【知らなきゃ損!】チラシとTポイントでスーパー「ヤマオサ」をトコトン使い倒す裏ワザ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

神奈川店民の台所、スーパー「ヤマオサ」

いつもここで買い物をしている人も多いんではないでしょうか?

そこで今回は、スーパー「ヤマオサ」をお得に利用する方法を調べてみました。

まずは、スーパー「ヤマオサ」の公式ホームページから。

→ 公式サイト ヤマオサ株式会社

この中でちょっと気になるのは3つ

・最新チラシ
・クックパッド
・Tポイント

個別に紹介していきますね。

まずは最新チラシの紹介です。

スポンサーリンク

スーパー「ヤマオサ」の最新チラシ

スーパー「ヤマオサ」の公式サイトでは、最新チラシをweb上で見れるようになっています。

公式サイトで見ることのできる最新チラシはの店舗は、

・ヤマオサ 中町店
・ヤマオサ 渋沢店
・ヤマオサ 大井町店
・ヤマオサ 久野店
・ヤマオサ 蛍田店
・ヤマオサ 大磯店
・ヤマオサ 新鮮館おだわら店
・クイーンズマート ヤマオサ 
・ヤマオサ 南足柄店
・ヤマオサ あしがらモール店
・ヤマオサ 鴨宮店

となっています。

それぞれの店舗紹介の右側の、

「最新チラシを見る」

の部分をクリックすると、チラシを見ることができます。

→ 公式サイト ヤマオサ株式会社 店舗情報

web上で公開している最新チラシは、新聞に折り込まれているものと一緒の形式です。

最近では、新聞を取らなくなってきている家庭も多く、情報はネットとテレビで充分と言った人たちが増えてきています。

節約のためにはもちろんそれはアリです。

(私も新聞はとっていません)

しかしながら、

新聞を取らないで、新聞に折り込まれているチラシまで見逃してしまうのは、とても残念ですね。

なので、

ネットショップだけでなくリアルな店舗においても、webを通じてなるべくオトクな情報を探していく必要があります。

また、

「ヤマオサ」はクックパッドでもチラシを見ることができます。

クックパッドでチラシを見る

クックパッドでも、「ヤマオサ」各店舗のチラシを見ることができます。

クックパッドの部分をクリックすると、

と、「ヤマオサ」の店舗一覧が出てきます。

→クックパッド 特売情報 ヤマオサ

その中で、「ヤマオサ 大磯店」を開いてみました。

縦長に紹介されていますので、ちょっと見づらいかもしれません。

しかし、クックパッドのチラシの最大のメリットは

「材料をクリックすると、クックパッドに掲載されているレシピにアクセスすることができる」

という点にあります。

・献立に悩んだ時
・安いけど、調理の仕方がわからない時
・いつもと違う調理をしたい時

などは、クックパドは非常に便利なので、これもとても使い勝手が良いサービスですね。

最後にTポイントを紹介

スーパー「ヤマオサ」では、買い物でTポイントがもらえます。

通常時だと

200円につき1ポイントが、

・生鮮館小田原店では、毎週土曜日にポイント2倍!
・それ以外の店舗では、毎週日曜日にポイント2倍!

となっています。

Tポイントは、

1ポイント=1円

で、使えますので、できれば貯めておきたいところ。

私もガンガンためていますよ。

今回紹介したチラシ情報以外にも

節約するのであれば、スーパー「ヤマオサ」以外にも、地域の店舗の情報は抑えておきたいところ。

しかしながら、

今回紹介したチラシ情報は、「ヤマオサ」だけのチラシ情報・・・

・もっといろんなチラシが見たい
・近所のスーパー値段を見比べたい
・だけど新聞はとりたくない

って人も多いと思います。

そんなあなたにオススメしたいのが、

「Shufoo!」という無料アプリ。

近所のチラシがアプリで配信され、無料で見ることができます。

さらに、

見るだけでTポイントが貯まるチラシも配信されていますので、Tポイントを取り扱っている「ヤマオサ」の相性も抜群です。

無料アプリ「Shufoo!」の詳しい内容はこちらの記事で紹介しています。

買い物で節約の達人に!近所のチラシを網羅した無料アプリ「Shufoo!」の威力が半端ない!
買い物で損してませんか?節約している人にとって、買い物は腕の見せ所!自分の住んでいる地域のスーパーの広告は、絶対に抑えておかなければならない...

最後に、本日の記事は2016年8月のものです。

最新情報は、各webサイトで確認お願いします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの記事
おすすめ記事
外食チェーン店の割引まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>