赤ちゃんよだれの止め方(トレーニング)とできてしまったよだれかぶれの対処法

スポンサーリンク

赤ちゃんのよだれかぶれ、絶対に治したい!

赤ちゃんの口の周り、気が付けばよだれでべっちょり。

吹いてもふいてもヨダレまみれで、口周りだけでなく、あごの裏や首周りといったところまでかぶれてしまっている赤ちゃんもいます。

よだれは消化器官が発達してきた証拠、健康にすくすく育っている証なんですよ。

なんて言われて嬉しい反面、これだけよだれが多いと複雑な気分。。

清潔、保湿を心がけてなるべくかぶれないようにしているのですが、赤くかぶれてしまった部分を見ていて、何だかちょっとこっちも痛々しい気分になりますね。

そこで今回は、赤ちゃんのよだれかぶれについて徹底的に調べてみました。

本日の記事内容はこちら↓

  •  まずはよだれを止めてみる  
  •  できてしまったよだれかぶれの対処法  
  •  まとめ
スポンサーリンク

まずはヨダレを止めてみる

赤ちゃんは生後4ヶ月頃になると消化器官が発達してきて、それに伴いよだれが出てきます

逆にいうとヨダレが出てくるということは消化器官がだんだん発達してているサインですので、離乳食の段階に入っているという証拠。

よだれが出てきたからそろそろ離乳食かな?

昔の人はこういった赤ちゃんの出してくれるサインにそって、離乳食を始めていたそうです。

しかしながら、
よだれがちょっと多いと、よだれかぶれが起きたり、あちこちによだれがついたりしてしまって何だかちょっと見ていられない・・・。
痒くないの?
痛くないの?
気にならないの?

と、親としてはやっぱり何とかしてあげたくなりますね。

そこでヨダレを止める方法をお伝えしていきたいと思います。

よだれを止める方法

よだれを止める方法は口の筋肉を発達させることです。

大人でも赤ちゃんでもヨダレは無意識に出てきます。

私たち大人の場合は無意識に出てきたよだれを飲み込んでいますので、よだれが口の中から溢れることはありません。

しかしながら、赤ちゃんの場合口の筋肉が発達していないので、よだれを飲み込むことができず、口の中から溢れてしまいます。

これがよだれかぶれの原因です。

なので、よだれかぶれ対策として、赤ちゃんの口の筋肉を発達させるトレーニングが効果的といえます。

口の筋肉を発達させるには?

口の筋肉を発達させるためにはまず第1に
口や頬といったところに刺激を与えることから始めます。

口や頬の周りを触ってやったり撫でてやったり。

歯磨きも、口の筋肉を刺激するいい機会ですので、歯磨きをしている最中に口の中のいろいろな部分を歯ブラシで触ってみるのも効果が期待できます。

次に、口の筋肉を発達させるために効果的な遊びをしましょう。

風車を息を吹きかけてまわしてみたり、ラッパのようなおもちゃを吹かせてみたりするのが効果的です。

しかしながら、このようなトレーニングは効果がでるまでやっぱりちょっと時間がかかりますね。

赤ちゃんのヨダレをすぐ止めたい!

そのような場合はこちらの動画が非常に参考になると思います。

https://youtu.be/ldjznKfScNk

次に、できてしまった「よだれかぶれ」の対処法について紹介しますね。

できてしまったよだれかぶれの対処法

よだれかぶれの一番の対処法はやはり「清潔」と「保湿」です。

清潔にしておくにはやはりこまめに赤ちゃんの口の周りをふいてあげるの一番。

ミルクを上げた時だけでなく、赤ちゃんは泣いたり笑ったりするとよだれが出てきますので、よだれが出てくるたびにしっかりふき取って赤ちゃんの口の周りを清潔に保ちましょう。

また、よだれかぶれをださないために「保湿」も効果的です。

一般的に病院で処方されるよだれかぶれ防止の保湿剤は「プロぺト(白色ワセリン)」と「ヒルドロイド」です。

自分で保湿クリームを選ぶ際には

・ 赤ちゃんが口の中に入れても安全か?
・ 刺激は強くないか?

といった点に気を付けて選びましょう。

また、医者(小児科ではなく皮膚科)によっては、弱いステロイド剤を処方されることもあります。

そしてネットでも

「ロコイド」というステロイド剤がとても効果がある

という書き込みをよく見かけますが、やはりステロイド剤を赤ちゃんに使うのはちょっと怖いですね。

なのでステロイド剤を処方されたら、用量などは必ず確認してから使うようにしてください。

まとめ

もう一度確認してみましょう。

赤ちゃんのよだれを止めるには

・ 口の筋肉のトレーニング
・ 口を使った遊び
・ みぞおちの左側の肋骨に刺激を与える

できてしまったよだれかぶれには、

・「清潔」と「保湿」
・ステロイド剤は確認してから使う

口あごのまわりの筋肉が発達することによって、唾液を飲み込むようになってきますので、成長するにつれ、赤ちゃんのよだれはなくなってきます。

赤ちゃんのよだれの時期に関しては、こちらの記事に詳しく書いてありますので参考になると思います。

病気?赤ちゃんのよだれが多い原因とよだれを止める簡単な裏技
赤ちゃんの多すぎるよだれに効果的な方法は?上の子はほとんどヨダレを出さなかったのに・・・。下の子はよだれかけがベチャベチャになってしまうほど...
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの記事
おすすめ記事
外食チェーン店の割引まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>