【カミソリからのもらい錆】お風呂場やシンク、洗面台についてしまったサビの落とし方3つ

スポンサーリンク

お風呂場にひげそりの跡が!

お風呂場でひげそりを使った跡に油断して、うっかり置きっぱなしにしていると、いつのまにかついてしまう、「サビ跡」。

ひげ剃りだけでなく、カミソリやピンなどでもついつい置きっぱなしにしてしまって、「もらい錆」がついてしまうことってありますよね。

「もらいサビ」はお風呂場に限らず、

・ステンレス製のキッチン
・洗面台
・包丁
・自転車のホイル

といったものによく見かけますね。

これって「こすったらすぐ落ちるんじゃね?

なんて簡単に思ってしまって、ついつい後回しにして放っておくと、いざやってみると、なかなか落ちないで苦労する場合があります。

そこで本日は、お風呂場やシンクの「もらいサビ」の落とし方を3つ紹介します。

1 まずは、もらい錆の原因・メカニズム
2 「もらいサビ」最初に試しておきたいのは歯磨き粉
3 研磨剤入りのクリーム洗剤
4 サビ取り専用液を使って落とす
5 まとめ

スポンサーリンク

1 まずは、もらい錆の原因・メカニズム

わかった

もらい錆といっても色々あります。

例えばお風呂場でひげそりを使ってそのまま放置しておくと、ひげ剃りの金属部分がだんだん錆びていき、それが接触している部分に付着してしまいます。

この「金属のサビが他のものに移ってしまうこと

これがもらい錆の原因・メカニズムなのです。

でも、金属を使っていない部分でも「もらいサビ」が発生するのはなぜ?

例えば、お風呂場。

浴槽や足場において、小さな赤い点々がポツポツと発生することもあります。

これも、もらい錆です。

また、ステンレス製のシンクにおいても、ポツポツと斑点のようなものが浮き出ているのを見かけたことがある人も多いと思います。

これもまた、もらいサビです。

この場合、水道水に含まれる微量の鉄分がもらいサビの原因であることが多いです。

なので、もらいサビを発生させないためには、

・鉄製品をぬらしたまま放置しない
・使用後はよく拭き取る
・すぐ乾燥させる

といったことをこまめにすることで、もらいサビを未然に防ぐ事ができます。

2 「もらいサビ」最初に試しておきたいのは歯磨き粉

お風呂場やシンクで「もらいサビ」を発見した時にまず試してほしいのが、歯磨き粉です。

歯磨き粉でお風呂場やシンクのもらいサビを落とす方法は簡単。

もらいサビを歯磨き粉でこするだけ。

特に必要な道具はなく、もらいサビがそれほど深くないのであれば、「指先」でこするだけで意外にあっさりと落ちてしまうこともあります。

もらいサビができてすぐであれば、歯磨き粉で簡単に落とせる場合が多いですね。

しかしながら時間がたってもらい錆が深くまで固着してしまった場合は、歯磨き粉ではなかんか落ちない場合もあります。

そんなときは「研磨剤入りのクリーム洗剤」の出番です。

3 研磨剤入りのクリーム洗剤

クリームクレンザーを使っても「もらいサビ」を落とすことはできます。

クリームクレンザーと言ってもピンとこない人も多いかもしれませんが「ジフ」といったら「あっ知っている!」って人も多いのではないでしょうか?

クリームクレンザーを使ったもらいサビの落とし方は簡単。

1 スポンジや使い古した歯ブラシにクリームクレンザーをのせる
2 もらいサビをこする

たったこれだけ。

わかりやすい動画を見つけてきましたので紹介しますね。

https://www.youtube.com/watch?v=0X9ifRElylg

4 サビ取り専用液を使って落とす

先ほど紹介した「歯磨き粉」や「クリームクレンザー」といったもの少量ながら研磨剤が含まれています。

なので、浴槽やキッチンが傷ついてしまうことがありますので、サビ落としをする場所によってはあまりオススメできません。

そこで紹介したいのが「もらいサビ専用の洗剤」です。

使い方は商品によってバラバラですが、調べてみたとことろ

1 サビを落としたい部分にスプレーする
2 5分ほど放置
3 ティッシュなどで拭きとる

と、言った感じで簡単にサビを落とすことが出来る物が多かったです。

なので、「サビ落としをする部分を傷つけたくない」のであれば、こういった専用の洗剤を使ってサビを落とすことをオススメします。

まとめ

もらい錆は日常のいろいろな場面で目にする機会があると思います。

今回紹介した以外にも、

・玄関などの大理石
・アルミサッシ

といいた普段では錆びない部分が赤茶けているのであれば、それは「雨」が原因によるもらい錆の場合が多いです。

なので、大掃除などで一気に色んな所をキレイにしたいのであれば、やはりもらいサビ専用の洗剤でもらいサビを落とすほうがはるかに簡単で手間入らずですね。

あっちもこっちも「もらいサビ」がきになるのであれば、研磨剤入りのクリーム洗剤でゴシゴシするよりも、スプレーでシュッとして拭き取るだけのもらいサビ専用の洗剤を使ってみてはいかがでしょうか?

本日の記事は以上です。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの記事
おすすめ記事
外食チェーン店の割引まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>