【費用は?時間は?】保育園、幼稚園、託児所、こども園の違いをわかりやすく紹介します

スポンサーリンク

こども

幼稚園と保育園の違いは何?

・費用は?
・時間は?
・何歳から?
・他に何かあるの?

と、「いざ、入園!」って段階になってくると、バタバタしてしまいがち。

そうなる前にこの辺の違い、いろいろと事前に知っておきたいですよね。

特に気になるのが、

・何時に園が終わるのか?
・延長してみてくれるのか?
・休日もみてくれるのか?

といったことが、こどもを預ける園を選ぶ際には重要な要素にもなりますね。

そこで本日は、

・保育園
・幼稚園
・こども園
・託児所

の違いをわかりやすく紹介します。

1 保育園とは?
 ・保育園の預かり費用は?(保育料)
 ・保育園の預かり時間、預かり期間など
 ・認可と無認可の違いは?
 ・保育園とは?まとめ
2 幼稚園とは?
 ・幼稚園の預かり費用は?(保育料)
 ・幼稚園の預かり時間、預かり期間など
 ・幼稚園とは?まとめ
3 認定こども園とは?
4 託児所とは?
5 まとめ

スポンサーリンク

1 保育園とは?

こども

保育園とは、保護者が働いているなどの何らかの理由によって保育を必要とする児童を預かり、保育することを目的とする施設の通称です。

管轄は、厚生労働省となっています。

なので、保育園の方向性を考えるときは「保護者が働いていること」を基準として考えるとわかりやすいですね。

保育園の入所条件としては、

・保護者の居宅外就労
・保護者の居宅内労働
・産前産後

といったことが、入所の優先順位に影響してきます。

(入所に関しての詳しい情報は、市町村役場、もしくは園で聞くことができます。)

保育園の預かり費用は?(保育料)

保育園の預かり費用(保育料)ですが、保護者の前年度の所得税や住民税の状況や、お子さんの年齢から算定されます。

また、一人目を保育園に入れると二人目以降は保育料が減免される場合もありますので、そのへんの詳しい情報も窓口で聞いてみるといいですね。

保育園の預かり時間、預かり期間など

保育園ですが、0歳児から小学校入学までが対象年齢です。

保育園の預かり時間は、一般的に8時~16時まで。

16時以降は、19時ころまでは延長保育となる場合があります。

また、夏休みなどの長期連休ですが、保育園の場合は開園している場合が多いです。

(地域によって違いがありますので、詳しい内容は各自治体などに問い合わせください)

認可と無認可の違いは?

認可保育園と無認可保育園の違いですが、まず自治体が保育園に認可を与える時に、

・トイレの数
・ベットの数
・…

といったように、ある一定の基準を満たす必要があります。

その中で、「部屋数が足りなかったり」と言った感じでさまざまな理由で基準を満たせない保育所も存在します。

そういった保育所は「無認可保育園(無認可幼稚園)」となってしまいます。

なので、「無認可保育所は質が悪い」ということではなく、「何らかの理由で認可がおりない」場合が多いので、決して「質が悪いのではない」ということは覚えておいてくださいね。

ただ、無認可の場合、補助金がでません。

なので、少し割高になる場合がありますので気をつけてください。

(認可と無認可については幼稚園も一緒に考えてもらううことができます。)

保育園とは?まとめ

保育園に関してもう一度要点をまとめます。

保育園の方向性は「保護者が働いていること」が基準。

なので、保育園の預かり費用(保育料)は、保護者の前年度の所得税や住民税の状況や、お子さんの年齢から算定されます。

また、預かり時間も「保護者が働いていること」を基準に考えますので、基本的に幼稚園よりも長いです。

保育園に関してはここまで。

次に幼稚園について紹介します。

2 幼稚園とは?

こども 驚く

幼稚園とは、満3歳から小学校就学までの幼児を教育し、年齢にふさわしい適切な環境を整え、心身の発達を助長するための教育施設です。

管轄は、文部科学省

なので、「教育」を軸に考えると、幼稚園はわかりやすいと思います。

・幼稚園の預かり費用は?(保育料)

保育園の場合所得税などで変わってきましたが、幼稚園の場合、かかる費用は一律の場合が多いです。

そして、公立と私立の幼稚園の費用ですが、

公立の幼稚園の年間費用 約15万円
私立の幼稚園の年間費用 約37万円

と、違いがありすぎ!

幼稚園に入る前には(保育園もそうですが)かかる費用は事前に調べておきたいですね。

・幼稚園の預かり時間、預かり期間など

幼稚園の管轄は文部科学省ということですので、同じ文部科学省管轄の「学校」を思い浮かべてもらうとわかりやすいです。

幼稚園は3歳になった春から入ることができます。

そして、標準的な保育時間は、9時から14時。

そして学校と同じ「夏休み」と言った長期休暇が存在します。

保育園は、厚生労働省が管轄なので「労働している保護者」をメインに考えた施設ですが、幼稚園の場合、「文部科学省」が所管ですので、教育を考えた施設となっています。

なので幼稚園の場合、標準教育に力を入れて入りところが多いですね。

・幼稚園とは?まとめ

幼稚園と保育園、管轄が違うので施設のあり方も違ってきているのがわかってもらえたと思います。

ここでもう一度、「保育園」と「幼稚園」の違いを表にしてみたいと思います。

  保育園 幼稚園
保育対象年齢 0~1歳から 3歳になった春から
保育時間 8時~16時まで 8時~14時まで
保育料 所得税などによって決定 一律
所管 厚生労働省 文部科学省

ここに書いたのは標準的なものですので、詳しい内容は、各自治体や園などに聞いてみてください。

次に、最近よく聞くようになった「こども園」についてわかりやすく紹介します。

3 認定こども園とは?

こども

待機児童の問題に伴い、最近良く聞く「認定こども園」ですが、認定こども園をわかりやすく言うと、「保育園」と「幼稚園」のいいとこ取りみたいな感じです。

管轄は、内閣府、つまり、厚生労働省と文部科学省の両方が関わっています。

認定こども園の特徴として、

・親の収入は問わない
・保育と教育を平行している
・子供の預かり対象が0歳児から可能

となっています。

認定こども園の預かり費用(保育料)は園によってまちまち。

これも気になるようでしたら、一度問い合わせてみるのが一番早いです。

4 託児所とは?

幼児

託児所とは、乳幼児を預かり保育する施設のこと。

デパートやショッピングモールなどにはよく見かける機会が多いと思います。

託児所は、一時的な預りから継続的な預かりまで形態は様々。

24時間やっているところもあります。

そして託児所では、基本的にクラス分けがされていないためさまざまな年齢のお子さんが一緒になった預けられていることが多いです。

まとめ

いかがでしたか?

幼稚園や保育園では、今回紹介した以外にも、

・制服代
・カバン代
・靴代

といった感じで色々とお金がかかってきます。

そこで、「なるべく安く済ませたい!」って人も多いと思います。

その中で、

・育児用品が割引で買えたり
・幼児英語教材が格安で使えたり
・託児所が割引料金で利用できたり
・入会金を割引できたり

といったサービスがあればガンガン使っていきたいですね。

そこで紹介したいのが「セゾンカード」の「トク買い」というサービス。

月額利用料が300円かかりますが、

保育園や託児所の入会金が無料になったり、
託児所を紹介するとポイントがもらえたり
・家事代行補助のクーポンが無料だったり
・育児用品レンタル
・子供相談デスク(無料電話)
・おうちで学習支援制度
・はじめての英語応援制度
・職場復帰支援サポート

と、お金のかかる子育てにはもってこいのサービスが充実しています。

また、育児サービス以外にも、

映画の場合、

・TOHOシネマズ 1800円→1500円
・イオンシネマ 1800円→1300円
・ユナイテッド・シネマ 1800円→1300円

と、500円~300円の割引!

カラオケの場合

・JOY SOUND 50%OFF(直営店 時間制限あり)
・カラオケBANBAN 20%OFF
・ジャンボ カラオケ広場 ルーム代20%OFF

といった割引サービスが充実。

それもそのはず、大企業が福利厚生に使っている「ベネフィット・ステーション」のサービスなんです。(ベネフィット・ステーションに登録すると個人でも利用できますが、月額1026円かかります)

思っていた以上に子供にお金がかかるのであれば、「セゾンカード」の「トク買い」を一度検討してみてはいかがでしょうか?

【参考】

セゾンカードを持つことで生活にプラスされる7つのメリット

本日の記事は以上です。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの記事
おすすめ記事
外食チェーン店の割引まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>