出光美術館の6つの割引方法(クーポン)と基本料金まとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

基本料金より安く!

日本の書画、など東洋古美術を中心とした「出光美術館」

 子供から大人まで大人気で、GWや夏休みといった大型連休では大変混雑することもあり、また口コミにおいても大変評判がいいですね。

「出光美術館」ってどんなかんじ?

はじめての人のために紹介動画を見つけてきました。

https://www.youtube.com/watch?v=ciDc6BVzmG8

今回は、「出光美術館」の割引方法を紹介していきたいと思います。

ですがその前に、「出光美術館」の入場料金をお伝えします。

特に必要ないと思うかもしれませんが、割引価格と比較するためにも、通常の料金は一応知っておいたほうがいいと思います。

出光美術館のチケット料金(入場料)

・入館料

一般 1000円
高、大生 700円
中学生以下 無料

となっています。

詳しくは公式サイトで確認できます。

出光美術館 ご利用案内

次に割引情報を紹介していきます。

出光美術館の割引方法(クーポン)

まずは公式サイトに掲載されていた割引方法を紹介します。

公式ホームページでは?

公式ホームページでは、

1 団体割引

20名以上の団体客においては、団体割引が適用されます。

割引内容は、

200円引き、となっています。

詳しくは公式サイトで確認できます。

出光美術館 ご利用案内

2 障がい者割引

障がい手帳をお持ちの方は、受付窓口に提示することで割引が受けられます。

割引内容は、

200円引き

出光美術館 ご利用案内

3 水曜講演会

水曜講演会会員になると1年間の入館フリーパスがもらえます。

水曜講演会の年会費は、

一般会員 8000円
特別会員 30000円
館報会員 3000円

出光美術館 水曜講演会

と、公式サイトの割引情報はここまで。

次に、公式サイト以外の割引クーポンなどについて紹介します。

スポンサーリンク

4 ちかとくでは?

東京都内の博物館や美術館などで割引サービスが受けられるちかとくでは、対象の1日乗車券を提示するだけで割引が受けられます。

割引内容は、

一般 1000円→800円
高、大生 700円→500円

となっています。

ちかとく 出光美術館

5 ぐるっとパス

東京都歴史文化財団が発行する、約80の美術館や博物館の入場券が割引になる

「東京・ミュージアム ぐるっとパス」

を利用することで出光美術館が割引になります。

ぐるっとパスの料金は2000円ですので、出光美術館だけではもとは取れませんが、他の施設と合わせて使うことで充分元がとれますね。

→ 東京都歴史文化財団 ぐるっとパス

6 出光カードで割引

出光美術館では、入館の際に出光カードを提示すると入館料が割引になります。

割引内容は、

200円引き、となっています。

出光カード サービスについて

まとめ

今回紹介した割引サイト以外にも、

・こどもとおでかけ情報「いこーよ」
・ジョルダンクーポン
・トクトククーポン
・HISクーポン
・JAF
・デイリープラス

と言った割引サイトを調査してみたのですが、残念ながら割引券は扱っていませんでした。

コンビニでは?

JTBでは出光美術館のチケットを取り扱っていませんでした。

なので、

JTBと提携しているコンビニエンスストア

・セブン-イレブン
・ローソン
・ミニストップ
・ファミリーマート
・サークルKサンクス

においては、JTB経由で出光美術館のチケットをコンビニで手に入れることができなさそう・・・。

ですが、コンビニやクーポンサイトにおいても、

・期間限定
・地域限定
・端末限定
・JTB以外のチケットサービス

と言った形で、今後、割引クーポンが利用できる可能性はあります。

期待したいですね。

最後に、

東京都には「出光美術館」以外にも、テーマパークやプレイスポットが多いですね。

その中で私が調べた割引・クーポン情報に関してはコチラから見ることができますので、イロイロ遊ぶのであれば一度確認してみてください。

スウィッチ!(当ブログ) 東京都

※この記事は2017年3月現在の記事です。

最新情報は各サイトで確認お願いします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの記事
おすすめ記事
外食チェーン店の割引まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>