赤ちゃんにサプリメントは必要?私の答えは「NO」ですがたった一つ気をつけてほしいこと

スポンサーリンク

赤ちゃんにサプリメントは必要ですか?

・母乳やミルクだけでは栄養が偏っていないか心配?
・ビタミンとかとらせた方がいいのかしら?

・ 赤ちゃんの成長早いので、栄養が足りているか心配

そうですね。

赤ちゃんは成長が早いので、ぐんぐんと大きくなっていきます。

親として、成長に見合った栄養を赤ちゃんに届けているかどうか心配になるのは、もっともなことだと思います。

なので、今回は赤ちゃんの栄養についてちょっとだけ解説していきたいと思います。

本日の記事内容はこちら↓

  •  栄養が偏ってしまうの?  
  •  あえて気をつけるとするならば  
  •  ビタミンDと成長
  •  要点をおさらい
スポンサーリンク

栄養が偏ってしまうの?

赤ちゃんが生まれてまもなくは、母乳やミルクと言った限られたものしか口にできません。

これは赤ちゃんの消化器官が未発達のため仕方のないことだと思います。

そして赤ちゃんがだんだんと成長してきてよだれが出てきはじめてくると、

よだれ = 消化器官の発達 = 離乳食

となってきます 。

離乳食が始まるまでは個人差もありますが、だいたい生後4ヶ月頃からとなってきます。

その間、赤ちゃんが口にできるのは母乳やミルクといったものだけ・・・。

さすがにこれだけだと、栄養が偏っていないか心配なのも無理はありません。

しかしながら母乳や人工乳には、 様々な栄養素がバランスよく含まれています。

また赤ちゃんは、お母さんのおなかの中にいるときに、たくさんの栄養素を蓄えています。

この栄養素を赤ちゃんが生まれてから使い切るまでの期間がはだいたい離乳食の始まる頃。

なのであまり心配する必要はないでしょう。

もし心配なのであれば、母乳を与えてくれるお母さんがしっかりと栄養を取っていれば、赤ちゃんにも母乳を通してその栄養が行きます。

なのでお母さんがしっかりと栄養を取って、美味しい母乳を出してください。

あえて気をつけるとするならば

あえて栄養に気を使うのであれば、ビタミンDの不足に気をつけてください。

離乳食やミルクを通して赤ちゃんの中に入ってきたビタミンDは皮膚が浴びる日光(紫外線 )によって、骨や体の成長に有効な形のビタミンDに変わります。

なので赤ちゃんに日光浴をさせるのは、赤ちゃんの成長にとってとても良いことなのですが、気をつけて欲しいことがあります。

赤ちゃんの日光浴に気を付けなければならない事は、

紫外線の強い時間帯は外出をしない

なぜなら、赤ちゃんの皮膚は私達と違いとてもデリケートにできています。

「このくらいなら大丈夫かな?」

と、私たち大人が思っても、赤ちゃんにとっては刺激が強く日焼け肌が赤くなってしまったり、ひどくなるとやけどと同じ炎症を起こす可能性もあります。

ですから紫外線の強い時間帯、特に

午前10時から午後3時

の間は外出を避けてください。

「どうしても外出しなければならない」といった場合は、しっかりと紫外線対策をしてくださいね。

また 冬場の外出は

・風邪を引いてしまう
・体温を下げてしまう

などのリスクがありますので、できれば避けたいところ。

しかし、成長に必要なビタミンDを作るには日光浴は必要となってきますので、ガラス越しに日光浴をするなどの方法を取るのもいいですね。

ビタミンDと成長

赤ちゃんにとってビタミンDはなくてはならないもの。

ビタミンDの働きをちょっと紹介しますね。

・カルシウムとリン吸収
・遺伝子の働きを促進

カルシウムとリンの吸収ですが、これは、骨を丈夫にする働きがあります。

赤ちゃんの成長は早いですので、たくさんのビタミンDが必要になってきます。

そして遺伝子の働きを促進ですが、これは免疫の向上に関わってきますので、免疫力の低い赤ちゃんにはこれも欠かせない要素のうちの一つですね。

要点をおさらい

・赤ちゃんはお母さんのお腹の中にいる時に、たくさんの栄養を蓄えて生まれてきます。

・それが切れるのは生後4ヶ月ほど(個人差あり)

・そうなってくると離乳食で栄養を補給

・母乳や人工乳にも栄養素はたくさん含まれている

・あえて気をつけるのであれば、ビタミンD

・日光浴でビタミンDは作られる

・強い日差しには注意

・ビタミンDの働きは骨の生成と免疫力向上

となってきます。

今よりも食べ物の少ない昔でも、サプリなどなくても赤ちゃんは元気に育っていました。

あまり心配することもないと思います。

ですが気になるようであれば、かかりつけのお医者さんに相談してみてはいかがですか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの記事
おすすめ記事
外食チェーン店の割引まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>