急な葬儀に!お葬式のために用意しておきたい7つ道具、全部用意してありますか?

スポンサーリンク

お葬式・・・

いつも急にやってくるため、

あれ?何をもっていくんだっけ?

と、その時になってバタバタしがち。

故人にあうことができる最後の機会ですので、ここはちゃんとしておきたいところ。

そこで今回は、葬儀の際に必要な7つ道具を紹介します。

クローゼットの中などにまとめておいておけば一安心ですので、もし無いようであれば、急な時にバタバタしないように揃えておいてください。

本日の記事内容はこちら↓

  •  香典袋  
  •  袱紗(ふくさ)  
  •  数珠
  •  筆ペン 
  •  ブラックフォーマル(喪服)  
  •  ハンカチ・ティシュ 
  •  塩
  •  まとめ
スポンサーリンク

香典袋

お葬式に時には、必ず香典袋を持っていくことを忘れずにしてください。

コンビニで買うことができますが、ご近所でお葬式があった場合、御近所の皆さんがそのコンビニに殺到することも考えられ、結果、コンビニで販売している香典袋が売り切れてしまうことも考えられます。

なので、万が一を考えあらかじめ用意しておきたいところ。

そして香典袋ですが、「御香典」「御仏前」「御霊前」と、どれを選んでいいか迷うところ

一番無難なのは「御香典」です

詳しくはこちらの記事をお読みください。

御霊前、御仏前、御香典、違いは何?49日でわかりやすく説明!
以前お葬式に行った際に、「あれ?香典袋は御仏前と御霊前どっちだっけ?」と、ちょっと迷ってしまいました。そのときはたしか「御霊前」を使ったので...

また、御香典の金額についてはこちらの記事にまとめてみました。

親戚は?取引先は?御香典の金額の相場と書き方、基本は3つ
御香典の意味はもともと、霊前に供える線香の代わりの金品を意味します。なので香典の「香」は線香の「香」がもともとの意味。線香を使わないキリスト...

袱紗(ふくさ)

香典袋はそのままもて行くのは、失礼に当たります。

なので、必ず袱紗(ふくさ)に包んで持っていくこと。

袱紗は100均で売っていますので、もし持っていなければ次に行った時に買っておいたほうがいいでしょう。

葬儀に使う袱紗は、落ち着いた色合い(黒、グレー)で、無地、模様の入っていないものを持って行ってください。

数珠

御焼香の時に必要になります。

数珠もアクセサリーとしての派手目の物ではなく、落ち着いたものを選びましょう。

筆ペン

香典袋に文字を書くのに使います。

私の場合、香典袋、袱紗、数珠と筆ペンをセットで、100均の整理用ボックスに入れてクローゼットの中にしまってあります。

(香典袋に包むお金も入れてあります)

ブラックフォーマル(喪服)

喪服ですが、特にワイシャツと靴下、ハンカチは、

「ああ、洗濯しているから(クリーニングに出しているから)ない」

なんてことがないように、普段は使わないで喪服と一緒にとっておいています。

葬儀の服装に関しては、こちらの記事にまとめてみました。

葬儀の服装、スーツは?化粧は?基本は黒でシンプルに!
葬儀の服装のマナー、覚えておこう!社会人になると、交友関係がひろがりますのでいろいろなお付き合いが生まれます。葬儀もそのうちの一つ。学生時代...

ハンカチ・ティシュ

ハンカチは白の無地のものを用意しています。

自分が使わないからいいや、ではなく、

一緒に参列した人が泣き崩れてしまったときに必要になります。

なので、ここは押さえておきたいところ。

これは宗派によって違うと思いますが、我が家では使っていました。

お葬式から帰ったら玄関に入る前に「清めの塩」を体にかけます。

理由は、

「お亡くなりになった人は亡くなった直後は自分が死んだかどうかわからないので、生前仲が良かった人についていくことがある。

亡くなった人が家の中まで入らないように、お葬式に行った人が家の中に入る前に塩を肩に振りかける」

ということでしたが、やっていない宗派も多くあり、必要でない人もいると思います。

まとめ

葬儀の際に必要な7つ道具、もう一度チェックしてみましょう。

・ 香典袋  
・ 袱紗(ふくさ)  
・ 数珠  
・ 筆ペン
・ ブラックフォーマル(喪服)  
・ ハンカチ・ティッシュ
・ 塩

いざという時ののために慌てることがないように、用意しておいてまとめてわかりやすい場所に置いておきましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの記事
おすすめ記事
外食チェーン店の割引まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>