【これで型くずれ無し!】自宅でのぬいぐるみの洗い方【洗濯機ありと洗濯機なし】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ぬいぐるみをキレイに洗いたい!

・ぬいぐるみがなんだか臭ってきた
・汚れが目立ってきた
・ぬいぐるみが大きすぎて洗濯機に入らない
・ぬいぐるみの毛並みが変

と悩んでいませんか?

「リセッシュ」などの消臭剤を使っても効果が出るのは一時的。

時間が立つと消臭剤の効果は薄れてまた嫌な臭いに戻ってしまいます。

ぬいぐるみを洗濯してスッキリキレイにしたい!

でもどうやったらいいの?

ぬいぐるみは衣料と違って洗濯するときに気をつけてほしいことがあります。

それは、ぬいぐるみは使っている時に「口に含んでしまうことがある」こと。

特に小さいお子さんがいる家庭ではこどもが間違ってぬいぐるみを口に含んでも大丈夫なように、

・蛍光剤
・漂白剤
・着色料

と言った成分が含まれていない無添加の洗剤を使用してください。

そう言ったことを踏まえて、本日はぬいぐるみの洗い方を紹介します。

1 ぬいぐるみを洗う前に確認しておきたいこと
2 小さいぬいぐるみの洗い方
3 洗濯機に入らないぬいぐるみの洗い方
4 ぬいぐるみをに柔軟剤を使う時の注意点

スポンサーリンク

1 ぬいぐるみを洗う前に確認しておきたいこと

こども 驚く

ぬいぐるみを洗う前に確認して欲しいことがあります。

それは、「洗える」表示(タグ)があるかどうか。

ぬいぐるみの素材によっては自宅で洗うことができない場合もありますので、ぬいぐるみを洗う前には、必ず「洗える」という表示がついているかどうか確認してください。

もし、「水洗い不可」と書いてあるのであれば、丸洗いはできません。

そんな時は、丸洗いを避けて部分洗いをしましょう。

また、

・アンティークもの
・特殊な加工がしてあるもの
・電子回路が入っているもの
・革が使われているもの

などは、素人である私たちは自宅では洗わない方が無難ですね。

そういった場合には、クリーニング店に相談してみましょう。

(個人経営のクリーニング店の方が相談にのってくれる場合が多いです。)

2 小さいぬいぐるみの洗い方

テディベア

洗濯機に入る小さいぬいぐるみの洗い方を紹介します。

まず最初にやることは、ぬいぐるみについている

・リボン
・服
・アクセサリー

といった付属品を外すことから始まります。

こういったものがついてると、洗濯機で洗う時に剥がれてしまったり、傷ついてしまったりする原因になります。

なので必ず付属品は外しておきましょう。

そして、次に気をつけるのが、

ぬいぐるみをそのまま洗濯機に入れない

ことです。

ぬいぐるみをそのまま洗濯機に入れてしまうと、洗濯槽が動いている時のダメージが大きいです。

洗濯をしているうちに、「腕のつけ根の部分」や「首のつけねの部分」といった縫い付けてある部分にストレスがかかり、ぬいぐるみが痛んでしまう原因になります。

なので、こういったダメージを減らすために、ぬいぐるみを洗濯槽に入れる時には、そのまま入れてしまわないで洗濯用のネットに入れましょう。

そして、使う洗剤は、中性洗剤を使用してください。

次に、脱水ですが、これもぬいぐるみダメージを与えてしまう原因になります。

なので、

・ネットに入れたまま脱水する
・乾いたバスタオルなのでくるむ
・タオルなどと一緒に脱水する

といった工夫をして、なるべくぬいぐるみにストレスを与えないようにしてください。

最後に、ぬいぐるみの干し方ですが、まず干す前に、ぬいぐるみの形を整えてください。

洗濯や脱水が終わると、結構な確率でぬいぐるみの形がいびつになっていると思います。

一旦干して乾いてしまうと、ぬいぐるみの形を元に戻すことが難しくなります。

なので、できれば干す前に形を整えてください。

そして干す場合は、日陰干しで。

ぬいぐるみは脱水したといえど、結構な水分を含んでいる場合があります。

なので、ぬいぐるみはなかなか乾きにくいので天気の良い日を選んで洗いましょう。

また、ぬいぐるみが完全に乾いてしまうと、ブラシですいても、ぬいぐるみの毛並みが整わなくなる可能性があります。

なので、ぬいぐるみを洗った場合、完全に乾く前にブラッシングすることでぬいぐるみの毛並みが整います。

洗ったぬいぐるみのブラッシングをするタイミングは「完全に乾く前」とおぼえておきましょう。

ちょっと長くなってしまったので、もう一度要点ををまとめてみます。

・洗う前にリボンなどの付属品は取っておく 
・洗濯機にそのまま入れない。ネットを使う
・脱水の際にもダメージを与えないような工夫を 
 ・ネットを使う
 ・バスタオルでくるむ
 ・タオルなどと一緒に脱水する
・干す前に形を整える
・乾きにくいので天気の良い日に
・完全に乾く前にブラッシング

また、脱水時間が長いと型崩れを起こしやすいので、脱水時間は短くしてもいいですね。

3 洗濯機に入らないぬいぐるみの洗い方

子供

・洗濯機に入らない大きなぬいぐるみ
・電子部品を使っていて洗濯機を使えないぬいぐるみ
・洗濯不可のぬいぐるみ

こういったぬいぐるみの場合、ちょっと時間をかかりますが、手洗いをする必要があります。

やり方は、

1 まずは掃除機で大きなゴミを吸う
2 中性洗剤を手洗い濃度に水に溶かす
3 2をスポンジにとり、軽く叩くように拭く
4 汚れがひどいところは歯ブラシなどで痛まないようにこする
5 終わったら、全体をよく水拭きする

とこんな感じになります。

まず最初に、掃除機でぬいぐるみを吸うことによって、

・花粉
・ダニ
・ホコリ

と言ったゴミをとりのぞくことができます。

そして、「スポンジで軽く叩くように」ですが、ほんとに軽くやってください。

あまりに強くやると洗剤の成分がぬいぐるみの中に入り込んでしまいます。

洗剤の成分が一度中に入り込んでしまうと取れませので注意してください。

また、おおきいぬいぐるみだと、一気に全体をやるのは難しい場合があります。

なのでそんなときは汚れている部分を「部分洗い」するだけでもちがってきますので、やってみてください。

さらに、大きなぬいぐるみは洗濯機を使えないので「すすぎ」ができません。

洗剤成分が残っていると、汚れが付着しやすくなってしまいますので、洗剤成分が残らないようにていねいに水拭きをしましょう。

4 ぬいぐるみに柔軟剤を使う時の注意点

ネコ こども

ぬいぐるみをふわふわの感触にしたい!

と思って、ぬいぐるみの洗濯に柔軟剤を使うのはありです。

ですがぬいぐるみに柔軟剤を使う時に気をつけてほしいこともあります。

それは、洗剤と一緒に柔軟剤を使わないこと。

洗剤と一緒に柔軟剤を使うと、柔軟剤の成分と洗剤の成分が化学反応を起こしてしまって十分な効果を発揮することができなくなる場合があります。

なので、ぬいぐるみに柔軟剤を使うのであれば洗剤の成分が落ちた後(すすぎの段階)にしましょう。

まとめ

今回、ぬいぐるみの洗濯方法について調べてみたのですが、

・ぬいぐるみ専用のシャンプー
・ぬいぐるみ専用クリーナー

といったものを発見しました。

これは記事を書く前は知らなかったので、ちょっとした収穫です。

使い方は

1 汚れた部分にスプレー
2 乾いたタオルで拭く

とたったこれだけ。

体に安心な成分しか含まれていませんので、

気がつくとこどもがぬいぐるみを口の中に入れているから、洗剤を使うのは…

と、ぬいぐるみを洗うのに不安な人でも安心して使えると思います。

本日の記事は以上です。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの記事
おすすめ記事
外食チェーン店の割引まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>