押印と捺印の違いは?漢字の意味を正しく知って使い分け

スポンサーリンク

解決

押印と捺印の違いて何?

「押印(おういん)」と「捺印(なついん)」いずれも印鑑を使う場面でよく耳にする言葉ですね。

「印鑑を使うんだから、使い分けなくてもいいじゃない。」

なんて声が聞こえてきそうですが…。

はい、実は私もそう思います。

前々から「使い分けるのは不便だな…」って思っていました。

そこで今回詳しく調べてみることにしました。

本日の記事内容はこちら↓

1 「押」と「捺」の漢字の意味は?
2 「押印」と「捺印」の使い分け
3 まとめ

1 「押」と「捺」の漢字の意味は?

「押印」と「捺印」どちらも「印」は「印鑑」」という意味はわかるのですが、「押」と「捺」はどう言った意味でしょうか?

「押」は簡単ですね。

日常でもよく使うと思います。

「押」の意味

・手でおさえる。圧する。印をおす。
・おさえつける。とりしまる。
・詩で韻をふむ。

と、調べてみましたがこんな意味が出てきました。

日常においてもこんな感じで使っていると思います。

では「捺」は?

これは日常ではめったに見かけな言葉ですね。

意味がわからない人も多いと思います。

詳しく調べたところ、

「捺」の意味

・おす。おさえつける
・右下斜めに書き下げること

となっていました。

「押」と「捺」意味は全く一緒でしたね。

漢字の意味を踏まえて「押印」と「捺印」の意味の違いを知ろうとしたのですが、残念ながらどちらも「印を押す事」です。

まあ、それもそのはず、「押印」も「捺印」も印鑑を押すことを指すのですからね。

それでは次に、印鑑を押す場面によって「押印」と「捺印」を使い分けているのか調べてみました。

スポンサーリンク

2 「押印」と「捺印」の使い分け

4f51ff7edbfadda9ffac401ee3de13f2_m

調べてみたことろ、押印は当用漢字の制定により、当用漢字外であった「捺印」に代わって用いられるようになった言葉だそうです。

つまり、

・当用漢字の制定前(1946年以前)は、「捺印」
・当用漢字の制定後(1946年以降)は、「押印」

意味は同じですが、当用漢字の制定によって使われる漢字が違ってきたのが「押印」と「捺印」の使い分けです。

しかしながら、平成の時代になっても、

・署名捺印
・記名押印

といったように「押印」と「捺印」を使い分けていますね。

では、「署名」と「記名」の違いもここで勉強しておきましょう。

◆「署名」とは?

行為者がある行為(例えばクレジットカードの利用時)をする際に、自己の氏名を自署すること、また自署したものである。

引用 wikipedia 署名

わかりやすく言うと、「自分で書いた自分のサイン」のことを「署名」と言います。

なので、「署名捺印」とは「自分でサインして自分で印鑑を押しました」という意味があります。

では「記名」は?

◆「記名」とは?

記名は、(狭義には)署名以外の方法で書類等に氏名・名称を記すことをいう。

記名が必要とされているのみの場合は、自署を必要としない。(例:記名証券・無記名証券)

引用 wikipedia 署名

記名とは、例えばキーボードで打ち込むなど、自分で書かなくてもいいのです。

ただ、「記名押印」となると、「勝手に誰かが自分名前を使っていない証拠に、自分の印鑑を押して証拠としますよ」という意味があります。

まとめ

いかがでしたか?

印鑑を押すことを「押印」といってみたり「捺印」といってみたり…ちょっとややこしかったのがスッキリしたのではないでしょうか?

そして、

・署名捺印
・記名押印

ですが、普段はめったに使わなと思います。

ですが「使い分け」はこんな感じになっていると言うのは覚えておいてもいいかもしれませんね。

本日の記事は以上です。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの記事
おすすめ記事
外食チェーン店の割引まとめ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>