ドーナツ枕は効果あるの?赤ちゃんが同じ方向を向いて寝てしまっている時の対処法3つ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

赤ちゃんの頭の形を綺麗にしたい!

・頭の形がいびつになるのはいや!
・耳たぶが重なってしまうけど治るの?

ちょっと不安になってしまいますね。

赤ちゃんが寝るときに頭に左右均等に力をかけてあげることで、あかちゃんの頭がいびつになることを防ぐ事ができます。

ってことで、ドーナツ枕を使用している人も多いと思います。

でも、これってほんとに必要?

もしドーナツ枕の購入を検討しているのであれば、ちょっと待って。

本日は、ドーナツ枕なしでも赤ちゃんが同じ方向を向いて寝るのを防ぐ方法を3つ、紹介したいと思います。

本日の記事内容はこちら↓

・ お母さん大作戦  
・ ヒカリモノがお好き?  
・ 位置を変えてみる
・ ドーナツ枕は必要?
スポンサーリンク

お母さん大作戦

赤ちゃんが同じ方向を向いて寝てしまっている・・・

赤ちゃんがいつも同じ方向を向いて寝ているのにはいろいろな理由があります。

が、大抵の場合
・お母さんが右側にいるから・・・
・お母さんの声が聞こえるから・・・
・お母さん大好きだから・・・

ちょっと、ちょっとちょっと!

もしかして赤ちゃんがいつも同じ方向を向いて寝ている原因は

「お母さん」

???

これ以外にも赤ちゃんがいつも同じ方向を向いて寝る原因は、あかちゃんのくせや個性といったものがありますので一概には言えませんが、

・お母さんがいる
・お母さんが見える
・お母さんで安心できる

と、赤ちゃんはお母さん大好きなのです。

なので、お母さんの位置を変えることによって、赤ちゃんが寝ている向きを変えることもできます。

いつも右側にお母さんがいて赤ちゃんが右側を向いているのであれば、お母さんが左側にいて赤ちゃんに声をかけたりをあやしたりして、あかちゃんの注意を左側に向けてみてください。

光を使う方法

暗いところで光るもの・・・

赤ちゃんだけでなく、私たちであっても、ちょっと気になりますね。

なので、光を使って赤ちゃん注意を引くことも、赤ちゃんがいつも同じ方向を向いて寝ることを防ぐ効果が期待できます。

光と同じように使えるものとして「音」があります。

音であかちゃんの注意を引くことも、効果に期待ができますよ。

位置を変えてみる方法

意外に思うかもしれませんが、あかちゃんの寝る位置、あかちゃんの布団の場所や向きを変えることによって、赤ちゃんがいつもいつもと違う方向を向いて寝るようになった。

という意見もネット上にはありました。

これも簡単ですので、「ものはためし」とやってみる価値はあると思います。

ドーナツ枕は必要なの?

インターネット上で「ドーナツ枕」についていろいろ調べてみたのですが、実は、「あまり必要ではない」といった意見の方が多かったです。

その理由としては
・産科の先生が「薄手のタオルをたたんだ状態のもので十分。」と言われた。
・タオルと方が洗えるし乾きやすいし便利。
・子供が嫌がって結局使わなかった。

などなど。

そしてその結果は

・うちは使ってませんが普通にキレイな形になりました
・向き癖もあったけど頭はまん丸ですよ
・ほとんど枕を使ってくれませんでしたが「あらー、このこたち頭の形すっごくいいわね!」と無駄に褒められます

というような感じです。

しかし少数ですが、「ドーナツ枕を使って頭の形が悪くなるのを過ぎましたよ。」という意見もありました。

私としてはわざわざドーナツ枕を買うよりもバスタオルなどで代用できるのであれば十分だと思います。

赤ちゃんがすくすくと成長してきて寝返りが打てるようになれば、「片方だけを向いて寝る」といった状態からは卒業できます。

少しの工夫で代用が効くのであればわざわざ短期間しか使わないものを買う必要はありませんので、私だったらドーナツ枕を購入せずに、バスタオルなので代用します。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの記事
おすすめ記事
外食チェーン店の割引まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>