【問題あり?】リセットブラシのクチコミ低評価に見える3つの傾向とその解決策【コイズミ】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コイズミのリセットブラシってどう?

コイズミのリセットブラシの口コミは高評価で評判がいいですが、しかし、やはり低評価をつけた人が、リセットブラシに対して具体的にどのような評価を持ったのか気になりますよね?

公式サイトや楽天市場などのショップの販売ページでは、かなりの確率で

・都合の悪いこと
・欠点
・デメリット

を書きません。

当たり前ですよね。

商品の都合の悪いことを書いて売上が落ちたら、責任問題。

下手したら解雇されてしまうわけですからね。

また、「実際に使用してみた」系の体験談や感想を書いているブログにおいてもこれは同じことがいえます。

どうせ販売ページを書くなら、

・メリット
・使い勝手の良さ
・良い口コミ

といったことを書いて、商品になるべくいい印象を持って購入してもらいたいもの。

なので、

メーカーの公式サイトや楽天市場のショップの販売ページやブログなどでは、いい言葉ばかりで埋め尽くされています。

しかし、

実際に使ってみた感想は人それぞれ。

これを読んでいるあなたも、実際に気になるのは、メーカーの受け売りではなく、

「で、実際どうなの?」

と言った生の声だと思います。

なので今回は、コイズミののリセットブラシの口コミ低評価とその解決策をあえてまとめてみました。

・リセットブラシの特徴
・口コミ低評価の傾向
  ・髪のもつれがとれない
  ・効果が感じられない
  ・振動が気になる
・まとめ

スポンサーリンク

リセットブラシの特徴

小泉のリセットブラシの他のブラシとは違う特徴はなんといっても、

・とかすだけでサラツヤの髪に
・頭皮を心地よく刺激
・音波振動で髪の絡まりを軽減
・ぱちぱちとなる嫌な静電気を抑制

となっています。

この中で特に気になるのはやはり、「音波振動で髪のからまりを軽減」だと思います。

やはり私も気になったので調べてみたのですが、公式サイトでは、

通常のブラッシングでは、摩擦によって髪を傷めてしまう可能性がありました。
しかし、音波振動で髪の絡まりを軽減するリセットブラシなら、摩擦を抑えて髪のツヤやまとまりを作ることができます。
※株式会社SOUKENにて試験 ※効果には個人差があります

引用 コイズミ リセットブラシ

と書いてあります。

普通のブラシにはない、「音波振動で絡まりを軽減」と言った機能が大人気で、コイズミのリセットブラシは、

・朝の忙しいときに寝癖を直すのが楽ちん
・振動のブルブルが気持ちいい
・普通のブラシよりとおりがいい

と言った口コミがとても多いですね。

特に目立った高評価の口コミは、

「リセットブラシで寝癖を直すのがとても楽になりました」

と言った寝癖に関する口コミ。

そんなんですよね。

朝の忙しいときに、寝癖を直すのはかなりの時間のロス。

寝癖直しが早くできることで、

・もう少し寝ていられる
・他のことに手が回る

といったメリットが挙げられます。

でも本当に、「小泉のリセットブラシは、効果あるの?」って思いますよね。

そこで低評価もちゃんと調べてみたのですが、そこにはある傾向が見つかりました。

・リセットブラシの口コミ低評価の傾向

コイズミのリセットブラシは人気商品だけあって、口コミの数もたくさんありました。

そのなかで★3以下の口コミもちらほら

(今回は楽天の口コミを参考にしました)

その中で目立った低評価の理由として

・髪のもつれがとれない
・効果が感じられない
・振動が気になる

が、あげられます。

それぞれ解決策も含めて詳しく説明していきますね。

・リセットブラシを使っても髪のもつれがとれない

・髪のもつれがほどません
・痛んでる髪だと引っかかります

といった口コミ低評価が多数見られました。

しかしながら、低評価とは逆に、高評価の口コミにおいては、

・髪がサラサラになって気持ち良いです
・サラサラつやつや
・髪の手入れがとても楽になりました
・髪の毛が落ちつきます
・もつれに効果あり

といった口コミがあり、圧倒的に多かったです。

これは、髪質の個人差にもよると思いますが、もしかしたら使い方にもよるんではないでしょうか?

メーカーの公式サイトではこう書かれています。

どれくらいの力でブラッシングするものなの?

気持ち良いと感じる程度の押し当てで。
ブラシを頭皮にあてるときは、イタ気持ち良いを基準に。
ブラッシングするときは、優しくゆっくりがおすすめです。

ロングヘアのブラッシングにコツはあるの?

頭皮から髪を一気にとかさないように。
まずは先のもつれを軽く取りそれから頭皮中心にブラシエステ。
最後に髪全体を溶かすといいでしょう。

となっています。

もしかしたら、公式サイト書かれているのとは逆に、

・無理やり一気にとかそうとしている
・力を入れすぎている

とやってないでしょうか?

一気にやろうとせず、最初は、毛先のもつれを軽くとってみてください。

これだけでも違いが感じられると思います。

・効果が感じられない

・あまり効果は感じられません
・効果が実感できない
・期待した効果が見られません。

と言ったり、残念な口コミ低評価もありました。

乱暴なブラッシングは、髪のキューティクルを剥がしてしまいます。

それをシャンプーなどで補修するのには、ちょっと時間がかかってしまいます。

キューティクルがなければないほど、それを補うのにも時間がかかります。

普段でしたら、

乱暴なブラッシング

キューティクルがなくなる

髪質が悪くなる

余計に引っかかるようになる

乱暴なブラッシング
(前に戻る)

の繰り返しになってしまいます。

これでは、キューティクルが補修されるどころか、どんどんなくなってきますよね。

これにリセットブラシが加わることによって、乱暴なブラッシングにならずにすみますので、だんだんとキューティクルが補修されてきます。

がしかし、

一気にすべて補修されるわけではないのです。

今まで痛めてしまった髪のキューティクルの補修には、若干時間が必要となってきます。

なので、髪の傷み具合にもよりますが、効果が感じられるのは、人によっては、ちょっと時間がかかるかもしれません。

その結果、

効果がはっきりしない時期において、

・効果が感じられません

と言った口コミをしてる人も多いと思います。

やはり効果を感じられるようになるには、個人差はありますが、時間がかかる場合もあるかもしれません。

・リセットブラシの振動が気になる

・振動が気になる

と言った口コミ低評価もちらほら・・・。

振動が気になるようであれば、

・振動を切って使用する
・他のブラシを使う

と言った方向でやってみてはいかがでしょうか?

・まとめ

コイズミのリセットブラシの低評価とその解決策についてまとめてみました。

と言っても、リセットブラシの口コミは低評価よりも高評価のほうが圧倒的に多かったのが事実です。

例えば、

・髪がサラサラになるので気に入っています
・頭皮が気持ちいいです
・髪の手入れが以前より楽
・ブラッシングしやすいです
・サラサラ感アップ
・寝癖を直すのがとても楽

と、ここでは紹介しきれないほど。

その中でも、先程も書いたように、

寝ぐせがなおるのがはやい

といった高評価のクチコミがとても多かったです。

一秒でもほしい忙しい朝の時間帯の最終兵器になるのは間違いなさそう。

値段も他のブラシとそれほど変わりませんので、一度使ってみてはいかがでしょうか?

 
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの記事
おすすめ記事
エポスカード

カードは持っているけど・・・

・飛行機に乗らないのにマイルが・・・
・カードの優待特典を知らない
・カードの優待特典を使ったことがない

これではちょっともったいないですよね。

「最初に優待特典のことをくわしく知らずにカードを作ってそのままでいる・・・」

もちろんこのままでのいいのですが、優待特典の豊富なカードの場合、

・ロイヤルホスト 5%引き
・カウボーイ家族 5%引き
・BIG ECHO ルーム料金30%OFF
・シダックス ルーム料金30%OFF
・ジャンカラ 4名以上20%OFF
・イオンシネマ 500円引き
・ユナイテッド・シネマ 500円引き

などのサービスが受けられることもできます。

この場合、

「マイルをポイントに変える」といった面倒な手続き不要で、

「受付で見せるだけ」で優待特典が受けられるお手軽さも人気の秘密!

これだと使いやすいですよね!

さらに、

・アマゾン
・楽天
・YAhoo!ショッピング
・ベルメゾン
・DHC
・オルビス

と言った有名ネットショピングを利用した時ののポイント還元率が最大30倍!

年会費無料で優待特典が豊富なこのカードの詳しい記事はコチラ

節約に!レジャーに!宿泊に!エポスカードが最強の理由まとめ

今持っているカードと比べて見てください!
自信を持ってオススメします!

外食チェーン店の割引まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>