するので、扇風機のつけっぱなしはちょっと・・・。って方にオススメ。

除菌用アルコールスプレーを半乾きの洗濯物にシュシュっと振り掛けることで、全然匂わなくなります。

ようは、洗剤で落としきれなかった雑菌を殺せばいいのですから、これは調べてから「やられた!」っておもいました。除菌スプレーは知っていたけどその発想はなかった!

まとめ

洗濯するときはお天気と相談してやっていますが、どうしても天気の悪い日に洗濯しなければならないこともあります。

ほんのちょっとした工夫で部屋干しのあの嫌なにおいを取ることができますので、やってみてはいかがですか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの記事
おすすめ記事
外食チェーン店の割引まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>