目薬を嫌がる赤ちゃん(乳幼児)に目薬をさす時のコツのコツ3つ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

赤ちゃんが目薬をさすときに目を開けてくれない!

乳幼児に目薬をさすのはなかなかどうしてちょっと難しいですね。

1歳ぐらいになってしまうとバタバタと暴れてくるし、小さい瞳を「ギュ」っと固くつぶってしまってなかなか目を開けてくれません。

悪戦苦闘しながら目薬を差しているお母さんも多いのではないでしょうか?

そこで今回は、乳幼児(赤ちゃん)に目薬を差すときのちょっとしたコツを3つ、お伝えしていこうと思います。

本日の記事内容はこちら↓

・ 目薬をさすときに暴れてしまう場合のちょっとしたコツ  
・ 赤ちゃんが目を「ぎゅっ」と閉じてしまう場合
・ 最終手段
・ 要点をおさらい
スポンサーリンク

目薬をさすときに乳幼児が暴れてしまう場合のちょっとしたコツ

「めやに」や「結膜炎」といった症状で、病院から「目薬を差してね」なんて言われることも多いと思います 。

もちろん赤ちゃんは自分一人で目薬をさすことができないので、そばにいてくれてる大人、(大体はお母さんですね)が乳幼児に 目薬を差してあげることになります。

ですが、赤ちゃんは元気いっぱいで我が家のかわいい暴れん坊将軍。

(お腹が減ったら甘えん坊将軍)

目薬をさすために膝枕をすると、手足をバタバタと動かして、目薬をさすのに抵抗してきます。

大人二人がかりで

一人赤ちゃんの手足を押さえ込んでもう一人が目薬をさす

なんてことをやっている家庭もあるそうですが、どうしても一人でしなければならないときもありますよね。

そんな時は 一人で乳幼児をを押さえながら、 目薬をさしますのでちょっと大変。

乳幼児のバタバタを抑えるのにちょっとしたコツがあります。

まず第一に、乳幼児を横にします

そしてお母さんの位置は、両足で赤ちゃんの両手を抑えるように赤ちゃんの両手の上に両足を乗せて足を伸ばして座ります。

そうすることで赤ちゃんの手がバタバタとするのを、足で押さえることができますので、目薬をさすことが簡単に出来ると思います。

とはいえ、乳幼児に目薬をさすときにもう一つの難関がありますね。

それは、赤ちゃんが目をぎゅっと閉じてしまうこと

これにもちゃんとしたコツがあります 。

赤ちゃんが目を「ぎゅっ」と閉じてしまう場合

目薬をさすときに、赤ちゃんが目をぎゅっと閉じてしまうときがありますよね。

上のまぶたを指で開かせるのはなかなかちょっと難しいので、そんな時は赤ちゃんの下のまぶたを指で押し下げ るちょっとだけ隙間ができると思います。

その隙間に目薬をさすのであれば簡単ではないでしょうか?

眼球の表面に目薬をささなくても、結膜の部分に目薬をさせばいいので、これなら簡単にできると思います。

そして終わったら赤ちゃんに目をパチパチとやってもらえば、目薬は目全体に行き渡りますので赤ちゃんが目をぎゅっと閉じてしまう場合はこの方法が有効です。

最終手段

どうしても赤ちゃんの目を開けてくれない場合は、閉じた目の目頭に目薬を差します。

赤ちゃんが寝ている時でもいいですね。

むしろ寝ている時のほうが、おきている時よりもこの方法が使えるかもしれません。

赤ちゃんが寝ている時に、閉じための目頭に目薬をたらします。

お昼寝などののタイミングで

「もう少しで(お腹が減って)起きそうだな」

って時なんかはこの方法がおすすめ。

そしておきたら、目薬を差したら赤ちゃんに目をパチパチとやってもらいます。

そうすることでやはり目薬は目全体に行き渡りますので、

「どうしてもできない」

と言った場合の最終手段では、目をつむった上から目薬を差してみて目をパチパチやってもらってみてください。

要点をおさらい

大事なところだけを抜き出してまとめてみますね。

目薬をさすときに赤ちゃん(乳幼児)が暴れてしまう場合

赤ちゃんに膝枕をするのではなく、 赤ちゃんの両手を抑えるように赤ちゃんの両手の上に両足をののせて足を伸ばして座ります。

赤ちゃんが目をぎゅっと閉じてしまう場合

上のまぶたを指で開かせるのはちょっと難しいので下のまぶたを指で押し下げて 隙間を作りそこに目薬を差します

最終手段として

どうしても赤ちゃんが目を開けてくれない場合、閉じた目の目頭に目薬を差します。

それが終わったら目をパチパチとやってもらいます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの記事
おすすめ記事
外食チェーン店の割引まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>