妊娠中の日常生活でなるべく体に負担をかけないコツのコツ5つ

スポンサーリンク

妊娠中は疲れやすい!

妊娠中はとにかく疲れやすいです。

理由は簡単で

ホルモンバランスが不安定なのと、体重の増加。

特にホルモンバランスの影響で、普段ではなんともないことがとても疲れてしまうことが多いです。

そこで今回は、妊娠中に体に負担をかけないコツのコツを5つ紹介します。

本日の記事内容はこちら↓

  •  一番大切なのは無理をしない  
  •  重いものは持たないように  
  •  妊娠中の背伸びは厳禁  
  •  ストレスをためないために  
  •  疲れたら休む  
  •  まとめ
スポンサーリンク

一番大切なのは無理をしない

特に妊娠初期はつわりがひどく、また、頭痛、微熱、吐き気といった症状も出やすいですね

そんな時は無理をせずに楽な姿勢でいることが一番です。

初めての妊娠では、

妊娠ってこんなに大変なの?

これじゃあ皿洗いもできない・・・

こんな気持ち、よくわかります。

妊娠における体調の変化にとまどう妊婦さんも多いです。

また旦那さんも初めての妊娠ということで、どの程度のつわりや体調不良があるかわからず

これくらいならできるかな?

と、妊娠におけるつわりや体調不良を軽く見積もりがちで、いろいろなことをやらせようとするかもしれません。

しかしながら、無理がたたって最悪流産なんてことになりかねませんので、ここは気を付けておきたいところ。

無理がたたると、吐き気や頭痛といった症状も長引く可能性もありますので、洗濯や掃除といった普段であればできることでも、しんどいのであれば、無理をせずにほかの家族にやってもらいましょう

どうしても旦那さんの理解が必要になってきますので、一度向き合って妊娠初期はこんな症状でつらい時期があるということをわかってもらってください。

男性の場合、妊娠中期に入り体調などが比較的安定した妊婦さんが散歩したり食事したりするのを見かけて

「妊娠しても割と動けるんじゃないかな?」

と、思っている人も多いです

その誤解を解いてやると、話がスムーズにいくことが多いですよ。

重いものは持たないように

妊娠中に重いものを持つのは、流産しやすかったり、また、早産の危険性があるといわれています。

どうしても重いものを持たなければならないときは、旦那さんや家族、もしくは友人に代わってもらいましょう。

妊娠中の背伸びは厳禁

背伸びはだめですよ

なんて産婦人科で言われた人も多いと思います。

特に妊娠後期に背伸びをすると、逆子になる可能性がありますので絶対にしないでくださいね。

「背伸びをする場面なんてないよ!」

っておもいがちですが、危険なのは高いところにおいてある物をとる時です。

ちょっと思い出す出すだけでも

・ 物干しざおにハンガーをかける
・ 脱衣所においてある詰め替え用の洗剤をとる
・ 箪笥の上の荷物をとる

と、自分の家を思い出しても案外ありますね。

無意識のうちにやっている「背伸び」ですが、高いところにあるものは踏み台を使ったり、旦那さんに取ってもらったりして、背伸びをしないようにしてください。

ストレスをためないために 

妊娠中はとにかくストレスをためないようにすることが大事です。

ホルモンバランスの影響で妊娠中はちょっとしたことで感情的になって怒鳴ったりしまったり、逆に落ち込んでしまったり・・・。

ひどいときは誰とも会いたくなかったり・・・。

そんな時は無理をせずに横になって、とにかくその時期が過ぎるのを待ってください

疲れたら休む

妊娠中はとにかく疲れやすいです。

ひどいときは車の中で同じ姿勢でいても疲れてぐったりすることも・・・。

疲れたら休む

昼寝をしたり、横になったりしてこまめに体を休めてください。

まとめ

妊娠中に体に負担をかけないためにできることは5つ。

・ 無理をしない  
・ 重いものは持たない  
・ 背伸びをしない  
・ ストレスをためない
・ 疲れたら休む

この5つを守って、妊娠中のいろいろな症状を乗り切って、ぜひ元気な赤ちゃんを産んでください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの記事
おすすめ記事
外食チェーン店の割引まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>