出血との違いは?赤ちゃんの真っ黒い便は胎便。胎便とは何?時期や色は?

スポンサーリンク

赤ちゃんの初めて便、胎便について詳しく知っておこう。

お腹の中ですくすく育つ赤ちゃん。

最初は小さな小さな命でしたが、お腹の中で成長するにつれ、だんだんと手足の形はっきりしてきますね。

そして、人間の形になる頃には髪の毛が生えている赤ちゃんも珍しくありません。

そして生えてきた。髪の毛・・・髪の毛だけでなく、皮脂などの老廃物も赤ちゃんはお腹の中で生み出しているのです。

それらのものは、赤ちゃんの体から剥がれ落ちると、出産するまでは羊水の中に浮かんだままになります。

髪の毛や皮脂といった老廃物、赤ちゃんは羊水と一緒にお母さんのお腹の中でこれらのものを飲み込んでしまっているのです。

そして、赤ちゃんが生まれてくると、羊水の中にいた頃に飲み込んだ赤ちゃんの老廃物は便となって出てきます。

これが「胎便」と呼ばれるものです

もう一度わかりやすく説明しますね。

赤ちゃんがお腹の中にいる時に羊水と一緒に飲み込んでしまった。自分の髪の毛や皮脂といった老廃物。

これが生まれてきてから便となって出てきます。

この便のことを「胎便」といいます。

本日はこの「胎便」について詳しく紹介します。

本日の記事内容はこちら↓

  •  胎便の出る時期  
  •  胎便の色やにおい  
  •  まとめ
スポンサーリンク

胎便の出る時期

胎便は、出産してから数時間後から翌日に排出されると言われています。

生まれて1日でちゃんと胎便が出るのは、腸の働きがちゃんとしていて腸が通っていることを意味しています。

つまり、胎便が出るということは、赤ちゃんが順調であることがわかる一つの目安

これがもし一日たっても出ないようであれば、念のために赤ちゃんの肛門の周りなどを病院で調べてもらうことをおすすめします。

ただ胎便にもにも個人差はありますのであまり気にする必要はありません。

大便の色や臭い

胎便は私たちの大人が日常している便とは「色」や「におい」が異なります。

胎便では、黒や深緑色をしていることが多いです。

黒くねばねばしたような感じの胎便もあります。

緑色っぽいしているのは肝臓のそばにある。胆のうといわれる器官から、腸の中に出た胆汁がまざった影響によるものなのです。

なので緑色だからといってあまり心配する必要はありません。

そして胎便の場合、あまり強いにおいがしないのが普通です。

胎便で気をつけること

胎便は生まれてから数時間~1日で出るものなので、まず1日以上たって出ないようであれば、お医者さんに相談することをおすすめします。

また逆に、胎便は出るが悪臭がする何日も黒い便が続く、ということは胎便にはありませんので、もしも万が一何日も黒い便が続くようであれば腸から出血していることも考えられます。

このような場合もお医者さんに相談しましょう。

まとめ

もう一度胎便について確認してみましょう

・胎便は、赤ちゃん業推に中にいるときに用水と一緒に飲み込んだ老廃物。
・出産後、数時間から1日で出る
・黒色、もしくは深緑色
・悪臭がする、何日も出るようであれば病因で相談

といったことに気を付けておけば安心ですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの記事
おすすめ記事
外食チェーン店の割引まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>