コーヒーやお茶!妊娠中や出産直後のカフェイン摂取の影響と適量

スポンサーリンク
スポンサーリンク

妊娠中は、カフェインを多くとってはいけないよ!

なんて聞いたんですが・・・どのくらいなら大丈夫?

昨日は朝とお昼にお茶を一杯づつ飲んで、3時のおやつに一口サイズのチョコレート、あっつ、そのときにコーヒーも飲んだっけ・・・。

これって多いのかな?

それにしてもお茶やコーヒーは毎日飲むものだし、量を減らすことは出来ても、やめるのはちょっとしんどいかも・・・。

「妊娠中は、カフェインを多くとってはいけないよ!」

とよく聞くけど、どれくらいだったら妊娠中でもいいの?

適量を知りたい!

と、ちょっと疑問に思っている女性も多いんじゃないかな?

お茶やコーヒーといったものは、毎日の生活のリズムに組み込まれていますので、「今日からひかえて」なんていわれたら、ちょっと困ってしまいますね。

しかし、もし赤ちゃんに悪影響が出てしまったら大変なこと。

なので、ここはきっちり調べて正確な情報を知っておかなければなりません。

正確な情報を知ることによって、

  •  カフェインの過剰摂取のリスクをきちんと知ることでモヤモヤがすっきりする
  •  お茶やコーヒーがストレス解消になるのであれば、適量摂取することによって、ストレスを和らげることにもなりますので、母体や赤ちゃんにもいい効果期待できる  
  •  お茶やコーヒーの代わりになるものがあれば、そちらも試してみたい

といったことろにまで自分の知識を広げることが出来ますので、なんだかちょっと安心してティータイムでリフレッシュできるのではないでしょうか?

私自身もカフェインについて知ることは大賛成です!

なぜなら、妊娠中や育児で大変なときだからこそ、ほんのちょっとのティータイムは気兼ねなく、くつろいでほしいからです。

そこで、本日の記事は、妊娠・出産直後のカフェインの摂取について、調べてまとめてみました。

本日の記事内容はこちら↓

  •  妊娠中・出産直後におけるカフェインの影響  
  •  適量ってどのくらい?
  •  お茶やコーヒーの代わりになるもの
  •  私が飲むとすれば
スポンサーリンク

妊娠中・出産直後におけるカフェインの影響

妊娠中にカフェインを過剰摂取するのはなぜだめ?

どんな影響があるの?

摂取量はどのくらいだったらいいの?

色々と疑問が浮かんできますね。

1つずつ見ていきましょう。

まずは一つ目の疑問、「妊娠中にカフェインを過剰摂取するのはなぜだめ?」の答えですが、

カフェインの過剰摂取がなぜ駄目なのかというと、流産の危険が高まるからなんです。

1日に200ミリグラム以上のカフェインを摂取する女性は、全くカフェインを取らない女性に比べ、流産の確率が2倍になることが分かった。

200ミリグラムのカフェインは、約220ミリリットルのカップで2杯分のコーヒー、または350ミリリットル缶入り炭酸飲料5本分に含まれる量に相当する。

引用 妊婦のカフェイン摂取は流産リスク高める、米研究 AFP BB NEWS

との研究結果が出ています。

そして、赤ちゃんに母乳をやる段階になっても、母乳を作る母親がカフェインを取りすぎてしまうと、母乳を通じて赤ちゃんにもカフェインが取り込まれてしまいます。

カフェインには覚醒作用があり軽い興奮状態を作るのは御存知ですね。

それが赤ちゃんに移ってしまうと

・ なかなか寝付かず夜泣きの原因
・ 落ち着きがなくなる

といった影響も考えられます。

これは生まれる前の、お母さんの体内にいる赤ちゃんにも同じことがいえますね。

胎内にいる赤ちゃんのほうが、お母さんと直接つながっている分、影響が大きいと思われます。

では、妊娠中や断乳をするまでは、お茶やコーヒーはまったくやめたほうがいいの?

なんて気を使ってしまいがちですが、そうでもないんですよ。

飲みすぎは駄目ですが、適量ならいいんです。

では適量って・・・?

適量ってどのくらい?

適量ならいいよ」なんていわれても

「うーん、どのくらい?」

具体的に行ってくれないとわからないじゃないか!

本に書いてあることと、医者が行っていることがちょっと違っていたりすると、戸惑ってしまいますね。

そこれ色々な基準を見てみましょう

まずはWHO(世界保険期間)から

・ WHOでは、妊婦はコーヒーの摂取量を一日3~4杯までにすべき、としています。

次に、紅茶といえばイギリスでは

・ 妊娠した女性に対して一日当たりのカフェイン摂取量を200mgに制限するよう助言

お隣、韓国では

・ 妊婦は300mg

カナダでは

・ 妊婦や授乳中あるいは妊娠を予定している女性は一日最大300mgまで

最後に日本ですが

・ 現段階では回答なし

と、ちょっと国によってバラバラ。

日本にいたっては回答なしなので、これでは現場で働いている医師たちや育児本に書かれていることもばらばらになって当たり前・・・のような気がします。

参考 コーヒーを飲むと胎児に影響があると聞きましたが、本当ですか? 東京都福祉保健局

ですが、カフェインをとりすぎると胎児に影響があるのでひかえてくださいね、というメッセージはどこの国も一緒ですね。

お茶やコーヒーの代わりになるもの

ここまでわかってくると、カフェインの入っているものより、ノンカフェインで今までの代わりになるものがあればほしいところですね。

アマゾンで「カフェインレス」や「ノンカフェイン」といったキーワードで探してみると、けっこう色々出てきて、選択肢の多さにびっくりするほどです。

例えば

とか

とか

と、いっぱいあります。

ドラッグストアに行っても似たようなノンカフェイン飲料はたくさんあります。

しかし、私がオススメするのはまたちょっと違うもの。

妊娠中ということで、是非試していただきたいものがあります。

モチロン、ノンカフェインです。

私が飲むとすれば・・・

普通の健康志向の人にノンカフェインの飲み物をすすめるのであれば、ドラッグストアでお手軽に購入できるものを優先してチョイスします。

ですが、今回はこの記事を最後まで読んでくれているあなたは妊娠中、もしくは親しい人が妊娠しているということなので、またちょっと事情が違ってきたりします。

妊娠中・出産後の女性の体はホルモンバランスが崩れ、ビタミンE、ビタミンB、エストロゲンなどといったものが不足しがちです。

それを補うためにも、きちんとした食事が大事なのですが、食事だけで補うのはちょっと物足りない・・・

結果としてホルモンバランスが崩れ、抜け毛や関節痛、肌荒れ、そして精神的にイライラしたり泣いてしまったりしがちです。

そこでオススメしたいのは、ノンカフェインのたんぽぽコーヒーたんぽぽ茶といった妊婦さんのためにつくられた妊娠中の体に優しい飲み物。

ノンカフェインでビタミンBが含まれているので、妊婦さんや授乳中のお母さんにとっても合う飲み物だと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの記事
おすすめ記事
外食チェーン店の割引まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>