【ジーンズの洗い方、正解は?】メーカー3社が正式発表している「洗い方」まとめ

スポンサーリンク

ジーンズをきれいに洗いたい!

・シワになるのは嫌!
・色落ちさせたくない
・柔軟剤は使っていいの?
・気に入っているから長持ちさせたい!

って悩んでいませんか?

わからないままやってしまって、シワになってしまったり色落ちしてしまったりするのはできれば避けたいところ。

せっかく買ったのだから、少しでもいい状態で使っていきたですね。

しかしながら「ジーンズの洗い方」をネットで調べてみると、いろいろな人がいろいろなことを言っています。

それぞれに主張があるのはわかるのだけれど…。

ということで、今回は「ジーンズの洗い方」について、メーカーサイトではどんな発表をしているのか、調べてきました。

「ジーンズの洗い方」について、公式サイトで発表していないメーカーもありましたが、発表しているものに関しては全て抜粋して掲載しますね。

・Leivis
・桃太郎ジーンズ
・EDWIN
・結論 ジーンズの洗い方まとめ
・まとめ

スポンサーリンク

・Levis

Levisの公式サイトでは、ジーンズの洗い方についてこう書かれていました。

◆ジーンズの洗濯方法は?

ジーンズの洗濯方法や洗濯時間に関しましては、お客様の着用頻度や汚れの度合いにもよると思いますので、お客様の判断にお任せいたします。
尚、100%コットンデニムの生地固有の特性の一つは、お洗濯の度に、手触りが柔らかく、色も明るくなることです。
自然な色落ちをお望みであれば、ジーンズは裏返しにして、水洗いかごく少量の洗剤にて洗濯をお勧めいたします。

◆洗濯方法(復刻版ジーンズ)

復刻版ジーンズの洗濯方法ですが、1回目の洗濯が一番大きく縮みますが、1回の洗濯で完全に縮みきることは稀です。
ヴィンテージ商品の生地のためバラツキはございます。
熱いお湯(真水~20度が適当)での洗濯、商品を裏返しにして、フロントボタンやジッパーは閉める
洗剤は使用しない(最初は、糊を落とすだけなので)
脱水をキチンとして、ボタン・ジッパーを外してそのまま裏返しのまま。赤耳部分を開いて干してください。

◆洗濯はしない方が良いのですか?

ジーンズは、綿製品ですので適切なケアをしませんと痛みが早くなります。
また、洗濯をしませんと雑菌が発生したり、生地切れ、異臭の元になりますので定期的な洗濯をお勧めします。
自然な色落ちをお望みであれば、ジーンズは裏返しにして、ごく少量の洗剤または水のみにて洗濯をしてください。

◆洗濯をしたらジーンズがねじれてしまいました。不良品ではないのでしょうか?

501ジーンズ、および一部復刻版シリーズに使用されている「シュリンク・トゥ・フィット・デニム」は、その特徴として、股下部分、特に左側の縫い目が前の方にねじれてきます。
このネジレが世界中の501ジーンズ愛好家たちに好まれています。
事実、「古着と同じ様なネジレが出ないではないか」というご意見が逆に寄せられてくる程です。
是非、このような製品特徴をご理解して頂いた上で、ご愛用いただけますようお願いします。

Levis ご利用ガイド よくある質問  

要点をまとめてみますね。

Levisでは、ジーンズの洗い方として、

・ジーンズを裏返す
・水のみか少量の洗剤を使用
・フロントボタンやジッパーは締める

これについてもう少し補足させていただきます。

・「ジーンズを裏返す」

ジーンズを裏返して洗うことで、ジーンズに使われている金属部分が洗濯槽にあたってダメージを与えてしまうことが防げます。

また、ジーンズを裏返すことによって、ジーンズが洗濯槽にぶつかった時の色落ちが軽減されます。

そのため、自然な色落ちにしたいのであれば、やはり「ジーンズ」は裏返して洗いましょう

・水のみか少量の洗剤

洗剤を使いすぎるとやはり色落ちが激しくなってしまいます。

なので、できれば洗剤は少量で。

公式サイトでは「水のみか…」と書かれていますが、水飲みでは洗浄能力に不安だと思います。

汗や皮脂の成分には「脂分」があり、それは水だけではなかなか落ちません。

その結果、水洗いだけだと臭いの原因に…

なので、少量でいいので洗剤は使ったほうがいいですね。

・フロントボタンやジッパーは締める

ジッパーやボタンを止めてから洗うことで、形崩れを防ぐことができます。

次に桃太郎ジーンズをみていきましょう。

・桃太郎ジーンズ

桃太郎ジーンズのの公式サイトでは、ジーンズの洗い方についてこう書かれていました。

お手入れ方法について 洗濯方法について教えてください

1.フロントボタン(ジップ)を全て留めてからジーンズを裏返す。
※ボタンを留めることで形崩れを防止できます。
※また、ボタンやリベットによる洗濯槽の傷付けを防止できます。

2.洗剤を入れて洗濯機にかける。
※洗剤は漂白剤・蛍光剤が入っていないもの(液体)を使用して下さい。
※白い物と一緒に洗濯しないで下さい。移染の原因になります。
※天然原料が主成分の当社ジーンズ用洗剤をお勧めします。

3.裏返しのまま、形を整えて吊り干しで自然乾燥させる。
※裏返して干すことにより、ポケットの裏布部分(スレーキ)が乾きやすくなります。
※直射日光による変色を防ぐために陰干しをお勧めします。
※タンブラー乾燥機は使用しないで下さい。ジーンズや革パッチの縮みの原因になります。

引用 桃太郎ジーンズ お手洗い方法について 洗濯方法について教えてください

桃太郎ジーンズさんでは、干し方までていねいに解説してくれていました。

ありがたいですね。

書いてあることはほとんど「Levis」と一緒ですが、補足として、

・洗剤は漂白剤・蛍光剤が入っていないもの
・白い物と一緒に洗濯しない
・裏返しのまま、形を整えて吊り干し
・変色を防ぐために陰干し
・乾燥機は使用しない

と言ったところですね。

だんだんジーンズ洗い方が見えてきました。

最後に、「EDWIN」さんの公式サイトをみてみましょう。

・ EDWIN

EDWINのの公式サイトでは、ジーンズの洗い方についてこう書かれていました。

ジーンズはどうやって洗えば良いのですか? コツがあれば教えてください。

ジーンズは、穿き込んで洗濯を繰り返すことにより少しずつ色が落ちてきて、一人一人の個性が出てくるというのが最大の特徴であり魅力です。

レギュラーデニムを使ったジーンズは大変丈夫ですので特に気を使って洗う必要はありません。取り扱い絵表示に従った洗い方をして下されば結構です。

参考として、503-000(デニムワンウォッシュ)に付けられている取り扱い絵表示の意味をご説明します。(JIS l0217より抜粋)

取り扱い絵表示

これ以外でご注意頂きたい事項は以下のとおりです。

《1》使用している染料が色落ちをしますので他の衣類と一緒に洗わないでください。

《2》極端な縮みを防ぐために乾燥機の使用は避けてください。

参考 エドウィン公式オンラインショップ ジーンンズはどうやって洗えばいいのですか? コツがあれば教えてください

 と、ここでも書かれていることは一緒ですね。

結論 ジーンズの洗い方まとめ

 ジーンズの洗い方、見えてきたのではないでしょうか?

各メーカーの公式サイトに掲載されていた「ジーンズの洗い方」をまとめてみると、

1 ジーンズを裏返す
2 水のみか少量の洗剤を使用
3 フロントボタンやジッパーは締める
4 洗剤は漂白剤・蛍光剤が入っていないもの
5 白い物と一緒に洗濯しない
6 裏返しのまま、形を整えて吊り干し
7 変色を防ぐために陰干し
8 乾燥機は使用しない

と、押さえておくべき点はこの8つ。

これがジーンズの洗い方の決定版です。

追記

今回調べた中では「柔軟剤」については、各メーカーの公式サイトでは何も発表されていませんでした。

なので、これは私の判断ですが、ジーンズを洗う時に「柔軟剤」は必要ないかな?と思います。

まとめ

これを読んでくれた人は、もしかしたら、

「ちょっとサンプルが少ないんじゃないの?ジーンズメーカーってもっといっぱいあったはず…」

って思わているかもしれません。

 そうなんですよ。

ジーンズメーカーはたしかにいっぱいありました。

・Acne Studios(アクネ)
・EVIS(エヴィス)
・Lee(リー)
・GU(ジーユー)
・cheap monday(チープマンデー)
・DIESEL(ディーゼル)

と言ったジーンズブランドの公式サイトも調べてみたのですが、残念ながら公式サイト内の、

・よくある質問
・FAQ

には、「ジーンズの洗い方」についての記事は見つけることができませんでした。

しかしながら、今回調査した結果だけでもジーンズの洗い方については、理解していただけたと思います。

もうジーンズの洗い方について迷うことはないんじゃないでしょうか?

また、今回紹介した「桃太郎ジーンズ」さんでは、ジーンズ専用のオリジナル洗剤も販売されていました。

もし、「洗剤を使ってジーンズを洗いたいけど色落ちが心配」なのであれば、こういったジーンズ専用の洗剤を使ってみるのもいいですね。

本日の記事は以上です。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの記事
おすすめ記事
外食チェーン店の割引まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>