【長時間つけ置きは注意!】おしぼりや黄ばんだふきんの正しい漂白方法と適切な時間

スポンサーリンク

こども

黄ばんだふきんを真っ白にしたい!

・ふきんを漂白するけど、つけ置き時間はどのくらいがいいの?
・漂白後は水ですすげばいいの?
・ハイター以外のおすすめはある?

普段なにげにふきんを漂白して使っていると思います。

ですが、知っているようで意外に知らない「黄ばんだふきんの漂白方法」おさらいしてみませんか?

例えば、

ふきんの漂白で塩素系の漂白液を使う場合、熱湯を使用すると熱湯の蒸気と一緒に漂白剤の成分まで吸い込んでしまう場合がありますので注意が必要ですね。

また、

もし塩素系の漂白剤を使用して「手荒れ」が気になるのであれば、別のもので取り替えることもできます。

と言うことで、本日は、「ふきんの漂白」に関するアレコレをまとめてみました。

・ ふきんの漂白方法
・ つけおき時間が長すぎると
・ 漂白剤は酸素系が人気
・ まとめ

スポンサーリンク

・ ふきんの漂白方法

子供 笑顔

ふきんの漂白方法、意外に知らないままでやっていませんか?

けっこうアバウトでもできてしまうので、「別に知らなくても大丈夫じゃないかな?」と思いがちですが、気をつけてほしいこともあります。

たとえば、「熱湯を使うこと」

熱湯を使うことで、熱湯からでる蒸気と一緒に漂白剤の成分を吸い込んでしまう可能性もあります。

これではちょっと危険ですよね。

なので「ぬるま湯」だったらいいのですが「熱湯」は絶対にダメ。

そこで「ふきんの漂白方法」をもう一度おさらいしましょう。

・キッチンハイターを使ってふきんを漂白する方法

ふきんやオシボリを漂白する時に、漂白剤にキッチンハイターを使う人も多いと思います。

そこで今回は、キッチンハイターを使ったふきんの漂白方法を紹介します。

と言っても簡単!

抑えておきたいポイントは、

・ハイターの量
・つけ置き時間

この2つです。

まずキッチンハイターの量ですが、水5Lに対して、キャップ1.2杯が目安です。

水:ハイター=5L:1.2杯

と覚えておきましょう。

そしてつけ置き時間ですが、目安は30分です。

(汚れがひどいときは長めに)

そして30分たってつけ置きが終わったら、よく水で洗いでください。

ふきんにハイターが残っていると、ハイターのにおいがしたり、ふきんを使った場所にハイターのにおいが移ってしまうこともありますので、つけ置きしたあとは水でしっかりすすぎましょう。

そして、すすいだあとはしっかりと乾かすことで、ふきんについた漂白剤のにおいは完全に飛んででいきます。

また、ハイターは熱湯での仕様を禁止していますので、ここも気をつけておきたいところですね。

(熱湯の蒸気と一緒にハイターの成分を吸い込んでしまう危険があるため)

もう一度要点を繰り返します。

・ハイターの量 水:ハイター=5L:1.2杯
・つけ置き時間 約30分
・終わったら水でよくすすぐ
・熱湯の仕様は絶対に駄目

この4つは押さえておきましょう。

・ つけおき時間が長すぎると

つけ置き時間の目安は、30分と紹介しました。

汚れがひどかったりして少し長い時間漂白剤につけおきするのは良いのですが、長すぎるとふきんの繊維にもよりますが、ふきんを傷めてしまいぼろぼろになってしまうことがありますので注意してください。

・ 漂白剤は酸素系が人気

今回この記事を書くのにリサーチをしたところ、ふきんやオシボリの漂白剤は「塩素系の漂白剤」よりも「酸素系の漂白剤」が人気があることがわかりました。

理由は、

・漂白することでの生地の痛みが少ない
・臭いが全く残らない
・色柄が落ちない(色落ちがしない)
・手荒れが気にならない

とくに、

塩素系の漂白剤を使うときは手が荒れるのでゴム手袋を使っていたが、酸素系の漂白剤に変えてから手荒れが気にならなくなった

といった評判を多く見かけました。

手荒れに悩んでいる女性には朗報ですね

そこで、

さらに詳しく「酸素系の漂白剤」について調べてみましたが、どうやらみんなが行き着く先は「オキシクリーン」という酸素系の漂白剤でした。

オキシクリーンの効果はこんな感じ。

実演している男性も手袋をしていませんので、手荒れに関しては塩素系の漂白剤よりも気にする必要が無いことがわかると思います。

https://www.youtube.com/watch?v=rlWzqzLl3m0

まとめ

いかがでしたか?

最後に、塩素系の漂白剤を使うときは、

・風通しのいい場所で行う
・換気扇を回しておく

などの工夫をして、漂白剤の成分が室内にこもってしまわないように気をつけてください

本日の記事は以上です。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの記事
おすすめ記事
外食チェーン店の割引まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>