【決定版!】那須ハイランドパークの7つの割引方法と入場料金まとめ【+営業時間・アクセスなど】

スポンサーリンク

土日や夏休み、GWには大混雑する日もある那須ハイランドパーク。

今回は、「那須ハイランドパーク」の割引方法を7つ紹介していきたいと思います。

ですがその前に、那須ハイランドパークの営業時間や入場料金など基本的な情報を、押さえておきましょう。

特に必要ないと思うかもしれませんが、割引価格と比較するためにも、通常の料金は一応知っておいたほうがいいですね。

・営業時間・定休日
・チケット料金
・周辺地図 交通アクセス

この辺は 駆け足で説明していきます。

那須ハイランドパークの営業時間・定休日

営業時間・定休日

営業時間は
4月~7月 09:30~17:00
8月 09:00~17:30
9月 09:30~17:00
10月 09:30~17:00
11月 09:30~16:30
12月~3月 10:00~16:00

定休日に関しては、2016年、2017年においては、

2016年、8月、9月、10月
なし
2016年、11月
29・30日
2016年、12月
1・6・7・8・13・14・15日
2017年、1月
11~31日
2017年、2月
1~28日
2017年、3月
8・15日

これ以降は発表がありませんでした

詳しくは公式サイトで確認してみてください。

→公式ホームページ 那須ハイランドパーク 営業時間

那須ハイランドパークのチケット料金

那須ハイランドパークの基本料金は

・一般料金(入園のみ)
大人(中学生以上) 1600円 
小人(3歳~小学生) 800円
シニア(60歳以上) 1200円

・ファンタジーパスセット(入園+1日乗り放題)
大人(中学生以上) 5100円 
小人(3歳~小学生) 3600円
シニア(60歳以上) 3700円

・アフタヌーンパス(午後1時より発売)
大人(中学生以上) 4100円 
小人(3歳~小学生) 2600円

この他にも、閉園2時間前に入園できるアフタヌーンパスがあります。

詳しくは公式ホームページで確認してみてください。

→公式ホームページ 那須ハイランドパーク 料金案内

・駐車場

キャンピングカー 700円
乗用車 700円
バイク 300円

→公式ホームページ 那須ハイランドパーク 料金案内

私の感想ですが、一般料金は、ちょっと高い・・・ですね。

割引方法はイロイロあるのですが、とりあえず、周辺地図 交通アクセスを紹介してから、割引方法をじっくり紹介していきたいと思います。

周辺地図 交通アクセス

【周辺地図】

【交通アクセス】

・自動車
東北自動車道 那須I.C 下車 約20分
東北自動車道 黒磯板室I.C 下車 約30分

・電車 バス
黒磯駅下車 東野バス「那須ハイランドパーク行」で約60分

電車やバスの時間料金などの詳しい情報は、公式ホームページで確認できます。

→公式ホームページ 那須ハイランドパーク アクセス

と、基本情報はここまで。

次に、割引方法を紹介していきますね。

スポンサーリンク

那須ハイランドパークの割引情報まとめ

那須ハイランドパークの割引方法は全部で7種類あります。

1 公式ホームページでは?

公式ホームページでは、

・得々パス(2017年1月10日まで乗り放題)
大人(中学生以上) 9800円 
小人(3歳~小学生) 7200円
シニア(60歳以上) 7200円

・年間フリーパス(作った日から一年遊び放題)
大人(中学生以上) 12400円 
小人(3歳~小学生) 8200円

と言った期間限定のパスポートがありました。

→公式ホームページ 那須ハイランドパーク 料金案内

団体割引

団体割引では15名以上で複数の割引制度が受けられます。

→公式ホームページ 那須ハイランドパーク 団体のお客様

インターネット限定の「特別割引券」
(期間限定です)

→公式ホームページ 那須ハイランドパーク インターネット限定「特別割引券」

と、公式ホームページだけでもこれだけの割引・クーポン情報がありました。

2 JAFの会員優待割引

JAFの会員証を提示することによって割引されます。

ここでもJAFは強いですね。

割引対象は本人含め最大5名まで

入園料 100円引き

となっています。

JAFの場合、那須ハイランドパーク以外でも生活のいろいろな場面で使うことができる優待割引がありますので、入っておいて損はないですよ。

関連記事

【ロードサービス以外も】私が「日本一の割引優待サイトはJAF」と伝えたい6つの根拠
色々なポイントサービスや割引サイト、結構知ってるつもりです。そしてこのブログでも、そういったサービスを色々と紹介してきました。が、ついに見つ...

3 コンビニチケットは?

調べたところ、JTBでは那須ハイランドパークのチケットを取り扱っていました。

なので、

JTBと提携しているコンビニエンスストア

・セブン-イレブン
・ローソン
・ミニストップ
・ファミリーマート
・サークルKサンクス

においては、那須ハイランドパークの割引クーポンは手に入れることができます。

通常料金より400~500円ほど割り引かれています。

チケットの商品番号は

JTB 那須ハイランドパーク

で確認できます。

4  yahoo デイリーPlusで割引

Yahoo!が提供する会員制割引サイト「デイリーPlus」では、

・ファンタジーパスセット(入園+1日乗り放題)
大人(中学生以上) 5100円→4300円 
小人(3歳~小学生) 3600円→2800円

と、今回調べた中では1番の割引率!

※このほかに、入園料のみの割引もありました。

大企業も福利厚生に使っているデイリープラスの場合、那須ハイランドパーク以外にも、

・ガスト
・ロイヤルホスト
・イオンシネマ
・ホテル、旅館
・育児
・介護
・レジャー
・美容

と言った様々な分野で割引優待を受けることができますので、一度どのような優待割引があるか検索してみることをオススメします。

デイリーPlusについて

5 HISクーポンで割引

HISクーポンでも、割引クーポンを配布していました。

期間限定ですが、400円引きとなっていましたよ。

→ 公式サイト HISクーポン 那須ハイランドパーク

6 ヤフオク・金券ショップってどう?

調べたところ、ヤフオクでは結構な数が出品されていました。

ヤフオク

ヤフオクでは、特別優待券、入園券ペア、招待券、割引クーポン、といろいろな種類があったので、間違えないように気をつけてください。

また、オークションでは、手に入るまで時間がかかります。

その辺も注意してくださいね。

そして、金券ショップでも割引価格でチケット・クーポンを購入できることもあります。

が、デメリットとしてチケットが確実にあるわけではないので、あまりオススメできません。

大黒屋

7 パスポート付き宿泊券とかあるの?

日帰りではなく宿泊を兼ねて行くのであれば、選ぶホテルは、

「宿泊料+クーポン」のセットプランがいいですよね。

そこで、

「那須ハイランドパーク」で旅行会社のサイトを検索したところ、

・じゃらんでは76件ヒット
→ じゃらん

・楽天トラベルでは63件ヒット
→ 楽天トラベル 那須ハイランドパーク

と、かなりの選択肢がありました。

なので、これだけ選択肢が多いと

・カップルだから静かな所が良い!
・子供が食べ盛りだから夕食はバイキング!
・浴場は大きい方がいい!

と言ったニーズに合わせて、ホテルの口コミやサービスを見ながら自由に選ぶことができますね。

まとめ

宿泊で遊ぶのなら、やはり「チケット+宿泊」プランのあるホテルを選んだほうがいいですね。

ここは妥協してはいけないところ。

じっくり時間をかけて自分のニーズに合ったものを選んでみてください。

もし宿泊しないのであれば、一番割引率が良かったのが、

Yahoo!が提供する会員制割引サイト「デイリーPlus」ですね。

2週間無料ですので、チケットを取る時だけ会員になって見てはいかがでしょうか?

(とはいっても、ガスト、カラオケなど、割引がありますので、会員ままでもお得ですよ!)

デイリーPlusについて

そして栃木県には「那須ハイランドパーク」以外にも、テーマパークやプレイスポットが多いです。

私が調べた割引情報に関してはコチラから見ることができますので、イロイロ遊ぶのであれば一度確認してみてください。

(本当に割引情報満載なんですよ!)

→ スウィッチ!(当ブログ) 栃木県

最後に、

最後に、この記事は2016年8月現在の記事です。

最新情報は各サイトで確認お願いします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの記事
おすすめ記事
外食チェーン店の割引まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>