金額は?注文手配は?お葬式に贈る花の種類と贈り方で気を付けること2つ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

葬儀に送る花、注文手配、種類は?

葬儀の際に贈る花、ちゃんと名前があって、「枕花」とか「供花」と言われています。

「枕花」と「供花」の違いは

・ 枕花(まくらばな)

お通夜の際に故人の枕元に飾られる花

・ 供花 (そなえばな)

故人の親族、会社関係、友人など、関係の深さに関係なく手配することのできるスタンド型式の花

となっています。

地域によっては、葬儀の際に大きな花輪(缶詰が入っていたりする)を送るところもあるようですね。

しかしながら、葬儀はいつも急に起こるので、御香典などはすぐに用意ができても贈る花に関してはちょっと手配が後手後手に回ることもあったりします。

また、たまにの出来事なので値段のほうも気がかり・・・

葬儀の際に送る花

・ 手配、注文はどうやってするの?
・ 値段はどうして決めたらいいの?
・ 種類は何がいいの?

と普段やらないことだけに、わからないことばかり・・・

そこで今回は、お葬式に贈る花に関して調べてみました。

本日の記事内容はこちら↓

  •  葬儀の際に送る花、手配、注文は?  
  •  値段の相場は?
  •  どんな花の種類がいいの?
  •  気を付けなければならないこと
  •  まとめ
スポンサーリンク

葬儀の際に送る花、手配、注文は?

まずお葬式がセレモニーホールで行われる場合ですが、この場合は、セレモニーホールに電話して

「○○さんのお葬式にお花を贈りたいのだが・・・」

といえば、セレモニーホールのほうで花を用意してくれます。

この時に、「支払い方法」や「名前書き」を確認しておくとよいでしょう。

お葬式が自宅で行われる場合、近所のお花屋さんに連絡してみてください。

また、仕事などで近所のお花屋さんに連絡が取れなかった場合、インターネットで注文することもできます。

葬儀の際に送る花、値段の相場は?

金額の相場は、故人との親密度や住んでいる地域によって違いますが、おおよそ5千円~1万円がお葬式に贈る花の相場となっています。

社会人になりたての若い人であれば、3千円でもいいと思います。

また、御香典と違い複数の友人と一緒に花を贈っても大丈夫です。

葬儀の際に送る花、どんな花の種類がいいの?

一般的には白や黄色などの落ち着いた色合いや静かな雰囲気の花を選びます。

具体的に言うと、白いユリ、菊、デンファレ、カーネーション、デルフィニウム、カラー、胡蝶蘭など。

心配な時はお花屋さんに、

「お葬式用でお願いします」

といえば、向こうもプロですので見合ったものを用意してくれますよ。

自分で選ぶときに気を付けなければならないことが2点あります。

・ トゲのあるものは選ばない
・ 赤い色のものは選ばない

なれないことですので、お花屋さんにお任せしたほうが無難ですね。

気を付けなければならないこと

お花を贈る場合、必ず通夜に間に合うようにしましょう

また、自宅が狭かったりする場合、あまり大きな花はかえって迷惑ですので、その辺も気にかけてください。

まとめ

もう一度大事なことを繰り返しますね。

・ 葬儀の際に送る花の注文、手配は?

葬儀社もしくは近所のお花屋でできます。

無理な時はインターネットでも

・ 葬儀の際に送る花の値段、相場は?

おおよそ5千円~1万円ほど

・ 葬儀の際に送る花の種類は?

葬儀社やお花屋さんにお任せしたほうが無難

・ 気を付けること

必ず通夜に間に合うように
お花の大きさを考えて

と、これだけ押さえておけばお葬式に送る花については大丈夫だと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの記事
おすすめ記事
外食チェーン店の割引まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>