アマゾンの「オーダーメイド収納棚」が予想以上に素晴らしい件

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ピッタリの収納棚がほしい!

・引っ越しで間取りが変わったので、収納棚が合わなくなった
・部屋の模様替えをしたら棚がなんだか・・・
・棚と壁の隙間が気になる

収納棚は、靴下と違って每日履き替えるものではありません。

なので、

できれば慎重に選んでいきたいところ。

大手メーカーや家具量販店に何度も行ってみたみたけれど、自分の部屋にぴったりくる収納棚がない・・。

・壁との間にどうしても隙間ができてしまう
・気に入った色がない
・奥行きがもうちょっと欲しい
・もう少し高い(低い)方がいい

できればオーダーメイドの収納棚が欲しい!

色は壁と一緒で・・・
掃除が面倒くさいから、隙間はいらない!
あまり高すぎても手が届かないから目線ぐらいの高さで

と、収納棚にいろいろ求めるのは、決して間違っていません。

むしろ、靴下みたいに消耗品ではないので、買う前にじっくり考えておきたいところ。

そこで提案!

隙間1cmをなくしたいあなたのために、本日は、オーダーメイドの収納棚を紹介します。

スポンサーリンク

1cmにこだわりたい!

棚を置きたいスペースをメジャーで測って、実際に家具屋さんに行ってみても、ぴったりな棚はなかなか見つかりませんね。

宝探しをするようなもの・・・。

「オーダーメイドで棚が作れたら・・・」

1cm単位でオーダーメイドできる収納棚、アマゾンにありました。

オーダーラック タナリオ (アマゾン)

詳しく紹介しますね。

・1cm単位で横幅が選べる
・巾木よけカット
・カラーは10種類
・その他

・1cm単位で横幅が選べる

 横幅が1cm単位で指定することができる!

というのが、タナリオの一番のおすすめポイント。

棚と棚の間に隙間ができてしまうことで、

・掃除が大変
・気がつけば隙間に何か落ちている
・おしゃれじゃない
・なにげに気になる・・・

といった、いわゆるデメリットばかりだったのではないでしょうか?

渡しの場合も、棚と棚の隙間に紙が落ちてしまったりすることが、度々ありました。

しかも、その隙間は微妙な広さ(単行本2冊ほど)で、何かを置くにはちょっと狭く、かといって棚を移動して模様替えするほど・・・ってな感じの隙間がありました。

しかも、こういう隙間、知らない間に結構誇りや髪の毛がたまってしまうんですよね。

そして、

狭いので掃除をするのに一苦労・・・。

掃除をするたび、

「この隙間がなかったら・・・」

なんて思ったのはいい思い出です。

タナリオの場合、横幅を、15cm~90cmのあいだを1cm単位で指定できますので、

・壁にピッタリ
・隣にピッタリ

と、隙間なく展開することができます。

・巾木よけカット

これうれしい!

「巾木よけカット」とは、壁にピッタリ設置できるように、背面下部の部分がカットしてある工夫です。

こんな感じ。

これは素直に

「いいアイデア!」

と思いますね。

これがカットしていないと、その分だけ棚が前に来てしまいますので、隙間が空き、そこに何か落としてしまったり入り込んでしまったりすることも考えられます。

特にお子さんがいる家庭では、

「こどもが何か棚の裏に落としてしまった」

なんてことは、あるあるではないでしょうか?

・カラーは10種類

タナリオではカラーも豊富で10種類あります。

アマゾン収納棚

なので、

「部屋の壁に合わない」

なんてことはなく、部屋にマッチしたカラーが選べますのでこれも良いサービスですね。

・その他

横幅は1cm単位で選択できるタナリオですが、「高さ」と「奥行き」に関しても書いておきますね。

・高さ

アマゾン収納棚 3

60cm
90cm
120cm
150cm
180cm
198cm

の6種類。

・奥行き

アマゾン収納棚 2

19cm
29cm
44cm

の3種類

となっています。

まとめ

一度購入すると10年以上使う収納棚。

なので、買う前に慎重に選んでいきたいところですね。

いろいろある棚の中でサイズを「オーダーメイド」というのは、とても消費者に嬉しいサービスだと思います。

こういったサービスを利用して、自分だけの収納棚を作ってみませんか?

オーダーラック タナリオ (アマゾン)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの記事
おすすめ記事
外食チェーン店の割引まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>