中学生?高校生?脱毛はいつから?年頃の子を持つ親の悩みとその回答例

スポンサーリンク

お母さん、脱毛サロンに行きたい!

思春期に入り、美容に目覚め、そろそろ回りの男性の目が気になってくる年頃のおこさんを持つ親としてはちょっとなんて答えていいか難しい問題ですよね。

美容に目覚めるのはとてもいいことだけれども、いきなり脱毛サロンはちょっとはやいんじゃないの?

なんて、一度はいってみたものの・・・これだけでは、娘の意見を否定しているだけできちっと向き合っていないな。

今度はちゃんと娘の気持ちに向き合ってきちっと答えを出してやろう

思春期の悩みは今後の人生にも影響が出ますので、

  •  肌トラブルとか起したら後で後悔する  
  •  精神的な悩み抱えてて、そしてショックを受ける  
  •  受験にも影響
  •  いじめの対象になる
  •  男性から嫌われる

なんて事にもつながりかねません。

「脱毛なんてまだ早い」なんていってみても、お子さんは第二次成長がはじまり、体にいろいろな変化が生まれていますので、一番戸惑っているのは本人ではないでしょうか?

それを否定するのは簡単ですが、「じゃどうすればいいの?」といわれたらちょっと戸惑ってしまう・・・。

娘さんは青春真っ只中!

本当は応援してあげたい!

という本音も持っている私・・・。

恋する乙女の気持ちを分かってあげる余裕のあるカッコいい大人になってみませんか?

ということで、本日の記事内容は、「脱毛サロンに行きたい」というお子さんを持つ親が出来ることを紹介したいと思います。

本日の記事はこちら↓

  •  毛深いとからかわれたりしていじめの対象に  
  •  自己流の脱毛は危険
  •  一度はプロに聞いてみるべき
  •  初めての脱毛サロンはここ
  •  親子2人で行ってみるべき理由
  •  脱毛サロンに行く前に聞きたいことを準備する  
  •  自分も楽しんじゃう
  •  まとめ
スポンサーリンク

毛深いとからかわれたりしていじめの対象に

子供が第二成長を迎えると体にいろいろな変化が起きてきます。

わきの下や腕、すねといったところに毛が生えてくるのも、そのうちのひとつ。

個人差はありますが、小学校高学年から中学生にかけてが一般的なようです。

それを放っておくことで、いじめやからかいの対象になったり、男性に嫌われたりする原因になったりもします。

思春期の悩みというのは、本人にとってみれば結構深刻なものです。

それが原因で周りとうまくコミュニケーションが取れなくなってしまって引きこもりがちになったり、最悪の場合、受験や就職などにも影響が出ることが考えられます。

自己流の脱毛は危険

自己流で脱毛をすることはとっても危険。

例えばカミソリで処理するとしても、

  •  肌を削ってしまって肌が傷つく
  •  何年か続けて皮膚に色素沈着を残してしまう
  •  黒くプツプツしたのが残る

といったことが考えられます。

それに加え、今までカミソリを使ったことのない中学生がはじめてカミソリを使って脱毛をするのですから、失敗するのは目に見えています。

ではどうするか?

一度はプロに聞いてみるべき

親御さんがきっちりと脱毛に関しての的確なアドバイスをしてあげることが出来ればいいのですが・・・できますか?

実はあんまり・・・自信がない

という方も多いと思います。

自分でアドバイスしてやりたいけど、どうやったらいいのかわからない。

自分も自己流なので、自分のやり方が娘にあうかどうかちょっと心配。

でも、せっかく生まれた美意識は大事にしたい。

そこで一番オススメする方法は

その道のプロに聞いてみること

娘さんと一度脱毛サロンに行って、無駄毛との付き合い方を聞いて見ることをオススメします。

しかし・・・脱毛サロンて料金がたかいんでしょ?

いやいやそんなに高くないですよ。

初めての脱毛サロンはここ

私がオススメする脱毛サロンはミュゼプラチナム

両ワキ、Vライン美容脱毛完了コースがWEB予約限定で100円の料金となっています。

100円

これなら家計の負担にもならないんじゃないでしょうか? 

 ですが、気をつけてほしいことが1つあります。

親子2人で行ってみるべき理由

 ミュゼプラチナムは脱毛サロンの中でも、低価格、高品質で有名なのですが、気をつけてほしいことが1つあります。

それは、脱毛コースによってはちょっとお金がかかること。

「ちょっとくらいであればいいよ」

とはいっても、他のコースが金銭的に負担になるようであれば、「ちょっと待って」といえる大人がついていくほうがいいと思います。

 ミュゼプラチナムでは強引な勧誘をしているわけではないのですが、流れとしては、安いコースで気に入ってもらえたら、安いコースのあとにそのほかのコースの説明があると思います。

逆にいえば安いコースに自信があるということ。

そのときに、中学生、高校生の判断力じゃちょっと心配。

無断でコースを組むよりも、その場で親に相談出来る環境があったほうがいいと思います。

なので、「少なくとも初回は親も一緒について行くこと」を条件として、お子さんと一緒に脱毛サロンに行ってみてください。

脱毛サロンに行く前に聞きたいことを準備する

脱毛サロンにせっかく行くのでしたら、その道のプロに聞くことはいっぱいあると思います。

ちょっと箇条書きにしてみますね。

・ 家で自分で脱毛するにはどうしたらいいか?
・ 脱毛によって赤い斑点のようなものが出来たときのケア  
・ かみそりの使い方
・ かみそりで処理したときの肌のケア
・ 脱毛クリームの選び方
・ 脱毛クリームの使用頻度

と、まだまだありそうですが、これは一回こどもと向き合って、悩みを紙に書き出してみたらいいと思います。

おこさんにとっては初めての脱毛ですので、間違った知識を身につけてほしくないものですね。

 まとめ

第二次成長に入り、せっかく美意識に目覚めたのですから、娘さんのその心大事にしてやりたいですね。

 ささいなことでも、こどもにとっては大きな影響を与えることになるかもしれません。

なので、真剣に向き合って、親子で一番いい答えを見つけてみてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの記事
おすすめ記事
外食チェーン店の割引まとめ

コメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>